疲れているとパフォーマンが下がります。究極の休息法を取り入れなければいけない理由

現在、大阪から金沢に戻る電車にのりながら記事を書いております。

実際問題、昨日は25,6時くらいまで仕事をしていたので、疲れています。

大阪駅近くの格安会議室にて

そして、なんなくブログを書いていましたが、やはり疲れを感じているため、書くのが辛いです笑

 

身をもって、「疲れていると集中もできず、普段簡単にできることもできなくなる」という体験をしている真っ最中です笑

 

究極に休息を取って、究極に集中をする

 

仕事をどうやれば集中することができるだろう?と考えるよりも、どうすれば究極に休息できるだろう?を考えたほうが早いと断言レベルではないですが、結構確信をもって言えます。

 

そして「疲れ」というものを2種類に分けるとしたら、【精神的な疲れ】、もしくは【肉体的な疲れ】です。

 

この2つの扱いをマスターすれば、集中力は高まると思うわけです。

今回の記事では「精神的な疲れ」とそのケアについて書いてみたいと思います。

 

精神的な疲れがもたらす弊害

 

「精神的な疲れ(ストレス)」がある場合、僕らの行動は「ネガティブ」な方向に走るようにできているようです。

 

例えば、仕事の後、頭がぼーーーっとしてるときに、普段食べないような変なものを食べたくなったりします。 

 

頭ではわかっていても、コントロールが効かなくなるという経験は、最近の出来事を振り返ってみてもあるのではないでしょうか?

 

ポイントとしては「コントロールが効かなくなる」というところです。

ここを軽視してはいけないから自己管理、自己をリラックスさせるという行為はとても重要なのです。

ギャンブル等もそうです。 負けが増えてくると、ダメだ、取り戻さないと・・・・とさらにダメージを受けるはめになります。 

 

ということは、「精神的な疲労、ストレス」を感じているときは「行動してはいけない」ということです。

 

微動すらしてもいけないと思います。

 

まずするべきことは「精神的な疲労のケア」

すなはち、「寝ること」です。

 

その他には、ドリンクを飲んで落ち着く、カフェに行く、温泉に行く、マッサージに行く等が「精神的ストレスによる損失の行動を拡大させないために」必要だといえるでしょう。

 

お金をかけたくないというのであれば、「睡眠の質を最大限に上げること」を考えてみてもいいと思います。

 

 

仕事は快適な服装、温度、椅子、机の高さ‥等のクオリティを上げる

 

精神的な乱れがあると、仕事にも乱れが生じます。

実際、今、電車で文字を打ちながら、手首がいつものポジションでないため、手首に「ストレス」を感じます。 

 

なので、手首を回しながら、若干いらいらしながら書いています笑

睡眠時間も4時間くらいなので、疲れもたまっていますし・・・

 

ということからも、「睡眠」と「仕事環境を整える」ことへのフォーカスは成功には必須だと自分は自分に刻み込めるわけです。

 

聞いた話ではなく、今この瞬間のことですから・・・笑

まずは環境を整えることと、休息を満足いくものにすることから考えてみましょう!

 

追伸:記事をワードに書いていたのが、電車の中で、12時に自宅に到着し、アップロードは現在(22:28)です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~