やるべきことに期限を決めないという損する思考

おはようございます。

現在、南条SA(上がり)のスターバックスの外でパソコンを打ち込んでいます。

金沢から大阪に行く間のサービスエリアで、ネット環境があって椅子があるのは、ここのスタバだけらしいので・・・(ほかにもあるかは調べきれませんでした)

 

車を走らせている途中に、「書こう」と思って入ったのではなく、習慣的に記事を書こうと決めたからこそ、朝いえを出る前にこの場所をしらべていたということです。

 

意識的にTODOを片付ける

 

 

今日という日を過ごすにあたって、行動というものは、以下のどれかのことをすることになるかと思います。

 

  1. 緊急であり重要であること
  2. 緊急ではあるけど、重要ではないこと
  3. 重要だけど緊急ではないこと
  4. 重要でも緊急でもないこと

 

 

今日という日を過ごすにあたって、行動というものは、以下のどれかのことをすることになるかと思います。

 

  1. 緊急であり重要であること
  2. 緊急ではあるけど、重要ではないこと
  3. 重要だけど緊急ではないこと
  4. 重要でも緊急でもないこと

 

 

以上の4つです。

僕にとって、いまこうやって記事を書くことは③に当たります。

 

以上の4つです。

僕にとって、いまこうやって記事を書くことは③に当たります。

 

ということは、ぼけーっとしていたら途中でSAに立ち寄ることなく、大阪に向かって適当に過ごすこともできるのです。

 

しかしながら、この重要であるけど、緊急でないことが「人生のカギを握る」と自分自身に言い聞かせているので、今こうやってタイピングしているということです。

「1」 のことがらは「誰でもできること」なので、「差」は開きません

「3」のことだけが、人と「差」を作ることができる事柄なので、ここを意識的に片づけていくことで、自信につながっていきます。

 

 

意識的に片づけないと永遠と時間を食う

 

今回僕は車で大阪に向かっています。

時間でいうと、3時間ほどかかります。

 

電車だと2時間半です。 ということは、この30分多く使うことによって価値を作り出さねばいけません。

 

だから、どういうことをしているかというと、運転しながらセミナーの音声を聞いて勉強したり、こうやってSAのスタバで記事を書いたりと、「経験知」を蓄積させるように考えています。

 

何らかの目的をもって行動することは、「面倒なこと」としてとらえがちですが、自分を無法地帯で全開放していると、自分の【短期的本能】のもとに行動の選択をとってしまうので、結果的に「うまくいかない方向、なんか満たされない方向」にむかいます。

 

なので、TODOをきめたら、何のためのTODOかを決めて、時間、締め切りを決めて片づけていきましょう。 どういう時間を過ごすのか?という選択は自分自身でしか決めれないのです。

 

放置していると、時間もお金も、そして人生そのものを漂流しながら生きてしまうことになるでしょう。

 

 

では、今回は13時から大阪のホテル待ち合わせなので、1000字程度の記事になってしまいましたが、出発します。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~