sugersecrets

朝食抜きが良くないと言われる理由

最近は朝食抜きという方も結構多いようですが、「朝食は一日の始まりのスイッチ」「朝食抜きは肥満のもと」とも言われています。

朝起きた時は、血糖値が低く脳や身体機能が低下した状態です。

その為頭がぼんやりして仕事や勉強がはかどらない、集中力がもたないといったような活動に支障をきたすようなことになるのです。

 

食事を抜いても身体を動かすことは脂肪やたんぱく質でもできます。しかし、脳だけはブドウ糖しか利用できないのですが、寝ている間も使われていることから、朝はブドウ糖が不足した状態の為、作業がはかどらなかったり集中力が続かなかったりといった状態になってしまいます。

 

低下した機能を正常に戻し、身体を目覚めさせるのが朝食なのです。

 

また、夜食べて、次の日の昼まで食事を摂らない人は夜分の栄養を全てストックするように身体が変わります。つまり太りやすい体質になるということです。

 

食べていないのに太る・・・という勿体ない体質になってしまいます。

 

そうならない為にどうしたらいい?

まず頭をすっきり活動させたいのであれば、新しくエネルギーを取り込む必要があります。

そもそも朝抜き、昼食と夕食だけで1日に必要な栄養素を補うこと自体大変です。

朝食抜きの場合常に不足な栄養素が出てバランスが悪くなります。脳のエネルギー源であるブドウ糖を供給します。

 

また、やせたい人は三食きちんと食べて、不要な栄養を蓄えなくていいということを身体に覚えさせることが大切です。

朝食は一日を活動的に活き活きと過ごすための大事なスイッチなので食べるように少しずつでも習慣づけてください。

 

具体的にどんなものが朝食にいいの?

料理を考える際は主食を決め、次に主菜を考え、それに副菜を添えるという考え方が基本になります。

和食派の場合

主食:ごはん、お粥、おにぎり

主菜:納豆、卵、豆腐

副菜:前夜の残りのお浸しや汁物

洋食派の場合

主食:食パン、バターロール、クロワッサン、フランスパン

主菜:卵、チーズ

副菜:サラダ、スープ

 

このようにバランスの取れた料理を心がけましょう。納豆や卵、豆腐、チーズなどあまり手のかからないものを朝食に取り入れると朝の忙しい時間でもスムーズに準備できると思います。

 

いきなり朝食食べるのは難しいあなたは・・・

とは言え、今まで食べていなかった朝食をいきなり食べるのはハードルが高く、苦痛という方も多いことでしょう。

そういう場合には牛乳とフルーツだけでも良いでしょう。

(※牛乳の恐ろしい秘密についてはFull Suger Secretについて詳しく記載していますが、

ここでは一般的な文として記載しています。)

 

朝が早く家で食べられないという場合はコンビニで購入される方もあるかと思いますが、車の移動中でも食べやすいサンドイッチやおにぎりがおススメです。ただし、菓子パンは糖分が多くカロリーが高いだけでなく栄養バランスも良くないので朝食としては不向きです。

 

前夜の夕食を軽めにし、早めに就寝するのも朝食を美味しく食べられる工夫です。

朝食抜きを改善し、朝からアクティブになれるようにしましょう。

 

アンケート受付中

 

現在、糖に関する記事の内容を濃くしていきたいと考えておりますので、

糖に関する気になる事柄がありましたらお知らせください。今後の記事として投稿して参ります。

ぜひアンケートにご協力お願いいたします。

SugerSecretsForm

[contact-form-7 404 "Not Found"]
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事