sugersecrets

甘味料は使用しても問題ないか?

砂糖はお肌や血管を劣化させることからなるべく控えたほうがいいと言われています。

最近は砂糖の代替品として甘味料を使うこともありますが、種類や特徴がいくつかあってそれがどういうものなのか?身体にいいのか?使用しても問題ないのか?

それぞれの特性についてまとめました。

 

甘味料、種類と特徴は?

【糖アルコール】

エリストール、マルチトール、キシリトール、ソルビトールなどがこれに当てはまります。

エリストールは殆ど代謝されない糖分です。

マルチトールは還元麦芽糖と表記されることが多いです。

キシリトールは虫歯になりにくい糖で、血糖上昇もなく、インスリンが分泌されない為脂肪の貯蓄も殆どないと言え、糖尿病患者に利用しやすいです。

ソルビトールも血糖が上昇しないことから、インスリンが必要ない膵臓に優しい糖分ですが、芋やとうもろこし等自然食品に含まれている為「遺伝子組み換え品」を利用していないものでないと安全性が保障できません。

また、体内で吸収されず大腸に流出されることから下痢しやすくなるのがデメリットです。

 

【天然甘味料】

羅漢果やトレハロースがそれにあたります。

羅漢果は中国で栽培されている果物で、果糖を多く含み砂糖の300倍の甘味を持ちます。

トレハロースはでんぷんから合成され、カロリーは砂糖と同じで砂糖の約半分の甘さ。

保水性が高いことからカロリーを落とす為というより食べ物をしっとりさせたり柔らかくしたりという用途に用いられることが多くなっています。

 

【食品添加物として指定されている甘味料】

アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、サッカリン等があてはまります。

アスパルテームやアセスルファムK、サッカリンは砂糖の200700倍の甘味なので、少量ですみます。また代謝されないのでエネルギーにならないことと少量のみで甘味がつくことから、殆どノンカロリーになります。

ノンカロリーの酎ハイや清涼飲料水等によく利用される甘味料です。

長期間習慣的に使用し続けると、腎臓や肝臓に負担が大きいという研究結果もあり注意が必要。

 

甘味料、どう利用するのが正しい?

【糖アルコール】

血糖値の上昇が糖アルコールは 血糖値が上がらない為インスリンの分泌が少なくてすむので糖尿病等の疾病がある方にはおススメですが、大量使用で下痢を起こしやすいところが難点。使用用量を守りましょう。また、選ぶ際は遺伝子組み換え食品ではないものを選ぶようにしましょう。

 

【天然甘味料】

使用量が少なくてすむことや天然の甘味であることから身体には安心素材。ただし、カロリー減はあまり期待できないので過信しないこと。

 

【食品添加物として指定されている甘味料】

代謝されない為殆どエネルギーがないことからダイエット効果は高い甘味料と言えますが、長期間の常用は安全性がはっきりしない部分もあるので、イベントや不摂生が続くとき、カロリー過剰が心配なときにうまく取り入れるのが良さそうです。

 

甘味料、どう理解する?

ども甘味料も一長一短。安全性が明確でないものもあり注意が必要ではありますが、だからと言って上白糖の多用が続けば肥満や慢性疾患を招く可能性も。

結局、どちらの「糖」も過剰摂取には注意が必要ということになりそうですね。

 

アンケート受付中

 

現在、糖に関する記事の内容を濃くしていきたいと考えておりますので、

糖に関する気になる事柄がありましたらお知らせください。今後の記事として投稿して参ります。

ぜひアンケートにご協力お願いいたします。

SugerSecretsForm

[contact-form-7 404 "Not Found"]
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめの記事