sugersecrets

 

スポーツドリンクはスペシャルドリンクか?

 

運動したらスポーツドリンク、体調不良時にもスポーツドリンク、熱中症予防にもスポーツドリンク・・・

最近スポーツドリンクは万能スペシャルドリンクのように言われ、沢山の人が好んで摂取している傾向にあります。

 

確かに電解質、ビタミン等含まれる成分は豊富ですが、スポーツドリンクには合わせて糖分やナトリウム(塩)もそれなりに含まれています。飲み方や量など注意して摂取しないとかえってマイナス効果になることもあるのです。

 

スポーツ飲料に含まれる糖分や成分に注目し、注意点についてまとめました。

 

スポーツドリンクに含まれる成分

【糖質】

商品によってノンカロリー甘味料を使用しているもの、ブドウ糖を使用しているものとあります。糖尿病や肥満症などの治療をしている人にはノンカロリー甘味料を使用したものが良いでしょう。体調が悪い場合はブドウ糖を使用した商品のほうが吸収が早いのでおススメです。

【電解質】

汗をかくと水分のみならず塩分、アミノ酸、尿素、アンモニアなどの電解質が失われます。

基本的には汗で失われた電解質は食事で補充できますが、炎天下、高温多湿という環境下での長時間の運動で多量に汗をかく場合は、失われた電解質の補給が必要なケースもあります。

スポーツドリンクは電解質を含んでいるため、効率よく体に吸収されます。下痢や嘔吐がある場合も電解質を失っているので補っておきたいものです。

【ナトリウム】

どの商品も量に多少の違いはあるものの含まれます。炎天下の下なん時間にも渡る運動を行う場合でもない限り、日本人の食生活でナトリウムが不足することはありません。熱中症予防の為・・・とスポーツドリンクでわざわざ補う必要はありません。

消費エネルギーが少ないスポーツや発汗量がさほど多くない時、体調不良時以外にスポーツドリンクを習慣的に多量に飲んでいると、塩分や糖分の摂り過ぎになります。

 

スポーツドリンクの活用法

 

スポーツドリンクは使い分けをすることが大切です。

 

熱中症を起こしてしまった場合や体調不良時に速やかに体力回復、水分、電解質補給に利用する場合はブドウ糖を含むスポーツドリンクが望ましいです。

 

部活や趣味程度の運動を行う場合や、発汗、体力消耗が激しいと予測される活動前の予防に利用するのは低甘味料を使用したスポーツドリンクが良いでしょう。

 

ただ暑くて汗をかくのでその分を補っておきたいという場合はお茶やミネラルウォーターで十分です。

 

スポーツドリンクの飲み方

 

それでもスポーツドリンクが好きで、たまには飲みたいという場合、低甘味料を使用したものを利用するか、ブドウ糖を使用したものを飲む場合も薄めて飲むようにしましょう。

 

スポーツドリンクを万能スペシャルドリンクと信じて過剰摂取しないようにしましょう。

 

アンケート受付中

 

現在、糖に関する記事の内容を濃くしていきたいと考えておりますので、

糖に関する気になる事柄がありましたらお知らせください。今後の記事として投稿して参ります。

ぜひアンケートにご協力お願いいたします。

 

SugerSecretsForm

[contact-form-7 404 "Not Found"]
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめの記事