sugersecrets

糖質は肌にも影響?

過剰な糖質摂取肌を焦げさせると言われています。

 

太った人のほっぺたが黒ずんでいる、あの現象のことです。

 

糖質とたんぱく質が加熱され、劣化したたんぱく質が表面に出ることで「焦げ」になるのですが、実は体内でも同様なことが行われているのです。

体内のコラーゲン、ケラチンといった角質が、糖化により茶褐色に変化してしまうということです。

 

よく言われる「肌の糖化」というのは、まさに、食品が焦げたのと同じで肌がくすみ、変色し、老化していくということです。

 

つまりお肌が糖化しないような糖質の摂取の仕方が大切ということです。

 

肌を糖化させないためにするべきこと

糖化したくないからと全く糖を摂取しないことは、糖質は身体のエネルギーを作る働きがあるので、糖質なしでは頭も身体も正常に機能しないのです。

 

人の身体はほとんどたんぱく質でできている為、糖を摂取すると体温で熱せられ糖化現象が起きてしまいます。

 

そして、糖化が進むと、AGEsと呼ばれる劣化したたんぱく質が生成されてしまうのですが、AGEsが体内に溜まってしまうと様々な問題点が起きてきます。

 

糖は大切であることは他の記事でも説明した通りで、糖の摂取をやめて糖化を完全に起こらないようにすることは難しく、このAGEsを溜めないようにすることが大切なのです

 

AGEsの溜まり具合は、血糖値と密接に関わっていて、高血糖の状態が続くと、AGEsの量が増え、どんどん溜まってしまうのです。

 

それを防ぐためには、まず食事を見直すことが大切です。

 

高血糖にならない為の食品選びが大切

つまり高血糖にならないような食品選びをすると良いことが分かります。

 

食品によって、血糖値を急速に上昇させてしまう食品と緩やかに上昇させる食品があります。GIと言って、食後血糖値の上昇度を数値化したものでGI値が低いほど血糖値の上昇が遅くなります。

 

同じ炭水化物でも、たとえばパンを例に挙げると食パンGI値が高く血糖値が上昇しやすいですが、ライ麦パンは上昇しにくいのです。

 

GI値については「グリセミックインデックスで効率的なダイエット」の記事を参照ください。

 

また、食べ物自体にもAGEsが入っているのですが、野菜類には少なく肉類には多く含まれます。

 

ただし、GI値の低い食品ばかりにこだわったり、肉を控えすぎたりしては肉に含まれる栄養素が欠乏してしまうリスクも生まれるので注意しましょう。あくまでバランスが大切なのです。

 

献立を考えるときの基本は主食を決め、それに合う主菜(たんぱく質)を考え、野菜料理を2品程度添えます。

 

その時にGI値の一覧を参考にしながら考えると良いでしょう。ただし、先にも述べたように偏りすぎないようにしましょう。

 

GIやバランス食は難しい人にできるちょっとした工夫

なかなかGI値に留意することや、バランス食を考えることが難しい場合、食べる順番をまず野菜を最初に食べて、それからご飯や肉を食べるようにするだけでも血糖値の上昇を抑えられることができます。

 

糖化を怖がりすぎると栄養バランスが乱れ、逆に身体に悪影響を及ぼすので気をつけましょう。

 

アンケート受付中

 

現在、糖に関する記事の内容を濃くしていきたいと考えておりますので、

糖に関する気になる事柄がありましたらお知らせください。今後の記事として投稿して参ります。

ぜひアンケートにご協力お願いいたします。

SugerSecretsForm

[contact-form-7 404 "Not Found"]
人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事