損切り力が人生を左右させる話

おはようございます

今から東京(虎ノ門)で打ち合わせがあるため、金沢から新幹線で移動です

以前は調子に乗っていてグリーンしか乗らないとかやってましたが、今となれば、自由席です

グランクラスに乗ったら弁当と飲み放題って感じで、新幹線を降りた時にはもうやる気スイッチも入らないので、結局興味も薄れていき元に戻っていくという感じでしょうか

まぁさておき、本日は「損切り力」について話をしようと思います。

めちゃくちゃ大切だと思います。

アリ地獄のように全てを溶かすのか、飛行機のように重力に逆らって浮上させていくかくらい未来は変わります。

僕自身もめちゃくちゃこの経験はどちらも経験していて天国と地獄くらい変わっていきます。

それでは書いていきます

「損切り」は「感謝」で終える

損切りを考え出す時、普通であれば以下のような感情が湧いてきます。

損した

また復活してくるのを待ちたい

損を確定させたくない

見たくない

自暴自棄になる

わかっていても、損切りできない

使われた

しかし、この上の感情でいる限り、ほぼ100%アリ地獄のようにさらに下降、損失が拡大していきます。

これを乗り越えるためには「感謝の意」が必須となります。

いや、これは人生を身軽に生きるスキルと言えるでしょう。

勉強になった

これだけで、早く気が付いて済んで良かった

小さな損で終えたことに自信を持つ

時間やお金を投入させていただけたことに感謝する

使っていただけた

このようなことができると、「損切り」ではなく、「感謝の意」として手放すことができるのです。

どろどろした恋愛地獄から脱出

恋愛でもそうかと思います。

もう無理だとわかっていても深追いしてさらに傷付き、そして破局し、許せないうちは同じような相手が現れ、また傷付く全てを失い、全てを許した瞬間に本当に求めてた事柄が一気に入りこんでくるという法則があるはずです。

経験したことはないでしょうか?

すべては「損切り」の力が人生を決めているといっても過言ではないと僕は思っています。

許せないとまた許せないことが起こる

どうやら人生のキーワードは、感謝と許すということなのかなと体感としてたどり着いて来ました。

たったこれを知るために稼いでは溶かして、人に教えるということをして、人を変えるということは、できないという悔しい思いも沢山してきて、そして自暴自棄に走り、自分も同じ状態になるということも繰り返してきたのかなと思います。

なぜコンサルを受けるだけで、人は何もしないし頑張らないのか?

頑張りたいですという言葉は嘘だったのか?夢は見たけど、現実になった途端に向き合えないのか?

これをずっと許せなかったのです。

しかし、許せないと同じようなことが連続しておきたのです。

お金回りはいいけど、なぜか溶けるのです。

本当は一緒に頑張って拡大、どんどん膨らませていきたいのにという気持ちでいっぱいでした。

これはお金というもので表現していますが、目で見えない世界をお金を通して見てきただけという意味でとらえてください。

なぜお金や状況はそう流れるのか?を深掘りしてたということです。

何らかのスピリチュアルな法則があるに違いないということも体感しているから記事として書いているのです。

論文や、偉い人の言ってることを、整理してしゃべっているのではなく、血と涙の結晶のような大切な経験、体感を書いているので、自分ごととして考えてもらって間違いないはずです。

人間の法則といえるくらいだと僕は思って書いてます笑

感謝と許す心

結局は感謝すること、そして許すことによっていきている世の中は変わると確信しています。

先ほど書いたような循環の中にいると、同じ状態を繰り返していました。

改善点を書き出したところで、全然変わりません。 

いろんな形で際限なく繰り返されてきたのです。改善点を書き出すくらいで越えれるような吸引力?引力?ではありません。

 

家のポスト下にゴミ箱を置いても散らかすがいたときに、何やってもダメな奴はダメだ!と怒ってました笑

そうするとまた何故か散らかるのです。

しかし、まぁたしかにゴミ箱もふた付きだからふた開けるのもめんどくさいんだろうなぁと許して、またゴミ箱のゴミも捨てたり整備したりした途端になぜか散らからなくなるのです。

これは本当に不思議です。

すると、僕自身も、ちゃんとクリンリネスな人たちが住んでるんじゃん!と快適な気持ちになれるのです。

詳しくはゴミ箱のブログやユーチューブもあるので、見てみてください

→https://youtu.be/BOO_OR-Ljlg

※ツールには何も問題はなく、ツールの使い手、受取手が現実を作っているということが、おそらく世界一わかる動画です。

※おそらく散らかす人には、ゴミ(いらない物、人物、価値観)が近くに沢山寄ってきてゴミに苦しみ、ゴミは捨てていかないといけないと気付くところまでこの散らかす行動は治りません。

許せないと損切り出来ない

「損切り」という言葉がよぎった瞬間に何かを学んでいるはずなのです。

その学びを受け取らないでおくと、もっと度合いが強くなり、「学びを受け取れー!」という神のお怒りを受けます笑

なので、「損切り」という言葉がよぎったときは、勇気を持って、感謝で手放すということを頭に入れておきましょう。

「ホメオスタシス」に「感謝や許す力」で挑むのです。

これだけで、深くダメージを受けることは、必ず減るはずです。

そして、絶対に慢心するような出来事がおこった時ほど、意識を研ぎ澄ますのです。

慢心とは感謝や許す力が大幅にダウンしている期間です。

おすすめの記事