こんばんは。

さて、なぜかこの記事をクリックしてしまったあなた。

劣等感を持っているのですか?

 

すごくわかります。 どうせ読んでもながなが説明されるんじゃないかなと・・・笑

そんなあなたに、簡単に劣等感を外すための記事にしたいと思ったので、軽い気持ちで読んでみてください。

 

劣等感という言葉を忘れる

僕があなたと直接話せば、話は早いのですが、残念ながら、あなたが何に劣等感を感じているかわかりません。

しかし、おそらく共通することとしては、「比べてしまう」だと思います。

これをひっくり返せば、劣等感はなくなります。

詳しく見ていきましょうね。

「比べてしまう」

よーく考えてください。

あなたが誰かと何かを比べているとしましょう。

何を比べていますか?

「収入?」

「身長?」

「仕事?」

「スタイル?」

「リア充度?」

「特技?」

「モテ度?」

なにか出ましたか?

 

次にもう一つ質問をします。

「あなたは自分以外のすきな人が、誰かと比べて苦しんでいる状態を見たらなんてアドバイスしますか?」

 

「もっと比べて倒しちゃいなよ!」

と言いますか?

 

分かりずらいので、図示します。

〇〇ちゃんもいろいろ持ってるじゃん!ひとつずつ頑張っていこう

要するに、自分で「劣等感」を抱え込んでいて手放していないという状況であるということです。

 

むずかしいことを言うつもりはありません。

解決方法です。

まずは3つです。

①顔をにこっとする

②自分もがんばるぞー!という

③「あ!実はこんな人になりたいのかも!」と認めて素直にリスペクトする。

 

これならできそうですよね!

 

比べている人は、比べっこクラブに永遠と所属している

どういうことかというと、もしもあなたが、誰かと比べて劣等感を思えたとします。

その、「誰か」も実は同様に誰かと比べていたとしたら・・・・

要するに、比べることをやめて、ヘラヘラして、張り合うことを手放せばいいのです。

 

そして、にこにこして、持っているものを活かして「もっとにこにこできるように・・!」人と比べることをやめればいいのです。

人と比べることを今、この瞬間で辞めましょう!

 

今やめないと、「墓場の立地」や「自分の入る骨壺の質」でも、人と競う事になりますよ笑

 

理想の自分がやっていることを今する

ここまではいいですか?笑

 

では次行きますね!  この記事は1500字程度で終わらせるつもりなので、もう少しです!

 

未来を決めて、今、そして過去を変えていけばいいのです。

人間は、例え男だとしても、「女だ!」とすべての方向から洗脳し、思い込めば「女」になります。

脳が女になるから「おんなになる」ということです。

このメカニズムを利用して「比べる」ことでなく、「なりたい姿」をイメージするのです。

すると、今度は「順応」し、求める未来が正解で「ホメオスタシス」が働き、今の姿が「間違い」だと脳が錯覚するので、そっちの方向に勝手に行くようになります。

 

もう少し簡単に書きます。

ひまわりの種をまくから、ひまわりになるのです

ひまわりになることが決まっているからひまわりになるのです。

ひまわりを目の前に咲かせようと思えば、ひまわりの種を手にする時が来るのです。

 

要するに、「比べている」時点で、種も花も見えてこないので、時が死んでしまうのです。

比べるではなく、「憧れ」にして「自分の未来を決めること」ができると、これは一気に変わります。

 

そして、なによりのポイントは、「いまこの瞬間に、その未来の憧れの姿でないことをおかしいと、思う事です。」

「サッカー選手になりたい!」

ではなく

 

「サッカー選手になりたい」→「あれ?俺はサッカー選手なはずだよな」→「なんで今サッカー選手じゃないんだ?」と未来を過去まで引っ張って、過去を変えて、今を過去にするのです。

 

 

いまあなたが誰かと比べて劣等感があるならば、チャンスです。

誰と比べていますか? むしろ、誰とくらべることで、苦しめてもらえてますか?笑

「〇〇さん!」と声に出して言いましょう。そして「ありがとう」といいましょう!

 

なぜなら、今この瞬間にこのブログを読み、あなたは、いまから人生が変わり始めるからです。

過去は未来ではない。 未来が過去になる

未来なりたい姿が今でないことを「おかしい」と脳に指令を与えると、脳にホメオスタシスが働き、脳は騙され、行動が変わっていくはずです。

お腹がすいたら、おなかがすいていないことを正と認識している脳は、おなかをすかせない行動を勝手にとります。

これと同じ原理です。

脳をだますことで、一気に劣等感はダイヤの原石へと変わるはずです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事