経験知と経験値の認識区別で人間力が増す

 

まずこの記事を読む前に、気合を入れて読むことをお勧めします。

なぜなら人生においてこれを理解しているかどうかで、そもそも生きている意味があるかどうか?くらい人生が左右すると僕は断言できるからです。

(さっそくごめんなさい。怒りますよね・・・)

 

誰かの催眠術にかかりながら生きているか、自分で自分の人生を生きているかがはっきり分かれると思います。

ではいきます。

 

経験を積み重ねていくのか、経験をして手放すか

 

経験なのか、経験なのかは、この2つの考え方で分かれてくると思います。

すごく細かい話ですが、「これは経験になるから」という発言による行動には、プラス行為になるのか、マイナス行為になるのかが明確に分かれてくるかと思います。 

その経験は「値」のように蓄積されるものなのか?それとも「知」って手放すための行動なのか?この辺りをはっきり区別することで、物の見え方はスッキリしてくるかと思います。

よくわからないな・・わかりやすく書いて

「経験値」

まずは、経験値です。経験値というレベルが上がるという概念で考えると、目指す場所があって、そこに向かっていくためのスキルや戦闘能力が着々と上がるための経験として捉えればしっくりくるかと思います。

つまり、目指すべき場所がないままでは、経験値として蓄積されていかないのです。
なにをめざすための経験なのか?という問いに答えられない場合は、「経験値」とはならないでしょう。

たしかに、なんでもかんでも考えずに過ごしていたかも・・・

「経験知」

次は経験知です。これは字のごとく、「これをしたことによってこれを知ることができた」という考え方です。

例えるならば、「箱根に●●っていう宿ができたよ」と話では聞いたことあったとします。

これを「●●という宿の名前知っているよ」という認識レベルの知っているのか「泊まったことあって、こういう感じだったよ」というの経験を通した知っているのかが違うということです。

たしかに、してもいないのに口だけの人もおおいね・・・

 

要するに「催眠術」とは、この「×」のところを信じさせて依存させるという事業者の罠

 

認知か経験知か

ここの部分もさらに深く踏み込んで書いていきたいと思います。

ここの区別ができているかできていないかで、人生においてかなりのロスが発生する部分だと思うからです。

簡単に説明するとと、大きな違いは「手放せる」か「手放せないか」です。

 

 

認知状況は情報に縛られる

まずは、認知についてです。

たとえば、あなたがホテルに宿泊するのが好きで「いつかは●●に泊まってみたい」と思っていたとします。

そして●●について情報を仕入れていて認知している状況です。 

常に●●がふとした時に頭によぎり気が散りますね。 

その結果、「とりあえず類似のホテルに泊まるか」と検索し始めたら、本当にしたいことをごまかすための行為、すなはち浪費に繋がっていきます。

 

 

認知したまま感情を放置すると、浪費につながるのです。(超重要)

→掃除をしないで部屋に無駄なものが多いと、そこから負のエネルギーが出てさらに浪費と散らかりが加速する。

→無駄なものを置かないという断捨離の大事さがここで初めて理解できる。(断捨離ブームとかではなく上にあがるためには、しないといけない

→部屋に無駄なものがないと、買うときにこれはゴミにならないか?を意識できるようになる

→結果的に散らからない+お金を使わない+ひとつひとつ大切に集中できる

 

経験知だと情報を手放せる

次は、経験知についてです。ホテル●●に泊まってみたいという意識が湧いた時に、それだけを目指して実際に奮発して宿泊したとします。

すると経験として知ることができます。 

ホテルもこのように泊まり歩いてきましたし、

ウブロビックバン+ヴィトンのハンドバッグ

 

タワマンへのあこがれから実際に借りたりもしました。

ルイヴィトンのカバン+レクサスNX

200万弱を財布につめこんだり・・・

 

アルマンドを1人で3本開けたり・・・

ルブタンをはいたり・・・・

 

ローンチに出演したり・・・・

持ち家を持ったり…

机上の空論ではなく・・・・実際にいろいろしてきました。

もちろん、いい経験だけではありません。それは・・・

批判されたり・・・

 

仮装通貨で100万円溶かしたり・・・・・

同じ車を色違いで買って、すぐに手放して損をするなど・・

 

・・・といろいろ実際にしてきましたが、これを実際にしてきた僕にしかわからないこともあります。それは・・・

 

なにがわかったかというと・・・・

 

結果として僕にとって一番人生のコアであり、面白いことチャレンジすること、そして与えて受け取るこれだけであったということです。 

 

「受けとることからスタートはできませんから、与えることはやめたらいけない」という頭が出来上がっていったのです。

 

すこし話が脱線しましたが、気になることをどんどん経験して、自分だけを満たす行為は無駄だということを知り、この自分だけ良ければ・・・という概念を手放していくことで、脳が軽くなり、勝手に事業者となっていきます。

 

このことによって見たい景色を見れるようになるスキルである、「コントロール」という概念が生まれてきます。 

 

どういうことかというと、

例えば泊まってみたいホテルがあったとしても、そこに泊まることによる「長期的意味はなにかあるのか?」など、将来の実益も有無を意識することができるようになりました。

 

ということは、「●●をしたいけど、できないからこれをしておこう」という中途半端なよくわからない実益も出ない無駄な行為がなくなるのです。

 

この中途半端な行為こそが究極な無駄であり、したいことをするまでに、少し頑張ればしたいこともできるはずなのに誤魔化すための行動で無限に時間とお金を消費してしまう原因といえることでしょう。

 

なので、結論としては、したいことだけをすることが正であるといえるのです。

とりあえずという言葉は要らないということです。

 

たしかに、とりあえず○○ちゃんとデートしようみたいなことを永遠としてても意味ないもんね・・・

 

 

知りたい景色や情報、ものを得た結果として、これはもういいや。と多くのものを手放すことができたり、嫉妬や妬みの心がきえて、したいこと、ほしいものだけが浮かび上がってきます。

短期的欲をみたすことの意味のなさを知り、長期的な理想だけを追うことができます。  

この図の「邪魔、我欲、誘惑」を我慢せずに立ち切れれば理想なんてすぐに手に入ります。

100人いたら80人くらいはこの橋を架けることができずに、落ちていきます。

何度も橋を架けようとするけど、また落ちていきます。

 

なので、僕らは、気になっている感情はどんどん経験知へ変えていき、手放していく必要があるのです。

 

まとめ

経験値 

目指すべき場所があった上で、スキルとなる経験を積み上げることによって力となって蓄積されていく

経験知 

認知→思考→行動→経験という段階を経て、これはもう経験済みだから「認知するべき情報」の選択ができるようになり、結果的に自分の行動が研ぎ澄まされコントロールできるようになる。(これはもういいや・・・と気にならなくなる)

 

これを繰り返してきた結果、結局「提供して受け取ることが一番楽しいことなんだ」という頭ががちっとできあがり、自分でビジネスをしておこうというマインドが形成されたというわけです。

 

ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、要するに・・・「自然な欲の流れ」で進化していけるのです。

そして、いかにあなたが自分自身の「経験」を通して発信して、その発信した内容によって、あなたの周りが元気づくことが楽しいかということに気が付いていきます。

 

経験知・・・・それをどんどん知って、あなたの中にある「幸せの種」を見つけてみてください。

 

そして、この記事を読んだことを「経験値」にするのか「経験知」にするのかもあなた次第です。

「経験値」にするという選択を取る場合、合わせて読んでいただきたい記事があります。

それは、「自分が変わらないと変われない理由」について他人を観察した記事がありますので、目を通してみてください。

 

いままであなたは、適当に誰かの文を読んで、1日後には忘れているはずです。

そして、別の日には、他の記事を読んでまた忘れて・・・・・

 

行動が変わらないと、何かを読んでも無意味だということに気が付いてきている方だと読みやすい記事かなと思いますので、ぜひご覧ください。

自分が変わらなければ変われないという現象を一部始終、お見せします。

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~