昨日は一日中ばたばたしていまして、「夕方にブログをアップする」という朝のブログの約束は守れなかったです笑

 

個人的には忙しいので、うれしいことなのですが、できるだけどんなことがあっても1日1つは残していかねばと思っているので、頑張ろうと思います

 

よく言いますよね「忙しいことを理由にするな」とか・・・・

どうせ書くなら、本腰を入れて書きたいので、どうしても時間だけじゃなくて、精神の力も必要なので難しいのですが・・・。

 

ということで、今回はホームページコンサルティングを依頼する前に知るべきことについて書いていきたいと思います。

 

 

ホームページコンサルティングはどういうことをするのか?

 

まず、そもそも「ホームページコンサルティングを依頼しよう」と思った時点で確認しないといけないことは、何を得たいのか?ということを明確にすることです。

 

問い合わせなのか、通販として売り上げたいのか、アクセスをとにかく集めたいのか、ロングテール、長期的にアクセスを引っ張ってくるようなサイトにしたいのか。など、様々な目的があるはずです。 それを明確に伝えるようにしましょう。

 

基本的には、アクセス解析、動線の設計、コンセプトメイキング、コンバージョンの向上、など、そのあたりになってくると思います。

 

コンテンツ記事を書くにしても、どういうキーワードで、どういう文字数で、どういうHTMLの形成で書くかとか、人の道線を作ることとか、内部リンクで目的のページ(ランディングページ)に飛ばすとか細かい設計をします。

 

ホームページを作成するといって、住所、地図、事業内容、問い合わせを作ったからと言っても、何も手を打たないとほぼアクセスは来ません。 

 

そういう状況で、ウェブの専門家に頼んでみようかというところからこの記事を読んでいると思います。

 

ホームページのコンサルティングは、長期的に高額となる可能性があります

 

ホームページのコンサルティングを行っている者にとって、SEOなどの技術も取り入れたりしていくと、とにかくきりがないくらいオプションや、バージョンアップをすることができます。

 

例えば、相談料5万円といい、5万円で相談をすると、細かい指摘があるはずです。

□このページの目的はなにですか?

□文字の大きさ、写真を入れましょう

□問い合わせフォームのバーナーをしっかりつくりましょう

□ウェブページにもっとデザインを盛り込みましょう

□代表のあいさつがあったほうがいいです。

□関連するようなブログをかくことをおすすめします(コンテンツマーケティング)

□SEO対策をしてアクセスを集めないと、ホームページとして機能しないです。

□記事の文字数は2000文字くらいを目安にしましょう。

□ライターに外注することもできます。

 

とにかく、一見普段目にしているような変哲のないホームページをつくるためには、とても労力と知恵がいるのです。(普段目にしているサイトは、その検索したワードで上位3位以内である場合がおおいため)

なので、こういうことを達成したいという求めているものは先に確認しておきましょう。

わからないから全部おまかせします。というのは少し危険です。

ホームページコンサルティングを依頼する前のポイント

 

どうしたいのか?ということが分からないまま、コンサルティング会社に依頼をしてしまうと、セールストークにより、意図していない結果となる場合があります。

 

なので、ホームページからの問い合わせを増やしたいのであれば、

□地名、サービス名のキーワードで上位表示させる

□そもそもランディングページの反応が出るかどうかをPPC広告で確かめてみる

□結果が出たら、そのランディングページにアクセスを流すためにグーグル、ヤフーに好かれるサイトをつくる

 

これくらいのことは知っておいたほうが、何を依頼すればいいのか?ということが見えてくるはずですから、営業トーク通りにサービスを受けて思っていたほど効果が出ないという結果にはならないはずです。

どういうことかわかりずらければ問い合わせにて質問ください。

ホームページコンサルタントには積極的にコンタクトをとるメリット

 

もしも、ホームページやサイトを持っていて、活用できないでいたとしたら、積極的にコンサルタントにアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

なぜかというと、そのサイトを今の状態で1年間ただあるだけにしておくくらいなら、活かせるサイト運用ができてしまったほうが売り上げは上がる可能性が高いからです。

 

ホームページで資料請求があったり、問い合わせフォームから問い合わせが入ってくるようになれば、かなり商売は楽になります。

 

こういうことをホームページやサイトで達成したいというものがあるのであれば、さっそく問い合わせてみましょう。

 

ちなみに、僕は相談料をいただいていないので、気になることがありましたら、自社のURL等を添えて送っていただいたり、これからホームページを作ってみようとおもうんですが・・のようなことを送っていただけたら回答します。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめの記事