大損する生き方から脱出するためにヒント

おはようございます。Sです。

 

最初にこうやって名前(ペンネーム)を入れることによって、印象付けることができるというテクニックを知っておきながら、なんか嫌で使わなかったわけですが、今日は使ってみました。

 

えっと今日は「大損しない為の生き方」について書いていきたいと思います。

と、いうのも、僕はここ1年、2000万円程度手取りがあったわけですが、すべて使い切りました。

 

会社員であれば、3400万円程度の年収がないと手取で2000万円はいきません。

 

想像してみてください。

年収3400万円あればかなり裕福に暮らせるとおもいませんか?

 

しかし、実際のところ残るどころか「足らない」ということになるわけです。

この経験を包み隠さず記事にしてみたいと思います。

 

 

平気で毎日数万円使うようになる

 

まず起こる現象は、「いまできることをいましたくなる」という衝動に駆られることです。

脳内は「いつか経験するならば(どうせいつか買うなら)、早くやっちゃいなよ」という指令で埋め尽くされます。

 

そして、「投資」と「消費」が加速していきます。

 

 

虚無感に刈られる

 

次は、すべてが当たり前に思えてきます。

好きな時に値段を気にせずすきなご飯を食べれて当たり前、欲しいものはすぐに買えて当たり前・・・こういう毎日になっていても、結局何をしても満たされないから、さらにそれを埋めようとお金を投じていきます。

 

誰かのために何かをしたくなる

 

そして次のレベルにいくと、今度は「おせっかい」をしたくなってしまいます。

なんとなく「この人大丈夫かな」って人の面倒を見たくなるということです。

 

しかし、これが一番「大損」を加速させていきます。

与え手だけでなく、受け手もそうです。

 

与え手は「自分は余裕がある」という姿を見せることを守りながら、でも相手の要求に答えることによって自我を埋めているわけですから、自分を守ることを忘れていきます。

 

そうすると、受け手の「欲」は拡張していき、与え手のパワーが下がってくるという現象が起きてきます。

 

すると、「受け手」もよくわからない光景を見れていることに劣等感を覚え、体裁を保つために欲が加速していきます。

 

 

ダブルパンチということです。

 

補足

この世はバランスが取れるようになっているので、自分が上か下かに偏れば、その反対の人が引き付けられます。 馬鹿と天才紙一重という考え方がありますよね。

 

 

ルールを決めないとどこまでも飛び立ってしまう

 

そうしているうちにあることにきがついてきました。

 

それは、「お金があるとかないとか関係なくて、ルールを守れるかどうかがすべてである」

ということです。

 

自由を目指して自由になろうとすればするほど「縛られる」ということに気が付き、

「ルールで固めよう」と思えば思うほど「自由」になれるということを悟ったわけです笑

 

 

大損しないためのルール集

 

じゃあ具体的にどういう内容のルールを決めればいいんだ?ということです。

それは以下に書きます。

 

□自分の価値観で生きる

□物を買うときは「いますぐ売ったとしたらいくらになるか?」まで考える

□欲しくていつでも買えるものは待つ

□地に足をつける

□小さなお金の無駄使いをしない

□投資をする

 

自分の価値観で生きる

 

例えば、あなたが自己啓発等で得た考え方があるとします。

それは、あなたが「多くの失敗」をしてきた結果、大切にしたいと思った考え方のはずです。

 

そうすると、必ず「試練」がきます。

確認テストです。

 

そこで自分が得た新しい価値観を守れるか?という試練です。

ここで城壁を突破されてしまうと、あなたはまた同じステージに降りることになります。

 

 

物を買うときは「いますぐ売ったとしたらいくらになるか?」まで考える

 

物を買うときは、おそらく、「お金とモノを天秤にかけて買う」とおもいます。

しかし、もう一つ踏み込んだ図を頭にえがいてほしいと思います。

このように、買った後の使い道まで考えることができると「大損」はしないことでしょう。

しかし、「ケチになれ」という意味ではなく、上に行くと思ったものに関して使うということです。

 

 

欲しくていつでも買えるものは待つ

 

図を保存して、携帯の「お気に入り」に入れておくことをお勧めします。

なにかが欲しいなと思ったら、この図を見て、今自分の中で★はどこにあるか?という位置の変動で1000円を割らなければ買いです。

 

値段にもよりますが、衝動的なものは、だいたい1週間待てばいいと思います。

 

  1. 衝動が起きた
  2. 図を見る
  3. 論理的に考える

 

 

地に足をつける

 

これは20代で引っ越しを16回して思う事です。

結局「遠いところ」がよく見えるだけであるのです。

 

例えば、都心部に居たら、田舎がいいなぁと思うようになり、田舎にいたら都心部がいいなぁとおもうような現象です。

 

これは定番ですよね。

 

【住む場所】と【遊ぶ場所】としっかり区別をして住む場所に根を張るのがベストであると考えます。

 

小さなお金の無駄使いをしない

 

これはよく聞く話です。

これの根本的な意味は、僕は「支出は拡大する」というパーキンソンの法則からきていて、100円使えば、1000円もすぐに使える、1000円使えば10000万円もすぐ使える、10000円使えれば100000もすぐに使えると、どんどん膨れ上がっていくという観点から、1円の使い方を誤ったら、どこまでもいくと思ったからです。

 

 

投資をする

 

これは、FXをしようとか株式投資、不動産をしようということではありません。

しかし、僕は毛嫌いしていたFXというものを実際に始めることで、人生で大事なことはすべてFX(チャート)が教えてくれるとおもったのです。

 

ほんの少しお伝えします。

〇ルールを決めて守ることがすべて

〇小さな損失は大きな利益を取るために必須

〇長い目で潮流を見て、細かい値動きで波に乗る

〇損失(仮説の通りうまくいかないこと)が起きたらすぐに損切して次の波を探す

〇失うことを恐れて、得ることを馬鹿利を考えると、損が膨らむ

〇人類みな同じ波の上で生きている

〇得をする人もいれば損をする人もいる

〇反省して改善しないと同じ損失を得る

〇うまくいってる時ほど慎重になることが大事

〇お金で考えない。流れで考える

 

この概念は、投資することによってお金に対するスキルが磨かれたと確信していますので、今後も繰り返し行っていきます。

 

 

大損から脱出して自分の人生を切り開く

 

冒頭でも少し触れていますが、この世はプラスとマイナス、陰と陽のように「バランス」が取れるようになっています。

 

大損から免れたいならば、大損をとことん味わえば、大損から離れることができます。

なので、おそらくこの文章がしっかり入るとしたら、あなたがなにかしらで「大損」をしたと思ってこの記事を読んだときでしょう。

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~