成功を引き寄せる方法!「○○をする」ではなく、「○○を成功させる」と考える

何かに取り組む時に、

○○をしないとな・・・とか

○○をするか・・・・・とか

○○をしよう・・・・・

といって物事を取り組むことがほとんどかとおもいます。

 

そして、取り組んだ後に「成功」したかどうかを後で判断していませんか?

私自身も、何かに取り組んで、それが成功なのかどうか?を後から考える癖がありました。

しかし、それを繰り返しているうちに、ふと思ったのです。

「すべてを成功させる」と思って行動をするとどうなるだろうか?と言うことです。

 

成功を引き寄せるというよりも、先に成功を注文しておくという感覚です。

散歩を成功させる

私は日々の日課として、散歩をよくしています。

そこで「散歩をする」から「散歩を成功させる」と考え方をシフトしたらどうなるでしょうか?

散歩を成功させるとは・・・
靴を選ぶこともできます。

散歩に適したウェアを揃えることもできます。

散歩の適切な時間を勉強することもできます。

散歩する時間と効果効能を調べることもできます。

すると、成功する散歩の方法が見えてきます。

脂肪燃焼のための散歩なのか?

リフレッシュのための散歩なのか?

ホルモンバランスのための散歩なのか?

 

目的に合わせた散歩スタイルを確立させることで、散歩を成功させることができるのです。

 

散歩をあらかじめ成功に設計しておくから成功するのです。

 

ポイントは、難しいことを成功させるとは考えずに、簡単なことを成功させると考えます。

 

簡単なことから連鎖させます。簡単なことができなくて難しいことができるわけがありません

何気ない行動に「・・・を成功させる」と言ってみる

私自身も、ボケーっと時間を過ごしていることが多くあります。

だから、さすがにやばいでしょ。ということで、こういう内容のことを考えているのです(笑)

 

午後に眠たくなるので、昼寝をすることも多いのですが、「昼寝を成功させる」と言うと、調べる内容がわかってきます。

おそらく「昼寝 最適な方法」のように検索するでしょう。

 

場合によっては本を買います。

すると、昼寝も成功するのです。

 

未来の成功を先に決めておくのです

11時現在からみると、成功を引き寄せたように見えませんか?

成功の連続と失敗の排除

この「○○を成功させる」というのは、外部要員のことも考えなければいけません。

 

例えば、昼寝を成功させる方法で、「光を遮断する」という内容があったとしたら極端にいうと、その時間だけは「窓はいらない」のです。(窓は既に空いているので、カーテンで窓無しの状況を作っている)

 

これと同じで、「成功に必要な外部要因を遮断する」ということにも成功しないといけないのです。

 

散らかった部屋で、カルタができますか?

できませんよね

 

「カルタを成功させる」と無意識で思ってるから、その場所を片付けるのです。

 

すると、【部屋が片付く】【カルタができる】と成功が向こうから来るのです。

 

「○○をする」と「○○を成功させる」の違い

一言で言うと、「終わり」の有無です。

(1)「コーヒーを飲む」

(2)「コーヒーを飲むことを成功させる」

意味合いが違ってくるはずです。

 

(1)は、飲めば終わりです。

(2)は、「なぜ」飲むんだっけ・・と、頭を使い、次のなにかと連続性があるはずです。

 

とりあえずカフェインの効果効能を調べないと・・・ってなりませんか?

 

さぁ・・・まず何から成功させましょうか?

「この記事を読んだ時間を成功させる」ことができるとしたら、成功は連続していくはずです。

おすすめの記事