忠告!!

絶対に信者化しないで下さい。

このブログは、信者を作ろうというブログではありません。

あくまで実体験から人間の行動心理や、人生の仕組みについて感じたことを趣味として記録しているブログです。

目に見えない視点から物事をとらえてみようという僕個人の挑戦なので、「へぇ」程度にご覧いただけたらいいと思います。

信者になるということと、

成果を出すということは全く別物です。

もしも、参考になる部分がありましたら、取り入れて頂き、あなたの人生をあゆんでください。

create blog / sho kamta

 

「いやぁ。自分は普通と違うからな・・・」

そういうセリフを口に出したことは1度はあるのではないでしょうか?

ということは、ほとんどすべての人はあると思います。

 

ということは、この口癖を喋ること自体が「ほとんどの人と同じ」である可能性が高く、果たして自分の希少性の度合いはどうやって確認すればいいんだろうか?

・・・ということを考えたことがありました。

 

中学生くらいのころです。

いまになってようやく、自分の希少性を確認する方法がわかってきたので、それを書いてみたいと思います。

 

そして、希少性をあげる努力をしていけば、間違いなく、「普通と違う」人として認知されるようになっていきます。

 

僕の経験上そうでした。

ステップバイステップで書いていきたいと思います。

 

自分の希少性の確認方法1「持ち物を観察する」

 

 

自分の持ち物を確認してみてください。

多くの人が持っているようなものばかり家にあるよ」という場合、おそらく希少性の度合いとしては、「低」となるでしょう。

どういうことかというと、物を購入する時の思考が、他の人と同じの時、その物を手にし、持ち帰るということをするからです。

 

 

購入時の思考パターン1(希少性 小)

「とりあえず」

「有名だから」

「流行っているから」

「雑誌で見たから」

「好きなモデルがつかっていたから」

 

購入時の思考パターン2(希少性 中)

「これに惚れた」

「〇〇のためにはこれが必要」

「自分が欲しい」

「誰も持っていなくても、自分は欲しい」

 

購入時の思考パターン3(希少性 大)

「これを購入することで長期的リターンはなにかな?」

「隠れた良品を探し、見つけたらずっと使う」

「一途で持ち続けるものを買う」

「誰もみつけられないだろうな。というものに惚れる」

 

自分の希少性の確認方法2「人脈を観察する」

 

自分の人脈を確認してみてください。

「どこにでもいそうな人とかかわっている」場合、おそらく希少性の度合いとしては、「低」となるでしょう。

どういうことかというと、人と付き合う時の思考が、他の人と同じの時、その人とつながるということをするからです。

 

人脈構成時の思考パターン1(希少性 小)

「とりあえず」

「連絡先を聞かれたから」

「会社、学校の付き合い」

「メル友掲示板で交換した」

「ラインの数でリア充度を確認している」

「すぐやれればいい」

 

人脈構成時の思考パターン2(希少性 中)

「この人に惚れた」

「依存しやすくて心地いい人と繋がった」

「自分がつながりたい」

「誰もつながりたくなくても、自分はつながりたい」

「ラインの数は少ないと少し気になる」

「人間関係として持っていてもいいかなという人であれば、やる(美容にいいかなとかも一応頭にある)」

 

人脈構成時の思考パターン3(希少性 大)

「この人と付き合うことで長期的メリットは双方であるかな?」

「隠れた良品(性格の部分)を探し、見つけたら双方で大切に癒す」

「一途(相手は解放してある状態)で持ち続ける人とつながる」

「誰もみつけられないだろうな。という部分に惚れる」

「ラインの数はできるだけ減らしてフォーカスしている」

「好きな人と、深くクローズの世界にいくためにやる(これが普通?)」

 

自分の希少性を簡潔に確認する

 

要するに、思考方法としては3段階あります。

 

①何も考えない。流れに身を任せる

②自分にとっていいものに依存して、固め合う

双方を開放して、お互い自分に惚れるための相手(人、もの)と共存する

 

希少性は、下に行けば行くほど、難しくなるはずです。

特に②から③の壁は分厚いです。

その壁の正体は「自信」

すなはち、自分を信じれるかどうか?が鍵となります。

そして、下に行けば行くほど自由になります。

 

この書いたことを、信じなくてもいいです。

しかし、僕は身のまわりを①から③に、あの手この手で誘導して人生を変えてきたと目の前で見てきて確認していますから、間違いはないはずです。

もちろん僕自身も①から始まり②と③の壁で苦しみ、やっと突破できた感でいるので、ここまで書いているということです。

僕自身、自分の持ち物も、この思考の変化で変化していきました。

このあたりは、何も考えずに、メンターに「レクサス買いなよ!」っていわれたので買いました。

 

このころは、希少性「中」くらいの思考の段階でした。

 

このあたりから、周りとのギャップを感じ始めました。

信じたものを貫かないと、すぐに引き戻されるという感覚

。。。。このように

長期視点になれば、だんだん面白くない絵になるということが面白いですよね。

もちろん、何もしなくても数千万毎年入ってきたら、すべて好きにできますが、資産を構築する過程では、こんな感じだと思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事