起業資金がゼロでも稼げないといけない理由

こんにちは。

最近寝る時間がおかしくて、22:00-2:00、そして13:00-16:00のように崩れてきています。

 

自論でいうと、22:00-5:00くらいで統一させて、ブログを書く時間、勉強する時間、マネージメント、マーケティングのように同じ時間で習慣化させないことには、数字もビジネススタイルも不安定になってくると確信しています。

 

なのに、あえてここまで時間を崩しているのは、「自論がずれていないか?」ということをテストするものであり、ビジネス自身を崩す勇気をもってテストしています。

 

 

途中結果でいうと、メリットとデメリットがあります。笑 

 

メリット;自由なライフスタイルにより、思考が固定化しなく、柔軟なマインドが出てくる

デメリット:決めたTODOが終わらないことがある

 

なので、習慣化のブログ記事を読んで「習慣化の大切さ」をおさえておきましょう

 

 

IT在宅コンサルタントの習慣化メゾット

 

さて、ここからが本題です。

 

 

「資金がないからビジネスができません」は言い訳

 

まず見出しに書いた内容でビジネスをスタートできないというものは「言い訳」である可能性が高いです。

 

そして行動しない理由を、お金のせいにしている状況です。

 

どういうことかというと、「こういうビジネスをしたいから、そのためには●●●万円必要だからそれまでは資金がないから今はお金を作る時期だ」

という言い分なら、話はわかります。

そして例えば500万円必要だとしたら、500万円ためるためのプランをたてないといけません。

 

サラリーマン、アルバイトで500万円ためようとすると、おそらく早くても3年はかかります。

 

その3年の間に今の頭にあるビジネスプランは高確率で変更、もしくは消えるので、そういうことであるならが考えている時間がもったいないといえるでしょう。

 

 

次に、500万円をすぐにためるためには、やはりビジネスを行う必要があります。

そのためには、ノウハウやツール、環境などをそろえるための先行投資は必ずと言って必要になるでしょう。

 

ここでも自分を守ることばかり考えて「お金をかけたくない」という人は、正直に言うと、自己中で、けち臭いので、ビジネスを始めたとしてもけち臭いお客しか集客することができなくなるはずなので、先行きは明るいとは思えません。

 

「お金がないからビジネスができない」のではなく、「まずは自分がそろえるものをそろえて提供する気がないからビジネスができない」という場合がほとんどだと思います。

 

実際に僕が行っているビジネスは、PC、ノウハウ、インターネット環境、住まいだけしかほとんど初期投資はしていません。 合計で300万円いかないくらいです。

 

それで結果的に3,4年で数千万円は稼いできました。

 

「最初に300万円もかけているじゃないか!」というかもしれませんが、僕の場合は、サラリーマン時代につくった、楽天スーパーローンで借金からスタートしています。

 

サラリーマン時代は建築系の仕事をしていて、新店舗の建設でオーナーが数千万円の融資を受けてビジネスをスタートさせているのを見てきたので、それよりは「利益率が高い商売」だと確信していたので、最初の借金とか怖くもなかったわけです。

 

というか「親戚のお金ではなく、銀行の融資ビジネスとしてのお金」ですし、買い物とかに使って残らないよりは、確実に使い方を成功させたと確信しています。

 

 

「提供品」を自分で作ろうとするからお金がかかる

 

「ホームページ屋をしたいから会社設立をして、社員を抱えて・・・」のように、提供するものを前面に作りこもうと最初からするとお金がかかります。

 

そうではなくて、頭を少し使うと、「集客」と「販売活動」だけしてアウトソーシングで提供品を作ってしまえば、初期費用も時間もかからないのです。

 

だから僕はウェブマーケティングを、現時点から未来にかけてスキルを磨けば磨くほど「楽になる」と確信しているのです。

 

一時期アフィリエイトというものが流行りみたいな感じで知れ渡りましたが、現在もアフィリエイターのようなポジションに自分を置くことによって、無限の提供品を味方につけることができます。

 

 

提供を持つ多くの者は「集客」と「販売」に苦戦している

 

ビジネスの失敗は、「集客できないこと」と「販売できないこと」です。

そして「提供の仕方が単発、消費型で下手」ということです。

 

 

なので、例えば車屋に、「この人の車のここが壊れているから見積もりを出してほしい」というと、車屋は喜ぶわけです。

 

そして、差額を手数料として話をつけておけば、それだけで、わざわざ車屋になる必要がありません。

 

 

目の前の人に全力で提供したいというを持つことはゼロ円

 

ビジネスをしていくうえで「エゴ」なのか「提供心」なのかというものが明確に分かれるポイントがあります。

 

それをまとめます。

 

【提供心がある場合】→発散

 

お金がある時

→どうすればもっと多くの人に自分のサービスを届けることができるだろうかとビジネスへの投資にお金を回す

 

お金がない時

→どうすれば、今いる見込み客の問題点、フラストレーションに直視して、助けてあげることができるだろうか

 

 

【提供心がない場合(エゴの場合)】→収束

 

お金がある時

→自分の欲を満たすことだけにお金を使う。自慢する

 

お金がない時

→自信をなくして発信力が弱くなる

 

いっけんすると、提供心がある人とエゴからきている人は外面は似ていますが、これだけは明確に分かれるポイントです。

 

 

スタート時点で明暗の方向性は決まっている

 

僕は直接目の前で起業したい系の人とマンツーマンで話をしてきました。

話の中で、この上の4つのパターンだけを確認するだけで、どういう風にセールスをすれば決まるかを判断するだけでなく、その人の方向性もある程度わかるくらいになってきました。

 

その結果ぼくのいきついた結論は、「初めから上の方の人としか会わないと決めること」でした。

 

だからこのブログでは、失敗体質の人を引き寄せないために、読みづらい、つまらない内容を発信し続けているのです。

 

軍資金ゼロでも、できることは山ほどあります。

 

例えば投資用の不動産会社を立ち上げたいにしても、まずは自分なりに投資用の不動産の勉強をしてブログを立ち上げ、拡散させていくことからスタートしていけばいいです。

 

そして、無料レポート配布、見込み客リストを落として、小さな投資不動産会社の社長に、営業しにいきます。

 

そういうところからでも提供心をもって発信していけば、「販売代行会社」のような形に姿を変えていける可能性がありますし、最終的には目標も達成できます。

 

お金がないからできないのではなく、「提供心」を芽生えさせることから始めてみると、視野は開けてくるはずです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~