経験を積み続けるための勉強方法と考え方について(卵焼きの話あり)
ブログを一度離れて、SNSやLINEで情報発信をしていたのですが、
ブログのほうがしっかり書けるのでブログに戻していこうと思うこの頃です。
今回言いたいことは、
単発的経験で物事を終わらせてしまうと勿体ないです。
ということです。

「経験」とは何か?

まず、まじめな書き方をしていきます。

大前提として「経験」とはなにか?という話です。

 

これは興味があるけど知らないことへのチャレンジ」です。

 

コンサルティングをしていて、新しいチャレンジの話をすると、「自分には経験がなくて・・・」という声を多く聞いてきました。

 

しかし、「経験がないからこそ始める」というのが、正解だと思っています。

 

(そろそろ卵焼きの話を出しますが、いかに小さなことで立ち止まっていることがわかるはずです。)

 

なぜなら、「いつ経験するの?」という質問をぶつけたときに、●年●月●日●時●分と答えることができないからです。

 

まずは、自分のことをしっかりしてから・・・
というような内容を永遠に言うことになります。
経験というものは今、この瞬間から始まるのです。

(例)卵焼きの話 その1

①卵を買ってきました。
②そして、そのまま食べています。飽きてきたと言っています。
③卵焼きを作りませんか?と質問すると、「経験がないから・・・」と答えます。
④そして「卵焼きを作るかどうかを考えてみます。」と、また卵をそのまま食べ続けています。
⑤卵焼きを焼いている人や料理をする人は、いろいろな料理を食べています。
⑥「自分は、あんなことできないし・・」とまだ卵をそのまま食べ続けています。
⑦いよいよ本を買ってきて卵を割ってかき混ぜようとしたら卵の殻が入りました。
⑧「やっぱり自分にはできない」とあきらめて、また卵をそのまま食べ続けています。
⑨失敗すると、卵も食べれないし、作るのをやめて卵をそのまま食べることが正しいと言い聞かせています
を食べたいなら、絶対ここまでする必要もありませんよね)
⑩卵焼きの作り方は知っています。

「勉強」とはなにか?

まず、「勉強とは何か?」をしっかり答えることはできますか?

 

●教科書を暗記してテスト用紙に記入する

 

●先生に丸をもらうための行動

 

これは勉強とはいえるでしょうか? 

もしかしたら、人を都合よく、うまく使える為に、上記の事が勉強であると上流階級の人から騙されて教えられてきた可能性があります。

 

そこでとりあえず、勉強に関する名言というものを3つ出してみたいと思います。

 

勉強に関する名言
人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。
・バーナードショー

人に教えることほど、勉強になることはない。
・ピータードラッカー

その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。
・ヴォルテール

勉強に関する名言をひっくり返してみると

個人的に好きな3つを上げてみました。

そして、これらの名言をひっくり返して1つの言葉にしてみましょう。

 

過去に得た不安に執着し、

人に教えることもなく、

知恵を得ることをしないこと

名言をひっくり返すと、してはいけないことが浮かんできます。

 

そして、勉強をする前の基礎というものは、

●未来への期待

●人に教える

●常に知恵をアップグレードさせること

の3つが必要ということもわかります。

 

(例)卵焼きの話 その2

さて、また卵焼きの話で表してみます笑
このほうがわかりやすいはずです。
勉強に関する名言(卵焼き編)
(名言1)
人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。
(卵焼き編)
人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去、卵をそのまま食べていたことではなく、未来に卵焼きを食べたいと期待することである。なぜならば、卵焼きを食べたい人間は、何歳になってもおいしい卵焼きを作るからである。
(名言2)
人に教えることほど、勉強になることはない。

(卵焼き編)
卵焼きを人に教えるほど、自分の卵焼きを成長させるものはない
よりおいしいものを教えないと恥ずかしい・・と思いますよねw)

(名言3)
その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。

(卵焼き編)
10歳で目玉焼き、15歳でゆで卵、20歳になってスクランブルエッグを作れないのはやばい

経験を積むには2歩先を考える

とにかく1歩先しか考えないで行動するのと、2歩先に向けた行動をするのでは、結果が大きく異なります。

この左の図で行動を考えていると、2歩先に何をしたいがないため、人生がスケール(拡張)していかない結果となります。 キャリアアップも難しいかもしれません。

 

しかし、右の図で動いていると、お金は「道具」であるため、しっかりと願望に対するリソースの一つとして

集まってきて、それらを使うことができます。キャリアアップにつながるきっかけもこちら側ではないでしょうか。

 

卵焼きを作ることに対して「卵」「フライパン」「油」を準備します。

 

卵を食べたい!となると、生卵をそのまま食べることになり、面白さはないはずです。

生卵を食べるためだけに、卵を買ったことはありますか?というレベルです。

 

つまり、卵料理の経験を上げていくことによって、行動も楽になり、卵もすぐに手に入り、楽しくなっていくのです。

 

下記の図を見ても、つまらない人生と面白い人生の違いを感じるはずです!

(まとめ)経験を積むには始めることが必要

まとめは、卵焼きの話で締めてみますか・・・笑

 

あなたはなぜ生卵ではなく、卵料理を食べますか?

 

おいしいから

わくわくするから

 

理由はこれくらいではないですか?

動機付けとして、「卵を摂取するメリット」を考えて卵焼きは食べていないはずです。

 

つまり、験を積んでいくにあたって、今、考えても意味がないのです。

 

僕自身も2015年時点までは建設の設計をしていた立場なので、ウェブの事を考えた結果ウェブの事で事業をしているのではありません。

 

「ワードプレス」をなんとなく触り始めて、気になることを検索して、またトライして…を繰り返していただけです。

 

今現在(2021年4月)、企業のウェブサイトの構築、設計、運用、広告の仕事をすることにまで何故か発展しています。

 

興味→D→C→A→P→D→C→A→・・・

(イケるパターン)

 

興味→P→D→C→A→・・・

(イケないパターン)

 

 

卵焼きを初めて作るときに、P(プラン)なんか考えましたか?

もし、そういう方がいたら教えてください。

 

そして、卵焼きすら作ったことがない人物がおしゃれな卵料理のプランを徹夜で何日も考えていたら

迷わず「そんなことしてないで、はやく卵を買ってきて!」というはずです笑

(上を見すぎて勉強しているけど、そもそも卵すらうまく割れないんじゃない?とも思うはずです。大切なのは上をイメージしながら足元から固めていくことです。)

 

大切なのは勉強ではなく

興味→Dから回すことです!

 

そして、卵を割るという基礎ができるから、卵料理ができるということも

忘れてはいけません。

おすすめの記事