おはようございます。

まず初めに、このような写真をよく見たことはないでしょうか?

(雑ですみません)

セミナーをしていて、講師が「生徒に手を上げさせてます感」を出している写真です。

 

そして、【メールアドレスはここ】といってリストを集めていきます。

 

発信(セミナー集客)する立場の人へ、そして受信(みたり、アドレスを入れたり)する立場の人、2方向で話をしていきます。

 

まずは、セミナー集客をしたいという方へ書いていきます。

 

セミナー集客をしたい方用

 

手を挙げた写真を撮ってLP用の素材にする

 

まず基本的な概念として、ネット上のLPや広告で「よく見かけるなー」と目につくものは【反応率】があるということです。

 

どういうことかというと、広告費というものは、広告費以上に利益を出すということが基本となります。

 

売り上げはどこから立つか?というと、リストを落としてくれる人からです。

つまり、リストが取れない広告や素材は使えないので、どんどん消えてきます。

 

それなのに、頻繁に目にするということは、【反応率がある要因である素材】もしくは【リストが落ちる広告】であることが高い確率で予測が立ちます。

 

なので、「手を挙げて生徒さんと楽しく一緒にやってる感」をだした写真を素材として撮っておくといいでしょう。

 

セミナー集客の基本

 

まず、セミナーを何のためにするかというと、「アドレス集めの素材」として活用するためです。

どういうことかというと、あるテーマについてのセミナーを行い、それを収録します。

(本気出す人は、書き起こしまで行いましょう)

 

そして、そのコンテンツを無料で配るのです。

LPに、【〇〇で行われた〇〇セミナーを期間限定で無料配信中】というコンセプトでコピー(爬虫類脳を刺激するような内容)を書き、セミナー動画等のコンテンツとアドレスを交換します。

 

そのアドレスに対して営業活動をすれば、濃い見込み客にアプローチすることができるので、集客、販売までのプロセスがスムーズにいきます。

 

 

セミナーをどうやって行うか

 

では、次に、まずはどういう風にして自分のセミナーに人を呼ぶかです。

これは、もう単刀直入に素早く先に進んでいくために2つの方法だけ書いておきます。

 

  • さくらを使う
  • LPを制作して広告費をかけて無料開催で10人程度集める

 

目的は【セミナーのコンテンツ化、コンテンツ配布】です。

 

そこに速攻たどり着くことだけを考えると、道徳的に無料セミナーを行うまでコツコツやっている暇はありません。

 

セミナー集客のカモになりたくない方用

 

仕掛ける人は、心理を駆使して攻めてくる

 

まず基本的にセミナーをするという人は確実に「利益」を最終的に求めています。

ということは「買わせるためには?」という心理を学んでいて、それを駆使してマーケティングを仕掛けているということを忘れてはいけません。

 

なので、なにが大切かというと、その情報は【欲しい】と思っているのではなく【必要】であるというところまで納得できるかどうか?で判断しないといけないということです。

 

「みんなで手を挙げていて、フレンドリーな人だろうな。救ってくれるだろうな」という理由で、入り込んでいくと、後で痛い目に合います。

 

僕自身もコンサルティングをしてきましたが、1-1コンサルティングでさえ、お金払って話さえ聞けば【なんとかしれくれる】と勘違いしている人は絶対にうまくいきませんでした。

 

なので、「買い物」をさせようとしてくるマーケティングを、そのまま聞いてしまうと浪費になってしまうことでしょう。

 

 

受信者はやはり目標をきめることから始める

 

ほとんどの人は【ほしいと思わされて買う】という行為を繰り返しています。

ご飯でいうと分かりやすいです。

 

お腹がすくと、勝手に体がご飯を無意識で欲します。しかも、きれいでおいしくてボリュームがあるものほど、よだれが出るくらい「本能」で求めます。

 

しかし、細胞的には、そういう食べ方をしても「負担」になったり、「肥満」になったりと、病気に近づいていきます。

 

ということは、食に関しても、情報に関しても「どうなりたいのか?」ということから考え始めないと、絶対に求めている姿にはたどり着かないということです。

 

→IT在宅コンサルタントの目標達成法

 

繰り返しにはなりますが、「だまされた」とか「さぎにあった」とか「おもってたのとちがった」という根本的な原因は、自分との会話ができていなかったり、 コミュニケーション不足です。

 

もしも僕があなたにマーケティングを仕掛けるならば

 

もしも、僕があなたに何かを売り込むとしたら、上に書いたように「あなたがわるい」みたいなことは書きません。

 

だましたり、誘惑して、お金を取りに来るセールスマンが悪いです。

そして、あなたの周りに、あなたのことを気にかけて声をかけてくれる人がいないことが原因です。

 

僕は、数多くの人と話をしてきて、実際に独立させてきた経験があるので、メゾットがあります。

 

そのメゾットを体感してほしいので、無料であなたの目標を聞き、行動プランを立てて、一緒にひとつひとつクリアしていきたいとおもっているので、いますぐ連絡してきてください。

 

一切お金はいただきません。

 

といって、連絡してもらい、いろいろ教えていく上で、かならずお金がかかるポイントがあるので、そこに利益を上乗せしてセールスをしていきます。

 

 

僕が、上から目線でブログを書く本当の理由

 

ビジネスを行っていくことを教えていくうえで、必ずと言っていいほど、あるポイントで多くの人はくじけます。

 

それは、「結局は自分で考えて、自分なりの価値の与え方を人に対してしていきたい」という覚悟が決まらないことにより、脱落していく人が9割くらいということです。   これは机上の空論とか本を読んだとかではなく、2年前の数多くの対面コンサルティングをおこなっていた時期に、目の前で実際に見てきたうえで書いています。

 

変に優しい言葉や、変な誘惑によって人を集めても、結局は速攻くみあげることは難しくて労力がかかりますし、そういうゴッコをするために僕も商売をしたくありません。

 

なので、はじめから読んでいて「耳が痛い」くらいの現実味のある話を発信することによって、「覚悟をきめないとな・・・」という人だけがコンタクトしてくるという状況を作り上げているのです。

 

上から書いているのではなく、これは、お互いにとってWIN・WINになるために・・・・とだけはお伝えしたいことです。

 

 

 まとめます。

 

【セミナー集客をしたい方】

・セミナーに来た人に手を上げさせる

・よく見かけるLP、広告に組み込まれている素材を真似する。

(手を挙げてにこにこしている写真をのせて、見ている人を安心させる)

・セミナーは収録して、無料配布してアドレスを集める

・集まったリストに対して営業していく

 

【セミナーに出て、カモられ、素材にされない方法】

※これはいますぐ行わないと、このページを閉じてからとる行動はすべて浪費につながるでしょう。

・目標設定を行う

→IT在宅コンサルタントの目標設定法

・セミナー内容を使い倒す(セミナーに使われない)

・欲しいと思わされたのではなく、目標達成に必要だと感じていることが大前提

・最終的には、そのノウハウを駆使して世に提供したいという気持ちでいること

おすすめの記事