おはようございます。

 

本日は、高尾山口のカフェからこのブログを書いております。

だいぶ暖かくなってきたので、シャツの裾をめくりながら文字を書いております。

まぁ、そんなことはさておき、自分の精神状況を上に向け続けるということは、とても大変なことだぁと最近おもいます。

 

 

どういうことかというと、ある程度ビジネスがうまくいってくると、時間とお金をもつことになります。

そうすることで、僕らは「爬虫類脳」が目覚めてしまい、浪費のような行動をとるようにプログラミングされています。

 

つまり、余計に手に取ってしまい荷物が増えていくということです。

僕もこの現象によって、ブランド物が増えたり、住まいが増えたり、車が増えたりと、とにかく物がふえていきました。

 

これによってビジネスへの投資分を遊ぶや物質に使うことになりました。

 

その結果、出費が拡大していった経験があるのです。

 

 

断捨離しないといけない理由は、モノを持つとさらにお金、時間を浪費に使うからです

 

例えば、カバン一つ買ったとします。 それも見栄を張っておしゃれで高価なカバンです。

僕は30万円くらいのかばんまでしかかったことはありませんが、それをもった当時、「変な場所に行けないな」とか、「このかばんもっておきながらけち臭いことできないな」とどんどん出費がかさんでいった経験があります。

 

見栄が出費を膨らますという内容は他の記事で「車のローンが返せない?見栄で車を購入した際の落とし穴」で書かれていますので、よんでみてもいいかもしれません。

 

 

お金がある時こそ、短期的満足ではなく、未来に投資をする(超重要)

 

月200万円くらいかせげるようになると、お金を稼いでも、湯水のようにつかって、見栄を張りたくなる心境は誰しももったことがあるとおもいます。

 

しかし、これも大きな落とし穴なのです。

 

例えば、SNSでアップしていいねをもらいたいがために30万円くらいあそんだとしましょう。

 

目的が「いいねをつけてもらい、フォロワーを増やしたい」のであれば、広告費(いいねを買う、過去の投稿を広告拡散する)として30万円つかったほうがおそらく、目的は達成されます。

 

さらにいうと、どうしていいねが欲しいか?というところで、「リスト取りを行いたいから」

という目的があるとしたならが、LP制作、そして広告費に回した方が、遊ぶよりも未来へのリターンを獲得できる可能性をひめているということです。

 

しかし、お金を持つと、どうしても「我欲」(爬虫類脳)が騒ぎ始めて浪費、消費の行動をとりはじめることでしょう。

 

ここを乗り越えないと、事業家から成功者へのステップをあげることはできないはずです。

 

 

上昇してきたときに現れる邪魔もの

 

ただでさえ、油断したら爬虫類脳が騒いで、浪費、消費をしたくなるような衝動に駆られるのに、ここにさらに向こうからの誘惑プラスとして現れ始めます。

 

これは、上昇してきたときのシグナルととらえるといいでしょう。

 

あなたが男性であれば、「女性が寄ってくる感覚」を体感しはじめて、遊びたくなる心情が芽生えることでしょう。

 

しかし、このブログを読んでいるのであれば、「いや、そんなことをしても、自分にもその人のためにも長期的に生きてこない」と思うのであれば、誘惑も冷血になり断りましょう。

 

とにかくお金と時間があるなと思ったら注意する

 

これは本当に僕自身、過去の自分にこっぴどく言いたいくらい反省しています。

この手のことは絶対に知っているはずなのに、もう一つのマインドセットが邪魔してきます。

 

それは「好きなことをできていないのに、自分で仕事をする意味がない」というマインドセットです。

 

僕はこっちのほうのマインドセットを主に取り入れて好き放題やってきましたが、同時に「パーキンソンの法則」を意識して上限、予算を決めるということをしてくれば、今の時点でリターンとなっていただろうなと感じます。

 

とにかく、注意すべき時は「時間とお金があるなぁ」という時間こそ研ぎ澄ますくらいの気持ち、そして注意が必要です。

 

この時間とお金の使い方のレベルが上がらないと、結局は「授業員、事業家」レベルで止まってしまいますので、資産として残るものにお金と時間を使うか、投資をおこなっていくことをお勧めします。

 

僕はこの部分で失敗して、後悔したことを正直に話すので、参考にしていただけましたら、きっと「この記事を読んでてよかった」となるとおもいます。

おすすめの記事