誰でもできる自信をつける方法

おはようございます。

いつぶりのブログでしょうか・・・・笑

 

最近youtubeがメインとなってきましたので

記事として書くことをしていませんでした。

 

youtubeチャンネル

 

今回は、あまりにもおかしい現象がおきましたので、ブログを書いております。

 

「自信をつける方法」にもつながる内容だと思いましたので、書いていきたいと思います。

より快適に、自分ができることをする

 

まずは僕のつい先日の例を挙げます。

 

僕の住んでいる家のポストには複数のポストがあるのですが、

そこの下にチラシが大量に捨てられていました。 

 

絵で描くとこういうイメージです。

このような状況を目にしたときに、あなたはどのように思いますか?

ポストの下が散らかっていた時の心境
きたないな・・・・
誰だよ。こんなに散らかして
マナーが悪いなぁ
不快だ

 

ココを意識して切り替えるのです。

 

○ポスティングのチラシは邪魔だし、要らない。

○部屋に持ち帰るのすらいや

 

こういう人の感情を認めて、次に

 

「あ!ゴミ箱を設置してみよう」とゴミ箱を設置してみました。

 

 

有料ゴミ袋ももちろん僕が用意し、設置してみました。

「そんなの自分がする必要ない」と思った瞬間に自信を無くす

 

僕は、さきほどのポストの下を散らかったチラシを見て、「チャンス」だと思ったのです。

 

なぜなら、この環境を整備するのは「大家」か「住民」しかいないのです。

 

だからこそ、ここを速攻で整備したら、「余裕のある人間」になれるのです。

 

自分を客観視しても、自分の部屋も綺麗な人物なはずです。

 

このようにして、人がやらないところを手をつけていき、自らの自信をつけていきます。

 

どうしたらもっと快適なゴミ処理ができるんだろう・・と考えるのです。

こういうことをしていると、「心に余裕」ができてきます。

「お金と時間」にコントロールされる動物たち

 

「仕事」というのは、「時間とお金を交換する」というものではありません。

「仕事」というのは、快適を与えることです。

 

人が面接に行く際、

「人が豊かになることをする」

「人を快適にさせる」ために仕事をします!

と面接でいうはずです。

 

しかし、本当にそうですか?という真実は、こういうところから一発で分かるわけです。

(ゴミ箱をおきましたが、それでも散らかってましたけど・・・)

 

不快から快適にして自信を生む

この「人が豊かになること」「人を快適にさせる」ということを本当に思っているならば、【残業代が出ない】のような類の言葉が出るはずがないのです

 

「こんなにがんばっているのに、給与が上がらない・・・」

 

時間とお金をリンクさせるのではなく、不快を解消していくことにフォーカスすると、

日頃のストレスが軽減され、自信を生むことにつながるでしょう。

 

先ほどのゴミ箱の設置も、散らかす人にとってはゴミ箱があるないは、関係ないのです。

ややこしいから本当のことを言え

これは、本当に思います、

人を快適にさせたいんです!といいながら「自分の現金や利益のことばかり考えている」ならば、はじめから「現金を稼ぐ方法」「自己中になる方法」を追求すればいいのです。

 

【奪え!そして好きに使え!】です。

【奪うなら、法に触れないテクニックで奪え】と言い換えていきましょう。

 

これを実際にやっていけば、おそらく本当の意味の仕事、いや「愛」の大切さがわかってきます。

そして、自分を経由するものが、よりいいもの変わるような役目になることの大切さがわかります。

 

浄化槽のフィルターのような感覚です。

 

中途半端に自分に嘘をつくから、何も悟れなくなるのです。

だからこそ、僕はもうここに自信を作るための答えを書こうと思っているのです。

 

1、見返りを求めず

2、今ある環境で

3、人の快適にフォーカスして

4、自分がこころみる

 

これをすれば自信が湧いてきます。

 

そして、この自信のもとに取った行動は、さらに自信が付くようなことを実らせます。

おすすめの記事