「時間がある」は関係ない話

こんばんは

今、散歩をしながら自分自身にも言いたいことがあったので、ブログ記事として書いておこうと文を書き始めました。

時間があったら自分のビジネスも進むのに

時間があったら〇〇ができるのに…

とかそんなことを考えて頭を悩ますということもあるのではないでしょうか

しかし、自分の経験をもとにこれに言及すると、サラリーマン時代の方がよっぽど作業量が多いという摩訶不思議な事実を経験しました。

時間があるといつでもできる状態だから、結局取り組めないということに悩んだことがあるのです。

 

あんまり大きな声で言えませんが、仕事の合間時間で自分のビジネスを頑張ってる方の方が僕よりやってます…笑

つまり時間がある。というのはあくまで時間を抜きにした行動があって初めて、使える時間の量が変わるくらいにしかならないということなのです。

「時間があるからできる」ではない

むしろ時間がない人の方が、とても作業が早く進みます。

遊んでいる時もそうではないでしょうか?

時間がないときほど、なぜかしたいこととかがどんどん出てきて、暇なときほど、したいことすら浮かばなくなるというあの感覚です。

時間さえあればとかそういうことではなく、時間がなくても出来ることをしないことには、時間があっても出来ないということはほぼ間違い無いはずです。

時間に使われると最悪

時間があるということは、その時間は誰かに狙われていると思った方がいいです。

とくにアドレナリンのような快楽物質を埋め込まれたら、その時間帯は永遠とその快楽物質にとられていきます。

ゲームアプリを無料でダウンロードできるのも、アドレナリン等の快楽物質をユーザーの脳に埋め込み、そのあとから課金等の金銭に変換させていくのです。

人を自分のお客にするプロのような集団が世の中にはたくさんいます。

時間という枠を第三者使われるのか、自分が時間という枠を自分で獲得できるのか?

この部分が未来を大きく変えることになるでしょう。

どうせならいい情報に影響される

人は何かしらの情報に依存しないと、動けなくなるというのも事実でしょう。

〇お金に依存する

〇アドレナリンに依存する

〇自己啓発に依存する

〇異性に依存する

〇お酒に依存する

〇インフルエンサーに依存する

この部分を、どうせ何かに依存するなら

とかんがえてみると、

人の笑顔に依存する

とか

綺麗な言葉遣いに依存する

とか

健康に依存する

とか

美に依存する

とか

●自分の輝かしい未来に依存する

自発的に取り組めることに依存すると時間も味方になってくれるはずです。

…よく読んでみてください。

下の方は自分の意思からきている事がわかります。

 

トリガーを埋め込まれて相手がスイッチを持っていたら、僕らは操り人形になってしまいます。

一番の大嘘

世の中に混在する大きな嘘として、「あなたのために」が一番矛盾にあたるような気がしています。

自分のためにあなたのために

と言っているはずです。

何回も書いていますが、お互いが自分のためにならないことをすると、必ず弊害が起こるとおもいます。

 

自分のために稼いでください。

僕は自分のためにお酒を頂きますから

 

自分の欲しい服のために施術してください

私は綺麗になるためにエステに来てますから…

 

のようにフェアになるはずです。

お金を払ってるだからこうしろよ!

みたいな感じで相手に乗っかると、相手の機嫌が自分に移ります。

あなたのためには何もうみません。

恋人の笑顔を見たいからというのも自分のためなはずです。

恋人なのに笑顔も見せないのか!みたいになると苦しくなっていきますよね笑

社会と共存した人生にしたいというのも自分のためなはずです。

社会のために仕事してるというのであればそれは時間は使われる側なので、つまらなくなるはずです。

常に時間は自分が使う

まとめていくと、時間は自分が使い、誰かの時間を得ていく努力をすることで、再び時間が自分に来るという感覚でスケジュールを組むとうまくいくはずです。

 

会社でもそうなはずです。

会社が〇〇さんの時間に依存すれば会社は〇〇さんを手放せません。

時間を取られるスケジュールを組むと後が苦しくなるということも覚えていてもいいかもしれません

まずは時間を使って誰かの時間を満たすことから考えてみましょう!

おすすめの記事