おはようございます。

以前、僕のブログで「誰でもできる自信をつける方法」として、

 

住んでいる場所のポスト下に、チラシが投げ捨てられていたので、自主的に、ごみ箱を設置した

 

ということを書きました。

記事はこちら

https://malya.sakura.ne.jp/create_walks/jishin/

 

 

そして、その結果、ごみ箱からもあふれていて、

 

袋にすら入れることができないのか、この人たちは・・・・・

 

と思って、

 

「散らかす人は散らかす」

「●●さえあれば・・・では解決できない」

「綺麗にできない人は、きれいになれない」

「救いようがない」

 

など、ぼろくそしゃべってしまいました。

詳しくはこちらのyoutubeでしゃべっているので聞いてみてください。笑

 

人(事業家)として大きな間違いを犯してしまいました。

 

もう、認めます。

 

「置いたごみ箱が小さかったせい」

 

・・・つまり100%僕のせいだったのです。

 

そう思った僕は、すぐに、またアマゾンでゴミ箱を購入しました。

 

僕は

「せっかくだから快適な空間を作りたい」

ということでゴミ箱を設置したはずなのに、いつしか「綺麗に捨てれない人」の悪いところに目を向けていただけであったのです。

 

もしかしたら、他のことが優れていて、ポストに入っている不要なチラシを下に捨てるくらい、他に、とびぬけている才能を持ってる可能性がある・・・・

ということで、僕はゴミ箱を新しく購入して、設置しなおすと、きれいに捨てられていました。

 

人(事業家)としてまずは完敗する

 

ポストの下にチラシが散らかっていたとしたら、さまざまなメンタルブロックを越えないと、こういう類の行動はできないはずです。

なぜなら「負ける行動をする」からです。

↓戦い、争いの思考

【レベル1の思考】なんでポストのごみを下に散らかす馬鹿がいるんだよ

【レベル2の思考】大家さんに言おうかな

【レベル3の思考】自分が何かを設置しようかな

【レベル4の思考】それでも汚れる→ふざけるな

【レベル5の思考】置いたものがいけなかったのかな。そもそも何のためにおこうとしたんだっけ

【レベル6の思考】無償の提供、改善

↑負ける思考

褒められることを求めることなくさりげなく提供しよう)

 

自分の機嫌を自分でマックスに持っていかないと「提供」の心が出来上がらない

 

※超重要

人の話を聞いて、よく観察してみると、あることがわかってきました。

それは

 

自分の機嫌を自分で取れない人は、ほかの人の機嫌も取れない」ということ、

そして「機嫌がいい人に近づき、機嫌のいい人の機嫌を奪う傾向がある」

 

ということです。

超重要なので、もう一度書きます。

 

自分の機嫌を自分で取れない人は、ほかの人の機嫌も取れない」ということ、

そして「機嫌がいい人に近づき、機嫌のいい人の機嫌を奪う傾向がある」

 

自分の機嫌が上がる喜びをシェアしたいというのが本質

 

僕は部屋をきれいにしていて、すごく機嫌のいい状態で部屋で過ごしています。

むかしタワマンを借りていましたが、その時よりも今は空間というものへの意識が高まっているので、機嫌はタワマン時よりもいいと思います。

 

なので、オートロック入ってすぐポスト下が汚れていたら、帰ってきた瞬間から「機嫌が悪くなる波動」を身に着けてしまい、毎日のパフォーマンスが下がるな・・・

と僕は思ったのです。

 

そこの解消をすれば、もしかしたら同じ場所に住む世帯すべての機嫌があがるかもしれない

という想いで【レベル6の思考】までたどり着くのです。

↓戦い、争いの思考

【レベル1の思考】なんでポストのごみを下に散らかす馬鹿がいるんだよ

【レベル2の思考】大家さんに言おうかな

【レベル3の思考】自分が何かを設置しようかな

【レベル4の思考】それでも汚れる→ふざけるな

【レベル5の思考】置いたものがいけなかったのかな。そもそも何のためにおこうとしたんだっけ

【レベル6の思考】無償の提供

↑負ける思考

(自分が褒められることなくさりげなく提供しよう)

 

もし、僕が、家がちらかっていて、ただ寝て、適当に過ごしていたら、ごみ箱も設置することもなかったでしょう。

そして、小さいゴミ箱を置いたときに、それでも散らかるという現象も確認できなかったでしょう。

 

こうやって「自分の機嫌をあげる」ことをするだけで、結果的に、いろんな知恵が「天」から与えられます。

こういうポスト下には、「ごみ箱を置けばいい」ではなく、「もともと散らかす人だからこそ、良質で捨てたくなるようなゴミ箱を置いて、クリーンにする気持ちよさを、さりげなく教えること」が正解だな。と・・・・

 

そうやって、自然と「人をリードする人間」「事業者」へと僕は上がっていくのです。

起業家成功マニュアルを読んで事業者になっていくものではなく、

こういう心の持ち方が次世代の成功の秘訣かな・・・と個人的に思っています。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめの記事