常に因果で物事を考える癖をつける

どうして花が咲くか?

一番わかりやすい例えをすると、「花」です。

hana

ホームセンターに行ってみてください。

 

おそらく、ガーデニングのコーナーがあります。

そこで、多くの人は「どの花がきれいだろう」と花に目がいきます。

 

そして、その花を咲かせる「種」コーナーにはほとんど人がいません。

tane

まさに人間の心理そのもの

このきれいな花を探すことが人間が好きなことです。

他にも例をあげます。

 

「きれいな食事」

⇨その食材や、シェフの経歴、産地を気にする人はわずかです。

dscn2686

(注意)「この産地はどこのですか?」とか聞いたり、シェフを追うセレブは、

『なぜこの食事が、いま目の前に出されているか』気になっていて、それを知りたいからです。

 

「夜景」

⇨なんでその明かりがついているか?

⇨そして、その夜景をみて喜んでいるのならば、残業や、遅くまで活動することで、夜景として楽しんでくれている人がいるんだな。と思う人はわずかです。

dscn4296

 

「お金」

⇨なんであるか?よりも紙幣にしか、目がいかない。

 

因果を理解していないことによる弊害

「身の回りの環境」

⇨その環境は自分が作っているんだということに気づかない

 

「人をねたむ」

⇨なんで他の人はきれいに咲いているんだ

 

「自身暗鬼になる」

⇨どうせ自分なんて・・・

 

すべては種からできている

もしも、あなたが太っているのならば、かならず太る原因が毎日の生活要素に含まれています。

 

もしも、あなたが「多忙」ならば、多忙になる種を持っています。

 

もしも、あなたが成功を感じたのならば、かならず「こころあたる頑張りや決断」があります。

 

もしも、あなたが風邪ならば、風邪を引く原因があります。

 

すべては2度作られている。

物事が現実に見えてくる前に、かならず、見えないところで1回作られています。

パズルを思いうかべてください。

 

まず、どういう絵になるか、わかっているから、ピースを埋めていくことができます。

 

家もそうです。

 

まずは、設計図があるから、組み上がっていきます。

 

つまり、まずは「脳」で1度つくることができないと、なにもできるわけがないのです。

 

もう一度言います。

 

まず「脳」で1度つくることができないと、あなたは、なにも実らせることができるわけがないのです。

 

なぜ有名人に憧れるのか?

なぜ人は、有名人に憧れて「表面」を真似しようとするのでしょうか?

 

メイクの仕方、アクセサリー、ブランド・・・・・

 

同じものを使っている一般人もいるのに、不思議ですね。

なにを追ってるのだと感じますか???

 

花を追っているが深いところでは生き様を追っている

人は、有名人を追いかけるのは好きですが、

これから目立つであろう人を見ることは大嫌いなはずです。

 

芸人でもそうです。

「この芸人はどうせ一発だ・・」

 

そういう目でみてしまうものが人間なのです。

まずは、ここを理解しなければ、あなたは前に進めません。

 

しかし、実は「この芸人はどうせ一発屋だ」といいながらも、

心の中では、もしかしたら、伸びてくるのかな・・・と1ミリくらいは思っているはずです。

 

100%1発屋だ!と思っていたのならば、コメントを残すまでもしないと思います。

 

つまり、これからどうなるんだろう。と気になってるから「一発屋だろ!」というセリフを吐くのです。そして、実際成功したら態度を変えます。

やっぱりなんかくると思ってたんだよ。。 とコロッと態度を変えます・・・(これは庶民です)

 

すべて因果で考えるとうまくいく

例えば、こういうことがしたい!と思うことがあるとします。

そうしたときに、どういうことをすれば、そういう結果になるかな?と考えるわけです。

 

そして、どんどん種をまいていくのです。

※タネさえまけばいいのです

(例)世の中には日本語を喋りたくて日々努力している『スペイン人』もいます。

私たちは、何も意識しなくても日本語がわかります。

なぜだと思いますか?

日本語を喋ること以外ありえない環境で生まれ、育ってきているからです。

日本語を喋ること以外ありえない環境にいることが「種」です。

そしたら自然と日本語が喋れているだけのことです。

人気記事を読む

→収益型実践プログラムとは

実際にやってると、解決策は、このような流れで説明できるようになります。

得たい結果にたどり着くための、一本道を作れさえすればいいのです。

 

つまり、なりたい姿になるには??

簡単です。

なりたい姿で生活している人からすべて盗み取る。

学ぶことではありません。盗むことです。

ただそれだけです。

 

すると、なにが起きるか?

土の中に埋まっている「種」になることができます。

もっと言えば、素晴らしいメンターは

どうすれば成果が出るか?という結果の種を植え付ける方法を知っています。

 

どういうことか??

表面に出ている花は、誰かに踏まれたり、ちぎられたり、わーわーいわれてうるさいですが、

種になることで、あとは放っておけば、何度も花を咲かせることができるようになるということです。

 

因果の法則を深く理解しているかどうかで、

90年生きていて理解していない人、10年生きて理解できている人とでは、

まったくの別次元の人生になります。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事