暇で自信がない時ほど自己啓発を見てしまう理由と解決方法

今回の記事は、読むと視界がクリアになると思います。

個人の時代という風潮が進んでいく中、その道を進む個人は自己啓発というものを経由することになるでしょう。

しかし、ここで一度冷静になりましょう。

自己啓発で商売をする人間のターゲティングを考えるのです。

自信がない

将来が不安

見えない未来に恐怖

何かを信じたい

こういう事を考えている人に向けて自己啓発を発信しているはずです。

こういう系統の発信をしている人は何を商品としているか?という本質的なものがこの記事の後半ではっきりと分かるようになるはずです。

 

簡単に結論をまとめると、自己啓発にハマる時点でお客さんなのです。

 

自己啓発を学んで意識が高い系のようになっているけど、一人になると自信がない

そんな精神状況になっている人は大勢いるような気がします。

そこで、こういう自分を脱するために、なぜ自己啓発を見てしまうか?という理由と対処方法について考えてみたいと思います。

自己啓発に溺れる寂しがり屋

一番はコレです。

「見えない未来を見たい」

という欲には

答えを見たい

味方をつけたい

できなかった時の言い訳を作っておきたい

何かに捕まって進みたい

など、「依存」の種のようなものを持つことになります。

その結果、自分を信じて進むことよりも、何かを信じて離さないことにフォーカスしてしまうことになるのです。

綱渡りを想像してみると分かりやすいので、綱渡りを用いて対処方法を続けて書いていきます。

 

自分の歩いた軌跡、足元を信じる

たしかに新しい情報を取り入れない限り自分の行動は変わることはありません。

しかし、人間は「自分がみたい情報しか見れない」という認知バイアスが存在します。

つまり、自分が変わることでしか学ぶことはできないということになります。

経験をしてきたことに対してにしか真の信用は持てないはずです。

 

足元を見る前にキラキラした外部の情報に逃げると、迷いは付き纏います。

自己啓発はバランス棒のような役割でしか無いのに、バランス棒にしがみつくことだけしか考えていなく、気がつけば足元に何もない…さらにバランス棒にしがみつく…

 

自己啓発を聞きに行ってるけど自信がない人を数多く見てきました。

○○も言ってたなど外部情報をずっと唱えています。

 

バランス棒を持ちませんか?から始まり、バランス棒に依存させ…足元の地から目を背けさせながら足元の地は抜かれているのです。

自分が変わる時

自分が変わる時というものを考えてみましょう。

僕が思うのは、「フルスイングでやり切る」までは変わらないと思っています。

お腹が空いている状態で「食べ方」のマインドセットを入れるよりも、食べまくって体調を壊して死にかけた方が、食べることに対する考え方が変わるというイメージです。

情報に対する想いの深さやパッションが変わります。

どんどん経験を通した体感を信じていく方が変わることは早いと言えるでしょう。

 

自分の足元が見え始めるのです。

自己啓発ができている時は自己啓発を見ることはない

プライベートな時間で話す内容で、「モテる人はモテる方法に興味がない」という話をよくします。

周りを観察しても、実際に異性に困ったことがない人は、モテる方法とか考えたこともないはずです。

さらに、モテる方法を教えたとしても、本人と同じように再現性があるものでもないと捉えているので、それを仕事にすることもありません。

つまり、自己啓発は再現性の保証はなく、商売としてやっているか、自己啓発ができていない人が書いている場合がほとんどということになります。

 

自己啓発ができているときは、自己啓発を勉強している暇はないのです。

 

このブログを含め、他人の自己啓発情報を手放すのです。

 

自己洗脳のための自己啓発

少なくとも僕は自己啓発は意識しないと出来ないから、自分で書いて自己洗脳して行動を作っていく感覚でブログを書いています。

誰かに洗脳されるくらいなら自分で自分を洗脳しようというのが自己啓発を書く理由です。

漢字を見てください。

自己を啓発するのです。

 

他者を啓発している!」のようなことを考え、おこがましい事を言ってる奴ほど思考が浅く、自己啓発が出来ていません。

 

なので、あなたも誰かの自己啓発に洗脳されるのではなく、自分で自分を洗脳する事を考えてみると自信が復活してきます。

 

すると、自分に向けて書いてあるはずの自己啓発に「共感しました」と勝手に洗脳者が現れるようになります。

 

自分の洗脳は自分でするのです。他人の声は認知バイアスがかかっていてどっちにしろ聞こえません。

 

自分を洗脳できない時は行動をしてでも自己洗脳するための道具や情報を仕入れるのです。

 

マインドシェアは他人に奪われた瞬間から自己のコントロールがおかしくなっていき自信がぶれやすくなります。

 

自己を啓発するために情報発信、行動を行うのです。

あなたを確実に一番大切に出来るのは、あなた自身なはずです。

 

そして、自分を大切にしている人に対して、「自分もこの人に大切にしてもらえるかも」と外部からの矢印が向いてきて、自然とモテるようになるのです。

 

まだ書きたいことはありますが、今回はこれくらいにしておきます。

 

公式ラインも少しずつ人が集まってきているようです…よければぜひ登録しておいてください。 人生が変わるようなきっかけが届くかもです。

https://lin.ee/v1r1m8z

おすすめの記事