働き方改革は、「無駄な業務削減」で解決できるのか?検討してみました

働き方改革に必要なものは?というアンケートがテレビで流れていました。

 

無駄な業務を削減(75%)という結果でした。

 

そこで、僕個人的に書けることがないか?と考えていました。

 

最近エネルギー効率の復習をしていたので、その視点からまとめてみたいと思います。

無駄な業務削減・・・入力と出力が同じになることはない

一番は「無駄」があるからお金が動くということを強く感じています。

例えば、入力が10で、出力が10ならば、漏れはありません。

 

鉛筆が削れていくから、鉛筆を買うのです。

鉛筆の効率が100ならば、鉛筆は削れることはなく、鉛筆は常にポテンシャルを保ちます。

 

そもそも、入力が10で出力が10というような現象はこの世に存在していません。

永久期間が存在しないということが事実であれば、入力に対して無駄は生まれるのです。

無駄な業務は消すものではなく、生まれるもの

これらの視点で考えると、何かエネルギーが移動すると無駄は生まれるようにできているのです。

 

つまり、無駄な業務時間を削減するのではなく、

何かに他に変換させるという視点になる必要があります。

 

これは、何を表しているかというと、

非効率な時間を使う人材や部署、

物質を他のものに変えるということになります。

無駄な業務を削減したいなら無駄を入力に充てる

例えば、ある機械にエネルギーを加えると、運動+熱でエネルギーは分散されます。

無駄な業務の削減を行うということは、

その時間をより効率のいいものに使う・・ということは、

漏れたエネルギーを何かに入力させるということになります。

 

(鉛筆だとこういうイメージかと思います)

長所を見つけないといけなくなる

先ほどの図を見るとわかるように、「いい部分」を理解した上で、相性の良いものを入力をしないと、出力に無駄が出るということがわかるはずです。

その無駄を、さらに「効率の悪い場所」に入力しても、パフォーマンスは出ません。

(鉛筆でガラスには文字を書けないですよね)

 

入力するものの長所を理解した上で入力しないと、永遠に漏れるということになります。

 

「無駄な業務を削減」とは、いいところを発見することである

以上のことから、働き方改革は、「人の良いところを発見できるかどうか?」が鍵となるということです。

無駄を消せ!ではなく、無駄にしないような使い方を一人一人が意識できるかどうかです。

ライオンでさえ、100発100中で獲物を捕まえることはできません。

25%と言われています。(調べてみてください)

 

無駄があるから、他に餌が回ったり、生き延びれるものがあるのです。

「無駄な業務の削減」ではなく、無駄をどう使うか?を意識するか、どういうものに入力させるか?を考えてみるといいでしょう。

 

こうならないために、本を書いておりますので、よければ読んでみてください。

すべてを生かす
すべてのことを活かすことを考える
ポジティブなこともネガティブなことも、すべてを活かすことができないか?と考えてみることで落ち込む回数を極端に減らすことができます。 
あなたは最愛な人に振られたとき、相手を活かすという視点をもてるだけでも心が豊かな気持ちとなるでしょう。
おすすめの記事