ささやかな願望をかなえるためには

「ノウハウ、テクニックを知りたいんです」と最初から話してくる人がうまくいかない理由は明確です。

それは、なんのためにそのテクニックが必要なのか?や、そのテクニックによって生まれた結果をどう使いたいか?など、テクニックやノウハウの先のことまで考えていないことによって、少しめんどくさいノウハウを実践することさえできないケースを多く見てきました。

 

自分はどこに向かっているのか?という目的地がないと、その取り組んでいく意欲というものは湧きません。

山に行きたいと思っても、なんのために山に行くのか?という目的がしっかりあるかないかで、モチベーションは全然違ってきます。

 

つまり、何をするのか?ということより、なんでそれをするか?というここの原点がしっかり固まっていないと、何を知っていてもうまく知識やスキル使うことができないということです。

 

目的のないキャンプ

キャンプというとテントを張ったり、火をおこしたり、はんごうでご飯を炊いたりという知識やスキルがあります。

そこで、キャンプをしたい理由がない人に、アウトドアで過ごす方法を教えたところで、熟練されたテクニックは反映されてこないことはわかります。

 

よくノウハウ系を購入する人は、目的が結局は「現実逃避」以上のなにものでもない場合の人が大半なので、熟練されたテクニックは完成していかないのです。

結果として、うまくいかず、「ノウハウがおかしい」と言っているノウハウコレクターが量産されてしまうということです。

 

自分の基準値を壊せない人がほとんど

なんとなく現実逃避でノウハウを購入して、うまくいかなかったという人の相談をよく受けるのですが、そういう人にはある共通点があります。

 

それは、ノウハウさえしれば・・・という「ゴール地点」に一気にたどりつけると勘違いしているということです。

例えばFXや転売などのノウハウを購入して実践さえすれば、自由なライフスタイルを送れるようになると思い込んでいるということです。

 

なので、この手のタイプの人には「そのノウハウで得た資金をどういう風につかっていきたいのですか?」と尋ねたところ、生活費に・・・という答えが返ってきます。

 

つまり、どんなに頑張っても生活費以上にはならないと思い込んでいるので、すこし面倒くさいノウハウを学んだとしても「これをするくらいなら、いまの環境で頑張ろう」と自分の中でリミッターを作る傾向があるようです。

これによって収入の限界値は、なかなかその人の基準以上にあがっていくことはないということです。

 

これがさまざまな人と直接会って話を聞いてきていることによってわかったことです。

すべては通過点

なんでもそうだとおもいますが、わからないことやできないことができるようになっていくためには、先の道筋がなければいけません。

小学校→中学校→高校→・・・

このように次のフェーズがあるからこそ人は、次のフェーズに向けて今をどう過ごすかを考え始めます。

 

しかし、社会に出てからのフェーズは自分でしか決めることができません。

ノウハウはスキルをつけたとしても、それはどこにむかうために必要なスキルやノウハウなのか?

そして、達成すべき事柄は何なのか?

 

こういうことの小さな積み重ねで上にあがっていけます。

山のゴール(頂)ではなく、1合目、2合目などの、小さなゴール(区切り)であり通過点なのです。

ささいな願望からスタートラインに立つ

誰でも「こうなればいいな」などのささいな願望はあるはずです。

そうすれば、そのささやかな願望を1つめの山の頂点に設定して、1合目、2合目・・とゴールを設定して、上り始めればいいのです。

 

そこで必ず必要な資金や時間が発生してくるとおもうので、資金とお金を確保するための手段としてノウハウを探して購入すれば、そのノウハウは自分の目標として購入したという自覚が芽生え、他責ではなく、自責としてとらえることができるでしょう。

 

この自責で物事を選択できるようになればあなたは、道を設計し、必要に応じて書物、人から学び、進めばいいのです。

この繰り返しによってあなたは、そのささやかな願望を達成することができるでしょう。

 

まずは紙とペンをもち、あなたのささやかな願望を書き出してみてください。

あなたが進むべきルートが見えてくるはずです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

【結局はこの記事・・・クリックで読めます】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連・マーケティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京4箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始 2015年~