本日は朝から掃除して買い出しにいき、家でくつろぎながらインスタDMで会話しておりました。たまにはブログを更新しないですね。

インスタ→ sh_kama41

ご本人見ていますか・・・?笑

ちょっとしたことでもDMで話をすると、すっきりしますよね!

 

実は、さりげなく知り合いの人とかがブログを見ているので、あんまり偉そうなことは書きたくないのですが、まぁ書きます

 

「このまえこういうこと書いてたでしょ?」

と聞かれて

「あ、書いたような気がするけど忘れた」 みたいな会話がちらほらあります笑

 

単純にいま暖房の風を直接当たっていて、「あー、体にわるそう」と風向きを変えた瞬間に、ひらめいたタイトルで書こうと思いました。

 

 

アルプスの空気を取り込んでいてもフィルターが汚いと、取り込める風も汚い

 

説明しなくてもわかりますよね・・・

 

僕らの思考にはフィルターというものが存在しています。

例えば、【気に食わないことは怒らないとだめだ】というフィルターを持っている人にとって、飲食店でまずいものが出てきたら、思わず

 

「なんだこれはー!」と怒るでしょう。

 

しかし、【出てくるものは楽しもう】というフィルターを持っている人にとっては、まずいものが出てきたとしたら

 

「わぁ。やべぇもの食べたな・・・何をまぜたらこんな味になるんだ」と楽しくなります。

 

ということは、どんな現象が起こるか?ということよりも、どうとらえるか?という方が大切なのです。

 

 

新鮮な空気を取り入れるけどフィルターが汚いVS汚い空気を取り入れるけど、フィルター性能が抜群

 

この2つで勝負したとしましょう。

 

うーん、絵を描いた方が分かりやすいですかね・・・

ちょっと面倒なので、頭で思い浮かべてほしいのですが、頑張ってかきます笑

 

 

このように、インプットするものは2つの変数(空気、フィルター)が絡み合って入ってくるのです。

この空気についてはあとから触れます。

まず言えることはフィルターが汚れていたら、いい風は入ってきません。いい風をいくら取り込んでいても、出てくるものは汚れています。

 

では、まずはフィルターをどうやって掃除するかを考える必要があるので、方法を書いていきます。

 

 

むずかしくて眠くなると思うので、いいやーという人はこのあたりで閉じてください笑

 

 

フィルターのつまりを見つける、そして取り外す

 

これは実際のフィルタ―掃除と同じです。

どういう風にするかというと、とにかくブロックしない思考で、入れてみるのです。すると、「違和感」を覚えるところが出てきます。

 

ちゃんと読んでもらえるように、で説明していきますが、例えば、なんも感情を抱くことなく誰かとそういう行為をしたとしましょう。 すると、「ん?なにこの消費感・・・」みたいな感情が出てくるはずです。

 

そうすると、次からは、ブロックをする必要はないけど、自分は今はそういうのは求めてない。など、入ってきた空気にそのまま触れながら、それを吸い込むかどうかを自分で決めることができるということです。

 

これができると、どうなるかというと、身の回りでそういう行為をしている人に対しても偏見を持たなくなります。

 

ブロックをしていると、あいつばかだなー女ったらしだ! とかそういう風に外の風景が見えてしまうということです。

 

これも図を入れたほうがいいですかね・・・

 

とにかく言えるのは、自分の中で心の壁を作ると、「妬む気持ち」「不平不満」「なきごと」などの感情が自分の中で芽生えてしまうのです。

 

だから、まずは「受けるだけは受ける」「経験する」ということをして、フィルターをきれいにしていくことを始めてみてください。

 

その経験をもとに、変なブロックをどんどん取り外していくと、自分の価値観のまま景色がみえるようになっていきます。

結局、外側が汚く見えているのは、外側が汚いからではなく、フィルターが汚いからです

これに気付いていかないといけません。 

ポジティブ思考になれるかどうかというものは、このフィルターの透明度、そして入ってきたものをどう感じるか?という力がどれだけ育っているか?ということです。

 

フィルターが汚いと、思い込みの世界の色が反転する

 

さぁ、話がややこしいのでどんどん眠くなっていきますよね笑

そろそろおわります。

 

これはどういうことかというと、よく相談される内容をきいていると、

「えー・・・それってラッキーなことなのに、なんで暗い方で考えるんだろう」と思うことがあります。

 

相談

→「彼女が浮気をしました。どうしていいかわかりません」

 

答え

→「どうしなくてもいいです。 好きで頑張っていたけど彼女は違う人と寝たんですから、このまま進んでも同じ事態は起きました。今わかったので、ラッキーです。また新しい人を探しましょう」 

 

これを自分で解決しようとすると、

間違えた答え

→「自分の何がいけなかったんだ。直すからどうしてでも振り向かせたい。貢いでもいい。すべてを許すから、ずっと離れないで彼女に尽くそう」

 

これをしてもほぼ無理です。笑

 

しかし、今この状況に直面している方は、フィルターの色ができてしまっていますから、何を言ってもフィルターの向こうは否定的に見えるはずです。

 

なので、まずはその出来事に感謝をすることから始めてみてください。

「こんな想いができるということは生きてるんだなー」

とか

「きっと彼女も自分との出来事の中から何かを学んで次へいくんだな。がんばれよ」

みたいなことを思って感謝して手放すことをしていけば、フィルターは外れて、また新しい景色がみえてきます。

 

こういう風にいってもおそらく、男性は

【いや、彼女は、つよがってるだけだ。俺が簡単に手放すと彼女は悲しむ・・・・・】

そういうふうに使命感を燃やしていますよね?  そんなことはしなくていいです。

あちらにも、次の修行が訪れるのですから。 僕らは僕らで次の修行をしましょう。

 

ふぅ。 できるだけ見えないことを可視化できるように書いたつもりですが、わかりやすかったですかね・・・

 

とにかく、冬もエアコンのフィルターは掃除したほうがいいですよ!笑

僕は明日フィルター掃除するとします・・・

 

 

おすすめの記事