「コロナ破局」にならないためのシンクロコミュニケーション

コロナで恋愛が終わってしまうカップルもいるのではないか…と検索してみたら、まさかのヒット!

コロナの影響は経済だけではなく恋愛にまで及んでいるとなると、対応策を考えないといけないですね。

今回は、コロナ破局にならないための恋愛コミュニケーションについて書いてみたいと思います。

僕のブログは、とにかく足元を固めるためことに特化した内容にしているつもりなので、この手の内容についても触れていきます。

コロナは真の繋がりを試される

人は焦りや不安を感じた時に根の部分を表す傾向があります。

つまり、落ち込んでいたり不快な事がある時ほど、しっかりとしたパートナーシップを築けることができるか?という事が問われるともいえます。

きれいな部分で繋がっていることはとても素晴らしいことです。

しかし、人は焦りや不安を感じたときの行動というものほど、支え合いたいと思うものです。

コロナ破局がよぎったら、コロナ破局の次を考える

会えないから、寂しいから、つまらないからという理由で別に目がいく事があるとしたら、それは変わりがいるということになってしまいます。

「快」でしか人と繋がれない状態だと、「不」の状態が現れるたびに別れが癖になってしまう可能性があります。

コロナによって破局し次に行くという選択も価値観によるものですが、シンクロ感を得る事はなかなか厳しいのかなという感じです。

コロナ破局はシンクロコミュニケーションで超える事ができる

シンクロコミュニケーションって何だ!

となるとおもいますが、僕も知りません。今名前をつけました。笑 

というのも、パートナーとの波長(リズム感)があっていれば連絡を取る回数が減っていても、会えない事に対して寂しいという感情に襲われるとかは無いからです。

もちろん会いたいという気持ちは付き物ですが、会えない時ほど何気ない会話を楽しんだり、笑い話をしたり、今できる事の話をしたりと前向きな会話で埋めています。

すると、だんだんシンクロしてくる感覚になり、コロナ破局というものすら感じなくなるのです。

弟の代わりはいるか?

恋愛というものと、家族というものは少し特性が変わっていきます。

家族というと、兄弟であるならば離れていたって会えなくても、弟は弟です。

変わりはいません。

つまり、恋愛(高揚した気持ちになりたい)というのと、家族(深く長い繋がり)は別物でもあるとしっかり頭の中にあるだけでも、冷静にパートナーとのコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

短期的快楽を求めて、長期的な満足を捨てるパターン

一番注意しないといけないのは、コロナ破局という短期的な要因で破局し、今の衝動で新たなパートナーシップを結ぶことです。

なぜなら、短期的な「快楽」を求める同士が一緒になると、瞬間的に高揚したりはあると思いますが、それが長期に及ぶと飽きてしまったり、逆に短期的な相手に不信感を持つようになる恐れがあります。

こういうコロナで自粛の時ほど、落ち着いていて楽しくコミュニケーションを取れる相手がいたとしたら、今後の人生においても同じ壁を一緒に超える事ができる可能性があがります。

このコロナ期間は、パートナーとの深い関係を構築していけるチャンスなのです。

コロナ期間こそ信頼関係を構築する

普段からモヤモヤしていて別れを切り出せないという方にとっては、コロナを理由にしていく事はもしかしたらいいかもしれません。笑

しかし、信頼関係を構築していきたいと思ってパートナーと連絡を取り合っているのだとしたら、1人の時間を大切にしながらも、お互いのリズム感でコミュニケーションを取るということを意識されてみてはいかがでしょうか?

きっと未来に、「コロナの時はたくさん電話してたもんね!」とかそういう会話をおじいちゃんおばあちゃんになった時に和かに話している2人がいる事でしょう。

おすすめの記事