回答1「悩みはアスレチックです」

本日は、いただいた内容について書いてみたいと思います。

→書いてほしい記事をここで募集しています

何をやってもうまくいかないことってありますよね。 傘を買った次の日に、また雨が降って傘を買って、さらにすぐに雨が止むとか、けんかした相手に良かれと思ってメッセージを送ったらさらに喧嘩になるとか・・

ちょっと投資してみたらうまくいかずに、さらに熱くなって追加投資をして、また失敗するなど、うまくいかないことは、立て続けておこるものです。

 

問題が出てくるまでの経緯を知る

現在起きている問題というものは、過去によって作り出されたものです。

 過去→→→→現在(問題発生)

  種→→→→花

ということは、植える種がまずかったということが「わかった」ということ合図なのです。

まずは、こうやって認識しましょう。

 

咲いた花が思っているものと違うのであれば、植える種が間違えている

たとえば、たんぽぽを咲かせたいとしましょう。

そうすると、あなたは「たんぽぽ」の種を植えないといけません。

しかし、タイムマシーンで過去にタイムスリップすると、あなたは「この種を植えたらタンポポが咲く!」と自信満々に種を植えている様子が見えます。

その時の自分に、「その種を植えてもたんぽぽは咲かないよ」と話しかけたら、過去の自分は未来の自分の話を聞くとおもいますよね・・・?

しかし、聞かないんです。 僕も聞かないと思います。

これによって、神様が、「間違えてましたよ」というギフトを与えてくれるのです。これがうまくいかないということです。

 

h2 要するにトラブルが多いということは「人の話を受け入れなさいよ」という合図

これは、また嫌なことですよね 笑

人の話を聞けだなんて・・・しかし、ここでもまた考え方を変えるのです。どう変えるかというと「人の人生のうまいところを盗む」です。

人が本を書いたり情報を発信するということは、うまくいかなかったことを乗り越えた経験談が書いていることがほとんどです。

ということは、自分の代わりに他の人が失敗をしているのです。 だから人が失敗したことを読んでしまった方が、その分だけ無駄なことをしなくて済むということです。

 

どうやって情報を探すか?

過去→→→→現在  この間で失敗だと思うわけですから、

現在→→→→未来  この間でも失敗はするはずです。

 

なので、自分にとっては、現在→→→→未来だけど、

他人にとっては、過去→→→→現在(本、発信内容) というものが存在しているということです。

 

だから本を読んだり、誰かのコンテンツに触れたりして、自分の「現在→→→未来」の落とし穴をふさぎながら進んでいけば成功率は上がります。

 

よく「成功者の情報」だけを聞いて喜んでいる人もいますが、それはあくまで、あなたの「現在→→→未来」とその人の「過去→→→→現在」がリンクしていなければ意味を成しません。

 

だから、あなたは、まずは自分の未来(咲かせたい花)を明確にすることから始めないといけないのです。 そしてそこにコンパスを合わせます。

 

自分のコンパスさえ持てば問題は繰り返さない

騙されるということは、そのあなたの咲かせたい「花」を誰かにコントロールされ変えられることによって、取り入れる情報が定まらず、あちらこちらしてしまうということです。

なので、まずはしっかり自分の「現在→未来」だけをしっかり描いた上で、その【矢印】だけを意識して行動していけば、楽になっていくはずです。

 

問題が起きているということは、「考え方を変えれば幸せになれますよ」という分かりやすい合図です。 

そしてそれは考え方を変える訓練であり、「新しいアスレチックを用意したのでクリアしましょうね」というプレゼントが来ているということです。

こう考えれば、楽になりませんか?

 

以上です!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

人気ブログの応援もお願いします
おすすめの記事