暗黙知と形式知の違いと使い分けについて

当ブログでは「経験知」についての内容をまとめていますが、「暗黙知」についての説明がまだでしたので、今回は「暗黙知」について書いてみようと思います。

以下のようなことを手短に書いていきますので、気になる項目があれば読んでみてください。

  • 暗黙知とはなにか
  • 形式知という言葉もあります
  • 暗黙知と形式知の違い
  • 暗黙知から形式知へ向かう例
  • 形式知から暗黙知へ向かう例
  • 暗黙知と形式知の一体化

「暗黙知」を一発でイメージするために

「暗黙知」というものは、プールで泳ぐというような口では表せない知識です。

どういう風に泳ぐの?と質問されても、うまく答えれないのが特徴です。

 

他には、自転車に乗るような、「乗ればわかるよ」というような知識です。

「形式知」を一発でイメージするために

形式知とは、信号機のように、記号化された知識です。

赤は止まれ、青は進め…とわかりますね。

赤も青は共通認識とされないと怖いわけです笑

 

黄色はもしかしたら人によっては暗黙知かもしれません。

このブログの内容のような文章については「形式知」です。

「暗黙知」と「形式知」の違いを一言で

しかし、違いについては、根本的な違いは、ありません。

暗黙知と形式知は、一体化しております。

この図のように、「同じ氷」です。

違いを文字にするとしたら、

□水上に出た氷

□水中の氷

という違いです。

「暗黙知」から「形式知」になるパターン

暗黙知と形式知の話とセットになって出てくる話として「SECIモデル」というものがありますが、立派なことを書くことよりもイメージが湧くことが大事なので、今回は簡単に書きます。

これは、「過去のトラウマ」のような話に近いかと思います。

例えば、怒られてばかりいると「自分は怒られる人」という暗黙知が出来てしまい、それが形式知となって見える形として表に出ます。

すると、なぜかどこに行っても「怒られる人」になるので、暗黙知を変える必要があるということになります。

 

※なんとなく本屋に行って、視界に入る本は、暗黙知から上がってきたものです。

「形式知」から「暗黙知」になるパターン

こちらは、先ほど書いた「自分は怒られる人」という言葉を見て、「あれ?自分はそうかもしれない」など感じた方は危険です。

 

仮にそう思わせてしまったら「期待される人は怒られる」「怒られた際は期待に応えるチャンス」「やみくもに怒る人物は自信がないから逆にうまく扱えるかも」というような言葉で暗黙知を変えておきましょう!

 

 

先程の信号についても、形式知から入って、無意識で赤信号は止まるという暗黙知が出来上がります。

 

もし、青信号が止まるという形式知があり、それらを繰り返し実践して、暗黙知に入ってしまうと、青信号だと止まるようになるでしょう。

「暗黙知」と「形式知」の一体化について

(この見出しについては少しボリュームが出て大変ですが、気付きは得れるはずです!)

先ほど、この図を出しました。

これは氷1つで見たときの話です。

この氷を2つにしてみましょう。

自分より、大きな氷を見かけたときには、必ず水中には水上の氷の大きさに相当な氷があります。

形式知を増やしたなら、経験に落とし込み暗黙知に変えることで、初めて大きな氷になります。

 

氷を大きくするためにはどうすればいいか?を考えてみましょう。

 

そのために知りたい情報は、上に出ている氷は、全体の〇%なのか?です。

これは、物理的に計算式がありまして、次のようになります。

ここから、強引に浮き上がる成果物ができるための行動を考えます。

(1)自分自身を環境に入れる(密度がおおきいところ)(充実ともいう?)

(2)暗黙知になるまで取り入れることで、水面上に勝手に氷が出てくる

知ったかぶりは危険
「ああ!知ってるよ!」という口癖はとても危険です。
なぜなら、置かれた環境の密度よりも自分の方が密度が高いという事を表すので、
沈んでいく方向に行ってしまいます。

1+1=2じゃないかもしれない。
のような視点をもつことで1+1が3とか4とかに変わるような案が出てきたりします

 

ちなみに、自然現象における氷山の場合、上に浮いている割合は1割程度という計算になるようです。

その1割を見るのではなく、その1割を浮かす要因となっている9割に目線を置く癖をつけるといいでしょう。

おすすめの記事