1週間2000円生活始めました

こんばんわ

ここ最近、修行をしていないなと思って、予算を極限に抑えて生活をするということを始めてみました。

今まではスーパーに行ってもほしいものはカゴに入れて、アマゾンでもほしいものは買って来ました。

しかし、なんか幸福感はそこにはなく、「ただ買ってみた。」と感覚になっていて、危ないと気付いたのです。

極限まで予算を下げて生活をすることで気が付いたことを書いて行こうと思います。

頭を使うようになる

例えば一度スーパーで500円で済まそうと思って買い物をすると、頭を使うのです。

何を買えば一番効率がいいんだろうということです。

例えば惣菜をあーだこーだ買うより、りんご一つかじった方が効率がいいのではないか?とか健康の知識とかが浮かんでくるのです。

何も考えないで適当にものを入れていくと、頭を使いません。

高ければいい

とか、

天然なんちゃらって書いてあればいい

とか、

金色の何とか受賞のシールが貼ってあればいい

とか、特に知識は出てこなかったです。

しかし、予算を決めて買い物をするだけで、何を買おうか?を考えやすくなるということがわかったのです。

当たり前な人にとっては当たり前かもしれませんが、予算、制限を決めてしまった方が、逆に行動が研ぎ澄まされるということが大きな発見となりました。

野放しという意味の自由は不幸の入り口

「なにをしてもいい」という状況で自分自身を律するのはとても大変です。

ひどい時は1週間で100万円をほとんどなにに使ったか覚えてないくらいで使った事もありました。

完全に不幸です。

逆に今週は1週間2000円と決めてあるので、2000円で幸せを探すことになります。

使うお金を増やして幸せを求めるのではなく、使うお金を減らして幸せを見つけることをしたのです。

我ながらいい言葉が出ました笑

もう一度いいます。

使うお金を増やして幸せを求めるのではなく、使うお金を減らして幸せを見つけることをしたのです。

すると、見つかるんです。

お金がない時は、お金を出せばその量だけ幸せは増えていくと思っていましたが、逆に制限を設けて、その中で幸せを見つけることのほうが幸せだという結論にたどり着いてしまいました。

なので、全てにおいて予算管理能力というのは人生を豊かにする上で必須だと確信しました。

せっかくなので

この話は、何故重要かというと、

〇小さな物に幸せを見出し発信している人

大きな金額を出せば幸せになれると信じている人

さて、どちらが得しますか?

商売は、安く仕入れて高く売る行為です。

予算管理能力の定義について

予算管理能力といっても、難しいことをいうつもりはありません。

お金や時間だけでなく、食欲とか、そういう系の欲についても同じことがいえます。

バイキングでも、次取りに行く物にワクワクを覚えるよりも、目の前に取ってきたものにワクワクするほうが幸福度、充足感の度合いは高くなるとおもうのです。

次の行動に対してワクワクを覚えて成功するのは、与えられるものにではなく、与えるものに対してです。

チャラ男とかはそうですよね。

ひとりの女性に話をして、ことを済ませた後にすぐまた次に声をかけるとうまくいくのです。笑

反対に、

ビッチ女性のように、次か次かと優しくされることを目的にワクワクを覚えると痛い目にあうのです。笑

1週間1000円でも幸せを見つける力は必須

1週間1000円しかないといえば足らないことが起こります。

しかし、1週間1000円もあると思うとどうにかなります。

(効率のいい断捨離とかを入れる)

これは僕は今2000円で実験をしています。

何度もこういう失敗はあるのですが、今月自由に使えるお金が60万しかないと思うような月は、何故かすーぐに使い果たしました。

しかし、そこをぐっと減らして今月10万円も自由に使えるお金を確保したと言い換えて50万円は忘れて貯めておくと、10万円で満足した生活ができるようになるのです。

今となって、それをさらに極端にして1週間2000円で生活をしようという試みをすると、使っても1日に300円くらいしか減らないのです笑

充足感は、管理下、計画のもとで行動しているほうが遥かに高いというのは予想外でした。

これは僕にとって人生の修行、悟りのための行動であり、趣味です笑

縛ったほうが自由になれる

よく縛られる生活は嫌だー!とかいう人が続出しますが、縛られない生活というものは、反対に充足感をその中から作り出すのは至難の業だと思います。

充足感を得る方法という勉強も必要かもしれません。


エンドルフィンについて

公式ラインにてコンテンツを配布します。


幸せとは、計画を立て、時間やお金を区切り、計画に基づいて生活を行う

これが何にも縛られない生活をここ一年ずっとしてきて逆に鬱になりかけた経験を元に断言します笑

全員が幸せの中にいるということも断言できします。

不幸せの入り口は、〇〇さえあればという思い込みや人と比べること、妬み、嫉妬からです。

高ければしわあせと思い込んでいる錯覚…

ここだけです。

さて、のこり六日間楽しみながらやってみます。

本日の自炊

 

おすすめの記事