プラスのスパイラルとマイナスのスパイラル

プラスとマイナスのスパイラルの存在がある

なタイトルをつけてしまいましたが、
ラインのやりとりから、面白い概念があったので、“面倒”ですが記事を書きます。笑

2種類の生活について書いてみたいと思います。

(1) 焼肉、トンカツ、カレー、肉、ラーメン、満腹、タバコ

(2) 野菜、果物、水、ハーブティ

100人にアンケートをとります。

この1、2のどちらかの生活しかできないと言われたら、どちらをとりますか?

半数以上の人が(1)をとるかと思います。

そして、「さいこおぉおお!」と言えるような生活はどちらかというと、
どちらかというと、(1)ではないでしょうか?

短期的満足と長期的満足

頭ではわかっています。
「野菜を食べなきゃ」「肉を食べすぎたらダメだ」とか・・・

しかし、人間であるいじょう、本能として『短期的に満足できる』という選択をします。
なので、(1)に大半の人は気持ちが行くはずです。

そして、その結果として、「肥満」であったり、「生活習慣病」であったり、後から代償がしっかりついてきます。
一方、(2)を選択し続けて生活できている人は、平均値よりは痩せていたり、健康的なのではないでしょうか?
身の回りの人を想像してみてください。
短期的なリターンを得ようとすると、長期的に損をするようにできています。
長期的なリターンを得ようとすると、「今日」はしんどいかもしれませんが、長期的なリターンを得られます。

プラスマイナスは常にぜろ

要するに、何かを得たら何かを失い、
何かを失うと、何かを得るということです。

プラスプラスになったり、マイナスマイナスにはならないということです。

負のスパイラルに入るためには

負のスパイラルに入るためには「できるだけ短期的なまんぞく」をどんどん満たしていってください。
途中で緩めてはダメです。
とにかく、今この瞬間から欲を満たしてください。
負のスパイラルへ行きます笑

 

プラスのスパイラルに入るためには

逆に、今はとてもきつくて上に上がろうとしている人は、もっと自分の欲を断ち切ることをしてください。
途中で、自分にご褒美を・・・という頻度をできるだけ減らすことと、スピード感を緩めないでください。

その継続があなたの力を本物にします。

 

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始