ラッピングにお金をかけるべきかどうか

 受け取り手は梱包の綺麗さを気にしているか?

 

稼ぐという視点から考えてみると、商品そのものの価格帯によって変えるという手法がいいかと思います。

あきらかに「安く買えればいいか」という人に対して立派に梱包したところで、届いた瞬間に

「お!綺麗に届いたな・・・」と思われるだけで、リピートされるかどうかは別の話です。

 

また、評価コメント欄で綺麗に梱包されていました。というような記載がされなかったりしたら無意味と考えてもいいでしょう。

出品数で利益を出していくので、1つ1つの梱包クオリティを上げて費用をあげることで利益は減少してしまいます。

綺麗に届けたい!というお気持ちはとても素晴らしいですが、リターンとしては見込みは少ないのが現実です。

 

✴︎ なぜ綺麗な梱包をするのか?

売り手の立場から考えると以下の理由です。

⑴綺麗に見せたい

⑵クレームになりたくない

⑶リピートされたい

⑷喜んでもらいたい

 

買手の立場ではどうでしょうか?

⑴安く買いたい

⑵綺麗な【商品】がいい

⑶お得にゲットしたい

⑷壊れてないかな・・

 

これが現状です。

基本的には、梱包の綺麗さで値段はあがりません。

 

✴︎ ではどうすればいいのか?

⑴から⑷のことだけを全面に伝えればいいのです。

 

また⑴の安く買いたいというところは基本的に無視します。

⑵から⑷で勝負するのです。

 

⑵に関しては写真ですね! 背景を注意したり、照明を使ったり一眼レフで撮影したりします。

⑶に関しては送料込みのような記載をすることや

⑷に関しては、破損している場合に関しては返金対応いたします。のような言葉をいれておけばいいでしょう。

 

✴︎ 梱包よりもまずは、求められていることに答えることを意識してみましょう

梱包の仕方については、検索すれば出るのでそちらを参照してみてください。

ワンポイントアドバイスとしては、梱包の際に手紙を一枚いれることで、コメントも雛形ではなく、しっかり書いてくれることでしょう。

コメントを残す