転売を始めるまえに

転売をするにあたっての確認事項

こんにちは鎌田です。

今回は「転売」を始める前に知らないといけないことを書いていきたいと思います。

転売を始めても、今から話す内容を知らないでスタートすると時間を100時間以上損することになります。

あー手数料がかかるなー

価格勝負かぁ

などの障害にぶつかり、あなたが転売を辞めてしまっていては、

いまから使う貴重な時間がもったいないのです。

そもそも転売ってなんぞや?

 

転売を始める前に、「そもそも転売とはなにか?」を知っていないといけません。

【仕入れた金額よりも高く売る(※手数料分をプラスした値段で)】

仕入れた金額よりも高く売るということは誰でもご存知かとおもいます。

しかし、転売をすることによって一番苦戦する障害、壁は

実は「手数料」なのです。

なぜ手数料がかかるのか?

 

例えばあなたがヤフーだったりメルカリでシステムを作ったとします。

その時にあなたは利用者に対して「手数料」を仕組みますよね?

利用者がいる以上ヤフーやメルカリは、自動で収益が発生する仕組みがなりたっているわけです。

転売図

このヤフーやメルカリの仕組みの中で、あなたは収益を発生させないといけないわけです。

これが転売を始める前に確認しておきたい事項です。

転売をする真の理由

箇条書きしていきます。

(1)売れるものがわかる
(2)売るだけでいい

(1)売れるものがわかる

おそらくあなたはまず売りたいものを売り始めると思います。

すると売れないことに気がついてきます。

それを繰り返していくうちに、これなら売れる!というものがわかってきます

この売れるものがわかるということは

求められている商品がわかる」ということです。

つまり、「求められている商品」をみつけることのほうが大切だという思考が生まれます。

(2)売るだけでいい

自分自身の商品を持つと、自分の商品をつくるための時間、労力、人件費、原価、在庫を抱えることになります。

そのリスクを負うことなく、売るだけであなたは様々な商品の営業マンになれるわけです。

周りを見渡すと多くの会社があり、無数の商品が存在しています。

その商品をあなたが扱うことができるのです。

転売の流れ

それでは、具体的にどのように転売をするのかを一言でわかりやすく書いてみます。

ステップ1  「これ」を売ろうかなの「これ」を決める。

ステップ2  「これ」がいくらで売られているかヤフオク、アマゾンで見てみる

ステップ3  「これ」をやすく仕入れることができるサイトで値段を見てみる

ステップ4  差額があれば 【送料・手数料】を足して利益がいくら出るか計算する

ステップ5  ゴーサインを出す。

この5つのステップを聞いた時に

「なるほど!送料がかかるから小さくて高価なものがいいな!」

となって「時計、カメラ」系の転売が狙い目となることは目星がつきそうです。

この目星は誰でも目星がつきますよね??? 

つまり、ここではライバルと大きく差をつけることが厳しいということがこの時点でわかります。

ではどのようにしてライバルと差をつけるか。

その方法をシェアしていきたいと思います。

《なぜかシェアするのか?》

転売はあくまで商売を始めるうえで初期段階に行うものであると考えるからです。

私自身は、転売で10万円ほど収益をあげることができましたが、これ以上を転売で頑張ることはやめて違う事業に移りました。

今考えると、転売をマスターしようとして様々な商材や本から学び、バカであった私でも試行錯誤して利益をだすことができました。

そのときのコツとかメモを綺麗にまとめて独自のノウハウとして所有していました。

それがこちらの転売マニュアルです。(実際にファイリングしてこれを見ながらやっていました)

転売マニュアル 転売マニュアル 転売マニュアル

このマニュアルができるまでの流れです。

ステージ1、 本屋さんで転売の本を買う→収益200円程度

ステージ2、 インターネットで検索して多くの無料レポートを読む→収益4000円程度

ステージ3、 有料商材(30万円)で勉強し転売の力をつけていった→収益10万円程度

どうやってこのマニュアルを手に入れることができるか

 

大変申し訳ありませんが、この転売マニュアルは以前ソーシャルメディアにて配布の告知をしたところ、問い合わせが殺到してしまいました。

100人にばらまいたとしたら、100人が同じことをしていまいます。

さすがにそれでは飽和してしまい稼げるものも稼げなくなるので、できませんでした。

しかしそうするとこのブログを書いている意味がなくなってしまいます。

なので考えました。

《問い合わせいただいた方にお渡しする》です。

ご興味ありましたらお問い合わせください。

コメントを残す