転売の具体的な流れ

転売の10ステップ

こんにちは鎌田です。

今回は転売(物販)の10ステップを書いていきます。

転売をするぞー!ということは物販をするということです。

転売で儲けるぞ!と口で言う前に全体像を知り、それを全て実行したときに初めて利益がでます。

当たり前なことを書いていますが、この当たり前なことができずに、

夢物語で終わってしまうのです。

ここを見ているあなたには、夢物語で終わってほしくないので、しっかり全体像を把握、そして大きな字でメモをしておく勢いでみてみてください。

10ステップがすべての基本である

 

①商品リサーチ

②購入先の決定

③輸入・仕入れ

④荷受

⑤商品登録

⑥販売

⑦注文確認

⑧梱包

⑨発送

10、返品対応

上に書いた10つのステップが基本です。

ヤフーかなー、アマゾンかなー、サイトをつくるべきなのかなー・・・

それよりもまずは10のステップであるということをおさえましょう。

なぜ10のステップをマスターするべきなのか?

私は仕事がら、多くのインターネットビジネスに取り組んでいるかたと直接会っています。

するとみなさん口を揃えて言うのです。

「ヤフーで転売していて、いつ売れるかわからないし、利益がそんなにでない・・・」

とか

「アマゾン転売しているのですが、なかなかうまくいきません」

とかのように、ヤフオクだったり、アマゾンに縛られているのです。

なので、ヤフオクは10ステップのうちのこれだけをやっているんだ。

と全体像のうちの一つとして見えないといけないのです。

つまり、売れない理由はヤフオクではなく、①から⑤の力が弱いのです。

そこの力をつけていけば①から10まですべて一体となった力がつき、強いビジネスマンとしてあなた自身が実績者となっていくのです。

どうやって売れる商品を見つけ出すか?

転売・物販をおこなうにあたって、10のステップを見ましょう。

1から10の数字の中で一番、勝敗を分けるポイントが見えますか???

①から⑥ですよね!

⑦以降は、そもそも注文が入らないことにはどれだけスキルだ高くても数字としては現れません。

次に①から⑥で力を入れる優先順位をつけましょう。

①から③ですね!

④、⑤、⑥も大切ですが、まずは「検索されないことには売れません」

さらに①から③で優先順位を考えると①にたどり着くはずです。

ここの力が大きく明暗を分けるといっても過言ではありません。

具体的なテクニックとは?

売る商品のリサーチ方法のひとつを紹介します。

ずばり未来へタイムスリップして、売れるものを見てくるです。

ん?そんなことできれば苦労しないよ!

という声がいま聞こえましたが、実はあるんです。

「周期」という概念で考えます。

1年のはじまりから終わりまで様々な周期がありますね!

1年の初まりは、テレビを見てごろごろしながら日本酒を飲みますね。

つまり、日本酒が一時的に需要が高まります。

ずばり「イベントごと」を意識したリサーチができれば、それだけで供給できるチャンスは大きいということに気がつきます。

月別の主なイベントを記載します。

1月 正月・成人の日

2月 バレンタイン・節分

3月 ひままつり 卒業式

4月 入社・花見

5月 GW   こどもの日 母の日

6月 父の日

7月 七夕 お中元

8月 お盆休み 夏休み

9月 15夜

10月 ハロウィン

11月 753

12月 クリスマス

このように、時を「過去」「現在」「未来」という考えかたで仕入れ・販売を行うことで、集客力が大きく左右しますので、参考にしてみてください。

今すぐ転売を実践していきたい方へ

ブログでひとつひとつ見ていくのが面倒な方へ

こちらにヤフオクを使った転売資料を作成してみました。

まだブログの訪問者数が少ないため、少人数分ではありますがプレゼントします。

実際に転売をしながら私が作りながら修正をくわえていったマニュアルです。

2 件のコメント

  • コメントを残す