女を性欲処理として使ってはいけない理由

こんばんは。

最近記事がかけていなかったので、今日は夜な夜な書いてみようとおもいます。(午前3時前・・)

 

最近、自分自身との勝負ができるかどうかだけが人としての厚みが出るか出ないかであると思っています。

 

なので、こういう「核心を突いた記事」は、できる人にとっては当たり前な話であり、できない人にとっては「そんなのきれいごとだよ」という内容になるので、結果的に意味のない記事になります。

 

しかし「そんなのきれいごとだよ」という人が特に読ませないといけないとおもっているので、本当は、「簡単に性欲処理機を探す方法」みたいなところから引き込んで、ここの内容につなげていかないといけないのですが、おそらくこのブログを読む方であるならば、そこまでしなくていいのかなと思うので、続けて書いていきます。

 

 

 

女性を性欲処理として使うと 

まず、女性は

「体の関係」=「男性の欲を満たしてあげる行為」

 

という思考回路がつながってしまいます。

 

こうなってしまうと、女性は

「なにかをしてくれたら体を許してあげる」と、体でお返しすることに慣れてしまいます。

そして、同時に男性に対して「どうせ猿なんだから・・・」とこじれていきます。

 

するとどうなるかというと、基本的なことに弊害が出てきます。

・料理ができない

・ちょっとした言葉かけができない

・気遣いができない

・男の仕事のリズムへの気遣いができない

・女性らしい振る舞いが欠落

 

そうすると、実際いい男性に出会っても、結局「性欲処理」以上で考えられなくなるという負のループになっていくはずです。

 

「いい女だけど結婚はできない」

 

おそらく男性であれば、こういう思考はもったことがあるはずです。

 

 

女性は男性が女性らしくする

 

男女というものは、対極するくらい、兼ね備えているものは違います。

 

女性にしかできないこと

男性にしかできないこと

 

かならずあります。 僕ら男性陣が女性を性欲処理として扱った時点で、女性は、女性にしかできない他の大切なことが欠落していきます。

 

なので、あなたが素晴らしい男性になるためには、女性を女性らしくするために自分をマネージしていく必要があるということです。

ここからは、進化した男性に見てほしい記事なので、この時点でネガティブ思考が湧くのであれば消してください。 

 

 

女性の何気ないことに感謝の言葉を送り、女性を引き出す

 

どういうことかというと、

 

「かわいいね」「スタイル良いね」「おしゃれだね」というフィジカルなところを褒めるのはもちろんいいことですが、これではだめです。

 

ちょっとしたご飯を作ってくれた際に、「男にはこういうことはできないよ」とか「ウィンナーの切り方に気持ちを感じるわぁ」とか、細かい女性らしさを前面に褒めていきます。

 

ほめ殺しレベルです。 「かわいい人はたくさんいるけど、ここまでできるのはなかなかいないよ・・」とか 

(実際こういうことをぱっと言えるような女性は少ないのですが・・・こまかいところからひろげていきます)

 

女性を女性らしくしていけるような魅力的な男性であれば、このあたりの言っている意味が分かると思いますが、「俺様タイプ」の男性は、こういうところはスルーして雑に受け取るはずです。

 

この細かい女性特有の行動をほめることで、女性は女性を取り戻し始めます。

他には「笑顔が癒される」とか「声が心地いい」とかそういう部分を引きだしてあげることで、女性が女性になっていきます。

 

女性に不平不満を言う男に問題がある

 

「最近の女はわがままで家事もしないくせにえらそうだからな・・・」

そういう言葉をつぶやく男は多いと思いますが、それは女性をうまく引き出す努力をしない男性がぼやくことです。

 

確かに、あきらかにもう手を付けることができないくらいねじ曲がった女性もいるとは思いますが、それでも性欲処理としてつかってはだめです。

 

こういう女性を脱がすのは簡単なのはわかりますが、男性としての強さと愛を持ってそういうことをしてはダメです。

 

女性らしい部分は絶対に抜け切れてはいないとおもうので、そこを探していきます。

 

その細かい女性の部分から、女性を引き出していき、女性をより女性にできた時、男性であるあなたが、より男性になれるということです。

 

つまり、魅力的な男性になるためには、鍛えてマッチョになってかわいい女とやるというフィジカル面だけではなく、女性の内面をより女性になるように引き出してあげて、男性はより男性的な内面を形成していくような時代だと思います。

 

そうでないと、結局、離婚、少子高齢化の加速、母子家庭の増加・・・など社会問題にもつながってくるとおもうので、男性である僕らがリードしていく必要があるのです。(せめてこの記事を読んでいる男性は)

 

性欲処理として女性を扱うと、女性の本来の振る舞いが欠落していきます。

その欠落を生んでいるのは男なので、男性陣は我欲に溺れることなく、しっかりしましょう。笑

まぁ、欲求不満の男女で遊びならばそれはそれでいいんでしょうが、本気の異性が現れた時に

「俺は女興味ないから」 とか 「わたし男苦手なんだ」 とかどうせ言うんでしょうからその言葉の裏付けはしっかり自分で守っておかないといけないですよね。  

 

女性にできること

 

では、この記事を読んでいる女性陣はどういうことができるかということを書いていきます。

 

まず、「・・・してくれたから気持ちよくさせてあげよう」という思考は絶対に捨てるべきです。 この時点で性欲処理機としての道をすすむことになります。

 

体以外で女性としてできることを男性に対してやってみて、そこに喜びを表す男を選んでいくということが最低条件と言えるでしょう。

 

以前書いた

ビッチへ忠告。モテる男に体で誘惑しても無駄

 

にも書いてありますが、「体以上なにもない」と思われているから、性欲処理機になってしまうのです。

 

もう一度男性陣に・・・

 

そうだそうだ!と思うかもしれないですが、「こいつ簡単にできそうだからとりあえず・・・」という思考がよぎった場合も、適当に手をつけてしまうと、【その女性を好きになる次の男性】に対しても失礼(?)になりますし、女性も「どうせ性欲処理機でしょ」とどんどんこじれていってしまいます。

 

男性が女性を変えるか、女性が男性を変えるか、どちらも大切なことですが、僕個人としての意見としては、まずは男性が女性をより女性にする意識から世の中の変えていかないといけないと思っています。

 

このブログも見ている人は全人口のうちのかなり少数です。

しかし、この記事を読んで男性陣が他の本能まみれのだらしない男性よりも進化して女性と接し始めたら、おそらく女性はあなたを一目置くようになるでしょう。 

すると結果的に、自分だけのいい女が手に入り、女性もこの人は・・・と愛を持って体が交わるような関係を構築していけるはずです。

無言フォロー歓迎です

インスタ →https://instagram.com/sh_kama41

ツイッター→https://twitter.com/sho_kamaT41

 

他の関連ブログのランキングからも学んでみてください↓

ネット広告・マーケティングランキング

今すぐどうにかしたいという方に対しては、一番早くどうにかできるように下記に窓口を設けております。

【結局はこの記事・・・クリックで読めます】

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連・マーケティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京4箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始 2015年~