価格競争をすると滅びる

こんにちはカマタです

価格競争をする=苦しむ

商品を売っていくと、かならず価格競争をしなければならない場面に遭遇します。

買手の都合から考えても安く書いたいとおもいますよね。

しかし! 安く売っていては滅びてしまうわけです。

その理由と、解決策を書いていこうと思います。

 

安売りしたら滅びる理由

(1)安売りして得たお客さんは、「価格」をみて買っているので、価格で負けた時点であなたは滅びていまいます。

(2)安売りをするということは、あなたの利益が少ないということです。

利益が少ないと新しい商品開発だったり、付加価値を与える余裕がなくなってくるので、価格でしか勝負できない人間になってしまいます。

 

安売りしても、まったく売れない事例1

私の周りに今まで雑貨屋をオープンさせた人の実話を公開します。

オープンさせて、店をお客さんに認知させるために、店内商品を全て100円で売るという戦略を考え、駅で配布しました。

 

100円ですよ!?

 

しかし、結果として、そのチラシを持って店内にきたお客さんは2人です。

しかも、1品だけ買って店を後にしたそうです。

赤字で価格を下げても売り上げは立たないのです。

 

なぜ価格を落としても売れないのか?

 

人間の心理状況から考えていくと、価格というものがなんなのか?ここから考えなければなりません。

極端な例をだします。

あなたの愛する人が病気で、生きるためには手術を要するとします。

その手術料が500万円だとしても、あなたは何としてでもその500万円を支払うでしょう。

 

いっぽう、あなたがとても嫌いな人(憎んでいる人)が同じ状況だとしましょう。

おなじ手術で500万円といわれても、その500万円を払うという行為はしないことでしょう。

つまり、その買手の人がどれだけお金を払ってでも満たしたい何かがあるかどうかが単価を左右します。

扱う商品もこれでしぼっていくことができます。

 

ではどうやって価格で競わない商売ができるか?

 

その1 扱う商品について

紙コップを扱っていては価格競争をしなければいけないことは想像できます。

消耗品や、数が多い商品は価格競争が激しくなります。

その2 どんなものでも高く売るためには

しかし、そういう紙コップでさえ高く売ることを考えてみましょう。

花見の時期に紙コップを倍の値段で歩きながら花見通りで販売すると、紙コップを書い忘れた人や、数が少ない人は買うことでしょう。

 

「求める結果」「避けたい痛み」このためになら、人は【価格】という概念を無視してお金を使い始めます。

ここをうまくつくのです。

 

具体的な高額販売手法

今回は転売における高額販売手法について書きますので、具体的なテクニックを書いていきます。

 

⑴ 写真のクオリティをあげる

机にある照明器具を使いましょう。

背景には白い画用紙一枚立てかけましょう。

この2つの作業だけで利益を2割あげることができます。

⑵ 画像加工ソフトをつかい、写真に文字を入れる。

美品、痛み箇所少、まずはブックマークなどアピールポイントを小さい文字で画像内に書いてあげると、購入者は一瞬で購入欲が湧きます。

この2点だけでも効果を感じることが出来ると思いますので、実践してみてください。

 

ここで、私も注目している転売に関する情報商材を一つ紹介します。

 

せどりキング5 MAX版

第2回目の記事で転売の10ステップを記載しました。

 

こちらが第2回目の記事です。

転売の具体的な流れ

そのうち、一番重要になってくるのは、ステップ1のリサーチという説明をしました。

次に下記の図のように原価や送料が多くかかるという説明もしました。

転売図

この2点をカバーしてくれるのが、このせどりキング5です。

せどりキング5 MAX版

しかも、このせどりキング5は、アマゾンを用いた転売です。

アマゾン転売はヤフーでも転売と違い、自動化させることができます。

発送、梱包等の面倒な作業も不必要ということです。

 

1つあたりの利益が1000円から多くて10000万円の商品を扱うので、月に30万円稼ぐためには最低30個売る必要があります。

 

その作業を自分でやることを想像してみてください。

時間がいくらあっても足らないのです。

アマゾンを用いた、半自動転売ツールは持っておいて損はありません。

タバコ2ヶ月やめれば、毎月倍以上の利益があがるのですから・・・・・

せどりキング5 MAX版

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始