転売では飯は食えない?

resale-secret

 転売で飯を食べていけるかを一緒に考えてみましょう

今回のテーマは、転売で飯を食べていけるかどうかです。

転売を始める人はかならず、この転売をした先にあるゴールを考えてみてください。

 

⑴とりあえずプラスαの収入があればいい

⑵脱サラしたい

大きく分ければこの2つになるかとおもいます。

 

✴︎ ⑴とりあえずプラスαの収入があればいい

あなたがこの手のタイプの方なら転売はお勧めします。

本業とは別に転売をするというタイプの方です。

 

転売をするということは、「仕入れ」でお金が一時的にかかってしまいます。

キャンセルされることまで考えると「在庫」をもつ可能性もありますので、

生活できるくらいの固定的な収入源が確保されている方のほうがいいでしょう。

 

✴︎ ⑵脱サラしたい

あなたがこの手のタイプの方でしたら、転売は一つの収入源という考え方で取り組んだほうだいいでしょう。

私のブログが転売だけに特化していないのは、転売だけでは「なにをしてるの?といわれながら年収1000万円は不可能」だからです。

 

転売は、出品したからといってすぐに売れるわけではありません。

 

空き時間に利益の出る商品を出品しておくという《キャッシュポイント》を増やすという考え方で取り組んでいきましょう。

モチベーションが上がる言い方としては「ケータイ代、光熱費、食費」は転売でやるか

 

このように取り組んでいきましょう。

 

✴︎ なぜ転売を本業にするのが怖いのか?

単純に、転売を教えている人も多いので、ライバルは常に現れるからです。

そして、稼ぐために必要な転売力の基準もどんどん上がってきます

 

なので、常に転売力を磨いていける方でしたらついていけますが、

少し油断したりするとライバルに抜かれてしまうので、本業としては厳しいです。

 

✴︎ ではどうやって「稼ぐ力」をつけるか?

まずは「稼ぐ」ということがどんなものなのかを知る必要が有ります。

稼ぐための仕組みが分かっていないと、転売ができなくなったらなにもできなくなってしまいます。

 

漁師の例え話がありましたね

「釣るためのノウハウ」に頼っていたらノウハウがうまくいかなくなったら動けなくなる。

 

「なんで釣るためのノウハウ」が出来上がったのかなと考えながら釣っていた人は、

ノウハウがダメになっても、自分の中の基準が出来上がっているので、釣り続けることができる。

 

私の動画メルマガで稼ぐためのシンプルな構造を話していますので、

よければごらんください。

メールアドレスを入れるだけですぐに見れるようになっています。

→無料動画セミナー(登録者250人突破)

コメントを残す