SNSの見栄大会に溺れてはいけない

インターネットビジネスに出会い、10時間3年間の合計10000時間。実際にSNSをビジネス利用してきた上で起きてきた、まぎれもない実話を全て公開します。   他人に負けたくない・・・   SNSでの自慢大会に勝ち抜きたいと思えば思うほど、人生を転落させる「見栄と欲望」が覚醒。 SNSを見るだけで引き起こされてしまう、6つの心理トリガーによって見栄大会への参加を余儀なくされる SNS利用によって多額の負債を作ってしまうかもしれないことに注意勧告をしておきます       私はもう顔出しができません。 まず最初に言っておかないといけないのは、私は顔出しができません。 なぜかというと、人間心理を3年間研究しながらSNSを利用していたため、特にお金、異性をどうすれば引きつけることができるのかということをだいたい分かってしまったので、悪用していないかと監視がついているからです。(この文章もチェックが入っています)   見栄の張り方に違和感 表参道ヒルズでパフェを食べていた時のことです。ある10代後半くらいの女性が家族で食事をしていたのですが、ハリウッドスターのようなサングラスをかけて、親にカメラを頼んでいました。 親が写真を撮ると、その写真をみて「こうじゃない」「ほんとへたくそ」など文句ばかり言っていました。 ここまでは、大目に見て「魅せるためにはこういう努力も必要だな」というのは理解できます。しかし、次の発言を聞いてびっくりしました。 「ねぇルイ●ィトンのカバン貸して」 その母親はルイヴィトンのハンドバックを持っていました。その写真を自然体で持ってるように配置して写真を撮っていたのです。 そして、続けて横にいた弟?兄?がこう言いました   表参道で買いましたってかけばいいんじゃね?笑 このセリフを聞いた時には、これってもしかしたらインターネット空間って仮想なものばかりじゃないか?と正直感じてしまいました。 そして、少なくともこの女子?を見た人はおそらくリッチな女子だな・・という風な見え方がしたと予想すると、これはまさに「見栄の張り合い」だろと感じました。 綺麗な投稿のはずなのに・・と頭を抱える こじらせインフルエンサー が多いような気がします。 自分の投稿のいいね数を増やすために、無造作でいいねボタンを押し合っているユーザーが大半を超えてきているとも思えます。(実際にそういうツールは売っているので) つまり、スター性、自分が主人公だよということを認めて欲しいという心理に取り憑かれている人がたくさんいるということです。 #SNS落とし穴への道のりStep1# 自慢投稿の裏に隠された 落とし穴の入り口「劣等感」   自慢している坊やを想像して見てください。 ねぇねぇ僕のこれ見てよ。すごいでしょ。すごい?すごい?といっている少年です。 この少年の前に、勝ち目のない人が現れたら少年はどうしますか? 耳を塞いだり、そっぽ向いたり、どうにか張り合おうと無理をし始めます。 この心理トリガーが引かれた瞬間に、 #SNS落とし穴への道のりStep2# 劣等感の埋め合わせ が開始されます。 もっと目立たなくちゃ。どうすれば目立てるかな。はぁはぁ・・・ 自分を意識的に作っていく生き方を覚えてしまいます。どういうことかというと、自分のしたいことをする人生ではなく、人の気をひくための選択、行動を取るようになります。 一度こういう人と話をしたことがあります。 「いいね、コメント周りで疲れ切っちゃって。。。」 これを聞いた瞬間に、SNSを利用できている人よりも、SNSに縛られている人が多いのではないか?という予感がしているのですが、あなたはいかがですか?   #SNS落とし穴への道のりStep3# 劣等感から生み出される不幸の源 「見栄と欲望」 人間は、誰かよりも劣っていると感じたくないという本能レベルの心理があります。 その劣等感をごまかすために、人がしないようなデンジャラスなことに足を踏み入れようとします。例えば、こういう写真を載せさえすれば、人から注目されるだろうなという思考で、出かける先を決めたり、食べるものも変えたりして作られた自分がどんどん形成されていきます。 この段階においては「セルフイメージが大切」と自分に言い聞かせるステージです。 欲深くなり、見栄を貼ることで、自分のセルフイメージを保てるというキツキツの状況に突入してきます。   #SNS落とし穴への道のりStep4# セルフイメージという名の錯和 「こういうものにお金使えば、きっと投稿したらいい反応があるぞ。羨ましがられるぞ。」 そう思いながら高価なものを「これはセルフイメージへの投資だ」と言いながら無駄使いするステージに突入してくるはずです。 ここまでくれば「嘘つき呼ばわり」されるようになってきて孤独を感じ始めます。 ※寛大なパートナーがいたり、フリーであったり、変な下心を出さない人であれば、特に問題なくやっていけるかと思います。 #SNS落とし穴への道のりStep5# 作られた自分に引き寄せられる人に 作られた自分を見せ続ける ここからは「見栄と欲望」を見せ続けるというステージに突入してきます。 このステージでは、何かとお金と時間を意識的に使うようになってきます。 例えば、ちょっとそこらへんでご飯食べようかなと思ったとしたら、「いや、これはあと少しお金出してでもおしゃれな所に行った方が、自慢できる」などそういう思考になってきます。 そうすると、作られた自分に寄ってくる人が現れ始め・・・ 嘘をつき始めるようになります 例えば、毎回綺麗な食生活を送っているというイメージを持った人と繋がったとしましょう。人間なので、面倒な時は面倒です。 パッと作った猫飯のようなご飯を食べていることは黙らなきゃいけないと思い始めます。 結果として、「あぁ、今日はグラノーラにしたよ」などの小さな嘘をつき始めます。 私は、今は全て真実を語るようにしていますが、このような思考回路の時が実際にありました。   #SNS落とし穴への道のりStep6# 見栄とプライドの戦いに参戦してしまう 悪循環はまだ続いていきます。 SNSを頑張れば頑張るほど、負けたくないという欲が呼び起こされてしまいます。そして、負けたくないと思えば思うほど、他人の写真がどんどん気になるようになります。 人を惹きつける投稿がわかっているならまだしも、誰かの投稿に惹きつけられて、真似しようとして高い買い物をしたら、普段行かないような所に行って張り合っていたらいくらお金と時間があっても足りません。   もしもあなたがこの6つのステップを踏んで、SNSに縛られているのならば、診断結果を提示し、処方箋を出します。   診断結果 「SNS困惑症候群」 処方箋(pgfデータ) SNS困惑症候群の処方箋(無料3ページ) さぁ処方箋を受け取りたまえ   ごめんなさい。ふざけすぎました 「ビジネスだろ?ふざけるんじゃないぞよ」という声が聞こえそうですが、稼ぐというテクニックが身につけば、白背景で腕組みするとか、かっこつける必要がありません。   これが実際の私です。 タワーマンションを借りたりとレクサスも購入したりと、こういうことは経験済みです。証拠の動画URL→https://youtu.be/R0PGdjL9k5A ※動画は低評価の方が多いようですが、私はこのマンションはあくまで経験としてセカンドルームとして借りたものです。場所も安いエリアなので、家賃も21万円くらいでした。(見栄大会に参加するとしたらこういう言い方になります) さらにすごい人に押された低評価→あなたを目指しています。という意味で嬉しいこと それ以下の人に押された低評価→すみません という感じなので低評価は気にしません。 話が脱線しましたが・・ 「腕立てする方法」を知っていて、 腕組みして偉そうにする人はいますか? それくらい目標を叶えていくことは単純なことなのです。 私はもう高いものを買ったり、見栄を張ることにも飽きて、固定費を下げて生活しているので、月に20万円あれば生活できます。 稼ぎすぎても、、 日本の税率が高い ので、稼いで無駄使いして経費にすることよりも、できるだけ安く生活する方が賢い生き方なのかな?と考えていきています。 ちなみに年収1000万円の方の手取りはおおよそ765万円、年収600万円の方は514万円、年収300万円の方は300万円が実質的な手取り収入となります。(税金対策なしで会社員の場合) なので物販とかアフィリエイトとかFXをして、儲けすぎた場合は「会食」「研修費」「設備投資」「社員旅行」などの経費に当てるというのがたった一人の個人でやるには効率がいいのではというのが私の今の考えです。   特にSNSの世界では、 稼いでないのに 「私はこうやって稼いでます。あなたもどうぞ」 という風に拾い画を加工して投稿すればいいよ! と教えているコンサルタントが存在しています。 なので、SNSは嘘だらけの空間になっているかのように思えます。 いかに綺麗な写真、高価な場所に行ったか、いかに高価なものを持っているかなど、そういう視点で互いに釣り合っているというのが現状ではないでしょうか。 単価数万円のお客さんを100人見つけるより、高単価で数人のお客さんをつけた方が確実に効率的です。 私も教え子がいますが、 1ヶ月で70万円のコンサルフィーを受け取る 彼はびっくりしていましたが、これも仕事を組み立てる力がつけばこれくらいにはなれます。 低額の固定費、高額の客単価、集客力=自由 この数式は今でも自分の中で重要視している公式です。 1億円稼いでいて、7000万円固定費、税金で1500万円持って行かれて1500万円の手取り。このようなことを達成するために、銀行に頭を下げたり、毎日ピリピリしたり、お酒でごまかしても、この毎日からは逃れられません。 100万円稼げば3、4ヶ月はゆっくり時間をかけてコンテンツを作ったり、勉強したり、昼寝を習慣に取り入れたり、かなり楽なのですが、どうやら人様は見栄の張り合いで多くを抱え忙しくなりたいようです。。。 だらだら書いてもあれなので・・・ 私自身はSNSは二度と行わないので、最後に2017年7月に5名ほど稼ぎ系のメンバーを、数名募集したいと思います。 私自身もどうせ信じないだろうな。。と思いながら書いているので、信じられないのはわかりますが、一つレポートを書いてみました。 ※終了しました※ 2017年9月11日追記 募集は打ち切っていますが、一応問い合わせフォームを設置しておきます。 お名前...
0 DownloadsDownload