SNS利用によって引き起こされる“ある心理トリガー”への注意勧告と・・・

告白

インターネットビジネスに出会い、10時間3年間の合計10000時間。実際にSNSをビジネス利用してきた上で起きてきた、まぎれもない実話を全て公開します。

 

他人に負けたくない・・・

 

サバイバルゲームを勝ち抜くための戦う精神を正しく制御できず、のちに、人生を転落させる「見栄欲望覚醒。

見栄と欲望を多額の現金に変え、勝ち取った。と油断したSが、見落としていたあるつの心理トリガーによって落とし穴にハマっていく

SNS利用の裏側に隠れている深い落とし穴に注意勧告

 

fromS

架空の世界

深夜3時12分

 

はもう顔出しができません。

「どうせまた女と絡んでいるんでしょ」

「SNSで何しているかわからない」

「DMたくさんきてるんでしょ?し●よ」

人間の深層心理を3年間勉強、実践、検証、改善を繰り返してきたので、どういう風にすれば影響を与えるSNSアカウンどにできるか知っています。

しかし、疑われる日々、そしてついに・・・

 

勝てる試合で戦えなくなりました。

ビジネスという戦場において勝てる試合がそこにあるのに戦えなくなってしまったのです。

釣り堀で餌をつけて放り投げるだけなのに、放り投げれないのです。

もっと具体的な言い方をすると、1日1時間(集中すれば30分)の作業で、月収100万円を超えるSNSの利用テクニックを知っているけどできないのです。(この文章も見られたら「だったらやれよ」と激怒されます)

私は馬鹿なので、3年間、多額の現金を使用して週3、4ペースで蓄積してきた自慢の画像投稿たちを5クリックほどで完全消去しました。(実は即効性があるので、お小遣いがほしい際にアカウントを開設してテクニックを乱用していたので、完全消去は2回目)

アカウントの削除。。それは・・・

ニートへの道まっしぐら

だなと感じました。

しかし、私の生活スタイルは、3年間ほとんどニートのように自宅で作業をしていたので、生活スタイルの変化に気がつきませんでした。  カリスマ性とかゼロで、いたって普通の庶民です。

アドレナリンのメカニズムを体感するために通ったパチンコ

SNSに気が散っていた私は、アカウントだけを作って客観的にSNSを見てまわっていた時期もあります。

華なコース料理の写真、級車に座ってピースをしている写真、派手にシャンパンを開けている写真、ワーマンションからの夜景の写真、ランド物の高級品を身につけている写真、勢群がっている写真など多くの写真を客観的に見て楽しんでいました。

そういう投稿を見ていると・・・

 

いや、、その言い回しは勿体無い

と、心理誘導トリガーを引くテクニックを再び使いたいという欲に狩られていました。

その言い回しの例を2つ公開すると・・・

 

初心者の投稿

→「今回は●●にある□□という、高級フレンチコースに行ってきました!自由って最高!!」

心理誘導のプロの投稿

→「どこも混んでいたので、空いてそうな所で食べてきました。コースで時間くったから意味あったのかな」

 

初心者の投稿

→「はぁ筋トレ疲れたけど、これで筋肉量アップだ」(普通のダンベル使用)

心理誘導のプロの投稿

「こいつで腕を鍛えています」(風船を持っているけど筋肉がある)

 

このように、写真だけではなく文章での表現によって、見ず知らずのSNSユーザーの気を引いていくのがコツです。

しかし、

綺麗な投稿のはずなのに・・と頭を抱える

こじらせインフルエンサー

が多いような気がします。

そして自分の投稿のいいね数を増やすために、無造作でいいねボタンを押し合っているユーザーが大半を超えているのではないかという見解を持っています。

つまり、スター性自分が主人公だよということを認めて欲しいという心理に取り憑かれている人がたくさんいるということです。

#SNS落とし穴への道のりStep1#

自慢投稿の裏に隠された

落とし穴の入り口「劣等感

 

自慢している坊やを想像して見てください。

ねぇねぇ僕のこれ見てよ。すごいでしょ。すごい?すごい?といっている少年です。

この少年の前に、勝ち目のない人が現れたら少年はどうしますか? 耳を塞いだり、そっぽ向いたり、どうにか張り合おうと無理をし始めます。

この心理トリガーが引かれた瞬間に、

#SNS落とし穴への道のりStep2#

劣等感の埋め合わせ

が開始されます。

もっと目立たなくちゃ。どうすれば目立てるかな。はぁはぁ・・・

自分を意識的に作っていく生き方を覚えてしまいます。どういうことかというと、自分のしたいことをする人生ではなく、人の気をひくための選択、行動を取るようになります。

一度こういう人と話をしたことがあります。

「いいね、コメント周りで疲れ切っちゃって。。。」

これを聞いた瞬間に、SNSを利用できている人よりも、SNSに縛られている人が多いのではないか?という予感がしているのですが、あなたはいかがですか?

 

#SNS落とし穴への道のりStep3#

劣等感から生み出される不幸の源

「見栄と欲望」

人間は、誰かよりも劣っていると感じたくないという本能レベルの心理があります。

その劣等感をごまかすために、人がしないようなデンジャラスなことに足を踏み入れようとします。例えば、こういう写真を載せさえすれば、人から注目されるだろうなという思考で、出かける先を決めたり、食べるものも変えたりして作られた自分がどんどん形成されていきます。

この段階においては「セルフイメージが大切」と自分に言い聞かせるステージです。

欲深くなり、見栄を貼ることで、自分のセルフイメージを保てるというキツキツの状況に突入してきます。

 

#SNS落とし穴への道のりStep4#

セルフイメージという名の錯和

「こういうものにお金使えば、きっと投稿したらいい反応があるぞ。羨ましがられるぞ。」

そう思いながら高価なものを「これはセルフイメージへの投資だ」と言いながら無駄使いするステージに突入してくるはずです。

ここまでくれば「嘘つき呼ばわり」されるようになってきて孤独を感じ始めます。

※寛大なパートナーがいたり、フリーであったり、変な下心を出さない人であれば、特に問題なくやっていけるかと思います。

#SNS落とし穴への道のりStep5#

作られた自分に引き寄せられる人に

作られた自分を見せ続ける

ここからは「見栄と欲望」を見せ続けるというステージに突入してきます。 このステージでは、何かとお金と時間を意識的に使うようになってきます。

例えば、ちょっとそこらへんでご飯食べようかなと思ったとしたら、「いや、これはあと少しお金出してでもおしゃれな所に行った方が、自慢できる」などそういう思考になってきます。

そうすると、作られた自分に寄ってくる人が現れ始め・・

嘘をつき始めるようになります

例えば、毎回綺麗な食生活を送っているというイメージを持った人と繋がったとしましょう。人間なので、面倒な時は面倒です。 パッと作った猫飯のようなご飯を食べていることは黙らなきゃいけないと思い始めます。

結果として、「あぁ、今日はグラノーラにしたよ」などの小さな嘘をつき始めます。

私は、今は全て真実を語るようにしていますが、このような思考回路の時が実際にありました。

 

#SNS落とし穴への道のりStep6#

見栄とプライドの戦いに参戦してしまう

悪循環はまだ続いていきます。 SNSを頑張れば頑張るほど、負けたくないという欲が呼び起こされてしまいます。そして、負けたくないと思えば思うほど、他人の写真がどんどん気になるようになります。

人を惹きつける投稿がわかっているならまだしも、誰かの投稿に惹きつけられて、真似しようとして高い買い物をしたら、普段行かないような所に行って張り合っていたらいくらお金と時間があっても足りません。

 

もしもあなたがこの6つのステップを踏んで、SNSに縛られているのならば、診断結果を提示し、処方箋を出します。

 

診断結果

「SNS困惑症候群」

処方箋(pgfデータ)

SNS困惑症候群の処方箋(無料3ページ)

さぁ処方箋を受け取りたまえ

 

ごめんなさい。ふざけすぎました

「ビジネスだろ?ふざけるんじゃないぞよ」という声が聞こえそうですが、稼ぐというテクニックが身につけば、白背景で腕組みするとか、かっこつける必要がありません。 

 これが実際の私です。

タワーマンションを借りたりとレクサスも購入したりと、こういうことは経験済みです。証拠の動画URL→https://youtu.be/R0PGdjL9k5A

※動画は低評価の方が多いようですが、私はこのマンションはあくまで経験としてセカンドルームとして借りたものです。場所も安いエリアなので、家賃も21万円くらいでした。

さらにすごい人に押された低評価→あなたを目指しています。という意味で嬉しいこと

それ以下の人に押された低評価→お疲れ

という感じなので気にしません。

話が脱線しましたが・・

「腕立てする方法」を知っていて、

腕組みして偉そうにする人はいますか?

それくらい単純なことなのです。

私はもう高いものを買ったり、見栄を張ることにも飽きて、固定費を下げて生活しているので、月に20万円あれば生活できます。

稼ぎすぎても、、

日本の税率が高い

ので、稼いで無駄使いして経費にすることよりも、できるだけ安く生活する方が賢い生き方なのかな?と考えていきています。

ちなみに年収1000万円の方の手取りはおおよそ765万円、年収600万円の方は514万円、年収300万円の方は300万円が実質的な手取り収入となります。(税金対策なしで会社員の場合)

なので物販とかアフィリエイトとかFXをして、儲けすぎた場合は「会食」「研修費」「設備投資」「社員旅行」などの経費に当てるというのがたった一人の個人でやるには効率がいいのではというのが私の見解です。

 

特にSNSの世界では、

稼いでないのに

「私はこうやって稼いでます。あなたもどうぞ」

という風に拾い画を加工して投稿すればいいよ! と教えているコンサルタントが存在しています。

なので、SNSは嘘だらけの空間になっているかのように思えます。 いかに綺麗な写真、高価な場所に行ったか、いかに高価なものを持っているかなど、そういう視点で互いに釣り合っているというのが現状ではないでしょうか。

単価数万円のお客さんを100人見つけるより、高単価で数人のお客さんをつけた方が確実に効率的です。

私も教え子がいますが、

1ヶ月で70万円のコンサルフィーを受け取り

びっくりしていましたが、これが普通です。もっというとちょっと少ないかなというくらいです。

低額の固定費、高額の客単価、集客力=自由

この数式は個人だからこそ達成できるものです。

1億円稼いでいて、7000万円固定費、税金で1500万円持って行かれて1500万円の手取り。このようなことを達成するために、銀行に頭を下げたり、毎日ピリピリしたり、お酒でごまかしても、この毎日からは逃れられません。

100万円稼げば3、4ヶ月はゆっくり時間をかけてコンテンツを作ったり、勉強したり、昼寝を習慣に取り入れたり、かなり楽なのですが、どうやら人様は忙しくしたいようです。。。

だらだら書いてもあれなので・・・

私はもう今後教えることを完全にやめてSNSも二度と行わないので、最後に2017年7月に5名ほど稼ぎ系のメンバーを、数名募集したいと思います。 私自身もどうせ信じないだろうな。。と思いながら書いているので、信じられないのはわかりますが、一つレポートを書いてみました。

※終了しました※

2017年8月9日追記

募集は打ち切っていますが、つよい想いがありましたらこちらからメッセージください。

createwalks@malya.sakura.ne.jp

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

こちらにレターを書いているので、読んでみてください。(5ページ

インテリマーケティングクラブ$(IMC)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

追伸

よくある質問

Q1 もう情報商材を購入してしまいました。今からでも大丈夫ですか?

A1 全く問題ないです。 むしろそのようなノウハウを持っている方がいいです

Q2 なぜSNSをやめるのですか?

A2 女性関連で色々あってトラウマになったので・・・

Q3 誰でもできますか?

A3 大きく稼ぎたいなら人と会って対面セールスができれば大丈夫です。

Q4 ネットだけで完結できるやり方はありませんか?

A4 以前はペラページの作成でPPCアフィリエイトで即金性のあることができましたが、今のアフィリエイト系はライバルが強すぎるので、副業感覚ではできないのと、短期的には成果を出しにくいのでオススメはしません。

Q5 どうしてもネットだけで完結したい場合はどうしたらいいですか?

A5 FXがオススメですが、ちゃんとやらないとなくなってしまいます。私はシグナルツールも同時に使っています。

Q6 最後、最後と言いながらまたやるんでしょ?

A6 いいえ、あなたが稼げるようになると確信しているので、私はあなたの案件をプロモーションする側に回る予定です。つまり、稼いでもらわないと困るので、一緒に頑張れる人が欲しいのです。

Q7 年齢は何才くらいまで受け付けているの?

A7 20代が好ましいです。 30代以上でもいいですが、人の話すら聞かない人が多いので、しっかり人の話を聞いて実践する方であればどうぞ

Q8 どこに住んでいてもできるの?

A8 都内、名古屋、福岡、長野、広島、茨城、仙台、大阪・・・そのような地域の方もやってきました。