空気が超高く売れる理由

おはようございます。

 

「習慣化」がとても大事ということをブログで書いたことがあるとおもいますが、僕は考えました。

 

「それって成功本を読めばどこにでも書いてあるし、多くの人は、絶対に読んでいて実践しているはずだ!」と思ったのと、その次に「意思の力」という概念が出てくるので、このあたりのことは、おおくの人は知っていて、取り組んでいるだろうと仮説を立てました。

 

しかし、それでも圧倒的なとびぬけた人は少数派であるはずなので、そこに答えがないのでは?と思ったわけです。

 

なので、逆に、もう一度「本能に沿って生きる」という成功法則と逆のことをしようと今取り組んでいます。

 

昨日は渋谷で朝まで飲んで、現在13:05、洗濯物を干してカフェオレを飲んで記事を書いています。

 

こういう風に、本当の意味で「人のいかない方向」に進むので、ここから得る経験こそが人に何かを話す際の厚み、なにかしらの価値に変わると信じているので、毎日が楽しいです。笑

 

では、本題いきます。

 

空気しか高く売ることはできない

 

ずばり、「空気」というものは「付加価値」です。

この「付加価値」という概念さえしっかりおさえておけば、空気だろうと高額な価値を持たすことができます。

 

 

たとえば、「本当はやせて、腹筋を割って女にもててやりまくりたいデブ」がいたとします笑

 

その人は本当に求めている肉体的姿は「腹筋が割れていること」そして「女にもてていること」です。

 

 

それを誤魔化すように「高級車を買って女をひっかけようとしても、結局はデブです。」

つまり、高級車をお金で簡単に買う以前に、自分の肉体を鍛えるという自分への負荷がないことには、【ただの小金持ち中年オヤジ】であり、腹筋が割れていてツヤのあるからだの男性には肉体的に負けているのです。

 

なぜ空気に価値があるのか

 

なので、【お金を持っているからこそ、モノで女を釣るんじゃなくて、自分に負荷を与えて内面から女を口説いた方が充足感は強い】ということを伝えるだけで、そのデブは「本当に求めていた充足感」にたどりつくことができるようになります。

 

つまり、実は充足感は「内側」からくるものなので、外側ばかり信じて追っている人にとって「内側のしゃべり」という空気の方が価値は高いのです。 

いろいろな価値観があると思いますが、少なくとも僕は、そういう時を経て今の考えにたどりついています。

 

 

どうやって「価値」を付加させるのか

 

たとえば、車屋さんで説明します。

男性が、車を見に来ていて、明らかに女を乗せるであろう車を探していると察したとしましょう。

 

そういうときに、男に「燃費」の話をしたり、「状態はきれいです」とか見えることを話すのではなく、【20代、女性100人に聞いた!男性が乗っていてきゅんとする車ランキング】のような資料を用意しておいて、それを「参考までに・・・」と見せてあげます。

 

こうすることで、例えば中途半端に200万円の車を買うより、300万円の車を買って長く大切に乗った方がいいんじゃないですか?

 

車に乗るたびに、3つ星ホテルなのか4つ星ホテルなのか?ということは8年くらい通して考えると、絶対に見えないリターンがあると思いますよ。

 

といえば、「空気」が値段をあげることにつながる可能性があります。

300万円の車だからじゃないということです。

 

 

空気を売れないと商売はできない

 

人の購買というものは「ほしい」「必要」と思わせれば何でもいいんです。というか、僕らが欲しいほとんどのものは「誰かに欲しいと思わされています」

 

男なんて言うのは、「女と金、見栄」が基本的な欲なので、「女と金」をうまく操れる脳というものにはとてつもない価値があると思っています。

 

とくに「投資」の世界ではなく「浪費」の世界では、「女、金、見栄」このあたりを意識して伝えていけば男は消費します。

 

空気を売ることは「悪」にも「正」にも使えます。

しかし、本当の価値を伝えていくには、この「悪」と「正」をうまくバランスよく使いながら、たどり着かせたい景色まで誘導していくことが、真の事業者といえることでしょう。

 

目に見えている景色は、内側から外側と現れてきた結果でしかないので、結果である外側の物ばかり求めたり、買っていては、全然人生は変わりっこないことだけは経験上伝えておきたいと思います。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

【事業】ウェブ関連・マーケティング 【生い立ち】 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京5箇所目→石川県金沢市2018年8月~(現在合計15回目) 【仕事】 大学卒業後に大手建設、設備設計担当 2013年~ (Tfas使ってました) 2年後脱サラ(2015年7月) インターネット関連の事業を開始 2015年~