IT在宅コンサルタントって何?

It在宅コンサルタントという生き方

 

クリックすると17分の動画が流れるので、下の文章を読んだ方が早いかと思われます。

 

副業でアフィリエイト、転売、FX全て経験し、本業の年収を越えることができなかったので断念。 その後もっとも単純な方法を知り、2015年に大企業を退社。

(大企業に入るのは今の時代にナンセンス・・とか入ってもいないのにいう人とは別で、実際に入社しています。希望であればこの退職証明のモザイクなしを差し上げるので、最後部のラインから「退職証明をみたい」と送ってください)

ほんの1年で1500万円以上の貯金を手にした上で話をしているので、一応読んでみてもいいのかと思います。下記に証拠の残高写真を載せています

下部にモザイクなしの写真を載せています

 

 

出たよ。そういう自慢・・

このように思われるのはわかっていますが、冒頭にこういう写真を載せないと、人は「論理的な話は読もうとしない」ので、仕方なくせています。

ビジネスチャンスの到来

今から書く内容は、信ぴょう性がないと思うはずなので信じないでください。

日本の技術が上がれば上がるほど、それを逆手にとって簡単に儲かる方法があるのです。

今までの我が国というのは、物質的な欠落による低い生活水準を上げて行くために、人々は同じ方向を向いて物質を作りながら物質的な幸福を仲間や家族とシェアして生きてきました。(発展途上の段階)

現在において、多くの苦労をする理由は、今だに物質的な追求をすることが豊かさの答えであると信じ、日々動いていることです。

キャンプをする際、テントを張り、寝床を作り、食事の環境を整え、椅子とテーブルを並べたあとは、何をしますか?遊んだり、最良のものを選んだりするはずです。

しかし、世の中は物を売ることに必死なので、本来いらないものを人々に「必要だと思わせて」います。ここがかなりのビックチャンスになってきます。

 

操作される個人の方向性

この時代背景と同時に押さえておきたいのは、現代において物質的な飽和と、スピードサービスが加速することによって、我々は様々な物質や情報に縛られるようになります。

あっちでは「Aが幸せ」、こっちでは「Bが幸せ」だと各地で光が点ります。多くの人は、その光にあっちこっちと飛んでいきます。そして我々は多すぎる情報や物質によって、何が自分の求めているものなのか?という方向性が常に操作される環境になってしまいました。

 

人工知能AIの発達

人工知能が発達することによって、「世の中は便利になる」と説く人もいれば、反対に「思考を読み取られ、思考を操作され、操作された思考に対して営業を仕掛けられる時代になるので、人は孤独化する」と説く人もいます。さらに人々は、上層部の人間にマインドコントロール・操作され始めることでしょう。

大きな欠落ポイントの発生

物質的な飽和、そして短期的に快楽を与えてくる手法が浸透してくることによって、人には欠落ポイントが出てきます。「自分は何をしていいかわからない」という欠落ポイントです。人と話をしていると感じるかと思いますが、多くの人は日々何をしているかわかっていません。

さらには「なぜか家庭環境が悪かったり」「なぜかすぐ浮気されたり」「なぜかお金がたまらなかったり」「なぜか不健康になったり」「なぜか病んでしまう」「なぜか子供がいうことを聞かない」など、目に見えないメカニズムや人の心理状況からくる根本的な負の要因の「原因」がわかっていないのです。ここに大きな欠落ポイント、ビッグチャンスがあります。

精神病患者の推移データも一応確認しておくと

精神患者が増える原因ということは、単純な例を挙げると、「キャンプの道具はそろった。あとは遊ぶだけだ」となっている人が「マキのレベルを上げるぞ」「テントのシートの質を改良するぞ」「肉の焼く機械のクオリティを上げるぞ」「釣り道具も作るか」などのことは「もうこれって意味ないじゃん」となっている心理状況の人が多いと推測できます。

  高度経済成長→バブル(1986年から1991年)崩壊し、年々精神疾患の患者数が増加

つまり、「世の中はもう意味のないことをしているけど、活動するきっかけ、喜怒哀楽を感じるきっかけをお互いに与え合っているだけだから深く考えないで家族、友達、親戚、子供と効率よく遊ぶ方法だけ考えればいいと思いますよ」と言っただけでも身が軽くなる人だっています。

 

発展途上と先進国の違い

発展途上→キャンプができるようになるために、色々な道具を開発していく段階

先進国→キャンプはできるから、どうやって快楽を満たすか、何の道具を選べばいいか、どこのキャンプ場がいいかを知りたい、仲間が欲しい、楽しんでいる人を見たい

 

youtuberとの関連も一応確認しておく

youtuberのようにワイワイしたり、インフルエンサーという概念があるのは、先進国がほとんどです。例えば発展途上国としてカンボジア人がそれをやっていたら「そんなことよりイス作って」といわれるでしょう。

「アメリカ youtuber」「フランス youtuber」「イタリア youtuber」と検索したら誰かが出てくるのですが、「カンボジア youtuber」と検索しても人物は出てきません(2017年7月)

 

 

アメリカで行われているピンポイント教育

一方、日本の1歩先を行くアメリカでは、アンスクール、ホームスクールという教育法が富裕層中心に行われています。 教えたい内容を子供にピンポイントで教えるために、専門の先生を家に招いたりコンテンツを購入し、自宅で学ぶという子供が増えています。

例えば、「算数がわからない」となった場合、算数のどこのポイントがわからないのかを明確にして教えればいいのです。

例えばそれが四捨五入ならば、「四捨五入」に絞って情報を与えた方が早いです。

要するに、「四捨五入の方法」を知っていたり、「電卓を作る」ことより、どこがわからないかを理解し、わかるように組み立てることができるかどうかが人生のポイントになってくるのです。

 

一人が一人を満たしていく時代が来る

現在、大きな組織が、小さく分散して行くような傾向が見られます。大きなデパートとして構えていた店よりも、テナント式のららぽーとやイオンのように専門性の高い店をスペースに配置することが加速してきました。これは、人々の奥底にあるコアな価値観に触れないことには支持されにくくなってきたという現れであります。

つまり、効率的に人を満たして行く方法は、「一人一人の心理を読み取り、方向性を照らしてあげて、それに必要なコンテンツ、材料を渡してあげること」です。

 

なぜ在宅コンサルタントなのか?

そこで、なぜ「在宅」なのか?ということです。

僕も経験してきたのですが、事業を拡大すればするほど、コストがかかります。(テナント費、人件費、光熱費、活動費)さらに、コストがかかることから「多くのお客さん」を対象にしなければならなくなります。

つまり、奥底にある本当にしたいことを一人一人に聞くことができず、アンケートをとって相対的に平均的な答えを出して提供することになります。

「一人の奥底の声を聞いて、方向性を示し、必要な材料を渡して行く」これに対して自分自身がコストのかかることをしたらどういうことになるでしょうか? 「あー事務所代がいるからもう一人お客を捕まえなきゃ」とかそういう思考になります。 つまり、任務を果たすために固定費をあげる理由もなく、逆に固定費をかけたらいけないのです。

結果として、あなたは一人の欲、悩みにフォーカスすることさえできれば儲かるのです。

 

人生の道しるべ役になる

もう一つ特徴があります。人生において一番無駄にしたくないものは「時間とお金」です。「時間とお金」はその人の考え方によって使われます。 つまり方向性を示してあげて、そこに向かう必要なものだけがわかれば、その人は無駄な時間も無駄なお金も使う必要がないのです。

思考→行動(時間とお金のかかる要因)→結果

ここを整えてあげる

すはなち、付加価値が極端に高くなるわりには原価がないことを提供することができるのです。

需要と供給でいうと、供給が足りてなさすぎるので、このスキルさえ身についてしまえば、あなたが在宅であったとしても、人並みくらいの貯金が1、2年で出来ます。

クリックするとモザイクなし画像が出るので確認したい方はどうぞ

在宅コンサルタントになるための知識は?

とにかく在宅コンサルタントとしての任務は、そのお客さんのキャラクターや世界観、価値観を理解し、そのキャラクターをどういう風に歩ませれば、そのキャラクターが主人公になれるか?というRPGゲームのように人生をデザインする力、そしてしっかりお客さんを主人公にさせたいと思うだけです。

具体的にキャッシュ化させれる知恵、知識

  • あなたが知っていて、他の人は知らないこと
  • あなたに立ちはだかった壁、そしてそれを超えた経験
  • あなたが達成していて、他の誰かも達成したいと思っていること
  • お金の管理術
  • ダイエット
  • 英会話
  • ヨガ
  • ストレッチ
  • 美脚ノウハウ
  • 筋トレノウハウ

・・・・・・・あげればキリがありません。

大きく分けると

  1. 健康市場
  2. お金市場
  3. 人間関係市場

この3つに分類されます。そしてマーケティングのスキルを身につけてしまえば、たった一人で独立できます。

 

IT在宅コンサルタントに終わりはない

このIT在宅コンサルタントは、「ブーム」とかではありません。人の感情があり、世の中がロボット化していけばいくほど儲かる職種です。

「こだわりの専門店」のようなブームというものとは別です。(人々が同じ方向を向くための一過性のものであるため)

あなたは他人の方向性を示して行く存在になりさえすればいいのです。

 

方向性を示すためには

人生における一番の豊かさを感じるポイントは「方向性を感じること」です。それは個人でもいいです。家族としての団体でもいいです。ビジネスでも同じです。何か同じ方向を向くきっかけさえあればうまくいきます。

物質的なもの、金銭的にすでに満たされていたとしても、誰かの方向性を示してあげることができないということは、「出来上がった銅像」と同然で呼吸と食事をするだけで人生を終えてしまいます。

そういう方に方向性をしめていくことが在宅コンサルタントとしてのお仕事です。

 

路頭に迷っている人の手を引いて上げる

僕のやってきた感覚として「ここに行きたいんでしょ?なんでそっちに向かっているの?」という人がかなりの数、存在しています。そして、その方向性を掘り起こすこと、必要なコンテンツ、材料、考え方を渡して行くことでその人はスッキリして生き始めます。 

マッサージをして身を軽くして、また頑張り始めるという感覚と同じです。フィジカルではなく、精神的なほぐし、整体?をおこなうのです。

ここまでの文章を読みました

感情論でなく論理的に理解できた

IT在宅コンサルタントについて直接きいてみたい

問い合わせてみる

追伸1 少数精鋭で繋がっていきたいので、「自分を高めたい欲」をしっかり持っている人だけお願いします。

追伸2

 

こういう実績者とのやりとりを公開すると、テクニックを悪用して荒稼ぎしてしまう可能性があるので、出したくないのですが、もしも「どうしようかな」で迷っている人は、このように成果を出す人も実際にいるでのご安心ください。

追伸3

少数精鋭ですので、同時期に5人以上には教えていません。というより各自異なった個性があるので、短期的に一人一人成果を出すためには、これ以上無理であると僕は考えます。