読みやすいライティングで差をつける

文字のフォント、文字の大きさ、色について

自分の書いた文章をばちんと相手に届けるためには、最低限「読みやすいくないといけません」

文字のフォント、大きさ、色についてかいていきます。

単純な記事なので、さっと読んでみてください。

フォントは2種類まで

フォントの種類に関しては、いろいろな種類のフォントが羅列していては、読みずらくなります。

基本的に「明朝」「ゴシック」「ヒラギノ」等から2種類までと考えておきましょう。

10種類のフォントを使っているサイトであると、まず読みづらいですよね!

文字の大きさも2種類まで

文字の大きさもばらばらであると、人の目はスムーズに動いてくれません。

小見出しと本文で分けることが基本です。

使う色は3種類まで

黒、赤、青です。

青はリンク系のところだけつかいます。

シンプルがベスト

新聞や雑誌は、過去ずっと同じような書き方に沿って書かれています。

つまり、読みやすい書き方であることがわかります。

デザインをよくして格好よくしたら読んでもらえるのかなと思いがちですが、

シンプルなデザインで書くことで文字をダイレクトに伝えることができます。

あなたのメッセージを届ける

どういう風に見せるかではなく、何を言うか?が問われてくる時代に突入してきます。

綺麗に見せれば格好がいいですが、あなたのメッセージがデザインにごまかされると届かなくなってしまいます。

読みやすいデザインで、文章で勝負していきましょう

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始