コピーをマスターする方法

※今回は重要なテクニックを話します。

盗むテクニック

コピーライティングの目的が利益を出したいという理由ならば、簡単な方法があります。

要するに、次の3つのステップですよね

1、問題点、解決したい悩みがある

2、その解決策探している

3、解決できそうだから、ものを購入する

これにそってパクっていきます。

 

パクリ方

具体的なテクニックです。

1、 ヤフー知恵袋でQアンドAがありますよね?

盛り上がっているQ&Aにそって記事を書いていきます。

 

2、 ユーチューブで再生回数やコメントがある動画で、

 Q&A形式の動画からQ&Aネタを拾ってきて、記事と図でまとめる

 

タイトルのつけ方

Qの解決の仕方をストレートに書きます。

(例)ヤフー知恵袋 「薄毛、抜け毛カテゴリーより」

タイトル『20代のMハゲを治す方法』

 

キーワードの見つけ方 その1

このタイトルで検索してみましょう。

するとトップに幾つかサイトが出てきます。

このページの「ソースを表示」します。

その中にある、メタキーワードに注目します。

 

<!– keywords –>

<meta name=”keywords” content=”M字ハゲになる原因と治す方法!※どうしても治らない意外な理由とは??予防にも育毛剤がいい!?, m字,ハゲ,原因,治す,” />

 

こういうやつですね。

このキーワードについて記事を作成すればいいのです。

 

キーワードを見つけ方 その2

アマゾン(本)を買うところにいきます。

そこで、ハゲと検索して、出てくる本をチェックします。

 

そこで「売れている本のレビュー」を見ます。

ここからキーワードであったり、ネタを拾ってきます。

 

開発するんじゃない。 盗んでまとめろ

僕自身も、ずっと「オリジナル」を追求してきました。

しかしながら、書いてインターネット上に出た瞬間に

「誰が書いているか」は関係がないことに気づきました。

 

だったら初めから、他の人が変わりに書いた記事のなかから

「需要がある記事」をカスタマイズさせたほうが早いことに気がついたのです。

 

このブログは拡散させてはいけません

このテクニックについては、多くに知られてはいけないのです。

なので、僕のブログをこまめに見てくれている人にだけ、届けたいとおもいましたので、

ここの記事にさりげなくテクニックを書いています。

 

このことに気がつくのも、普通ならゼロから始めて

1年くらいやらないと気づかない内容なので、

1年分、得したと思っていただいて結構です。

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始