コピーをマスターすれば一生困らないスキルになる

「はい出たよ。そういう系の記事ね」の前に

これは、「はいでたよ、そういうのいいんだけど・・」と言われても仕方ないので、先に言っておきます。

コピーをマスターするということは「人を理解する」できなければできないことです。

つまり、人を理解した時に、なんでもコントロールできてしまうということが可能となります。

女性にもてたい場合、男性にもてたい場合・・・この簡単になってくるでしょう・・

 

「ペンは剣よりも強し」?

はいはい、もういい加減にしてくれよ、わかったからといわれても無理はありません。

僕自身もいきなり目覚めて「ペンは剣よりも強し」と唱えたわけではありません。

こればかりは「体感」でしか感じられないので、とくにだらだら書いても意味はないのですが。。

 

ナンパと似ている

僕自身、ナンパ?罰ゲーム?は中学生の頃しか経験はないのですが、

ぼぉっとしてたら「ありえない人脈」を「一瞬でつくる」スキルです。

 

しかし、一瞬で人脈をつくるといっても様々なことをクリアしなければなりません。

1、「あんただれ?」と言われないためのアプローチ

2、いやいや、怪しいんだけど。。。と思われないためのカモフラージュ

3、会話を進めるための、出だし

4、惹きつける方法

5、聞き出すテクニック

6、解決するためのアドバイス

7、さらに惹きつけるテクニック

8、クロージング

 

ナンパができないのは、この流れができていないだけ

いけめんじゃないから出来ないとかではありません。

不細工で顔がテカっている小柄な男でも、なぜか女性を落としています。

手順をわかっているからです。

 

逆に、イケメンでも、手順を間違えば、成約率?はゼロでしょう。

つまり、正しい相手への理解ができてコピーライティングが達成されるのです。

 

コピーライティングができるようになると

例えば、あなたが就職する際に「面接官」に話しをします。

その際に、コピーライティングの知識、経験がある方なら

「私は御社の福利厚生がとても素晴らしいとおもっています・・・・」

みたいな変な回答をすることはありません。

 

子供に歯を磨かせたい際も、頭ごなしに

「歯をみがけ」ということもありません。

 

人生結局なにに困るのか?

 

「周りが思うようにならない」

 

これに尽きるはずです。 しかし、コピーライティングをマスターして他者をコントロールするレベルまでのスキルがつけば、なぜ、この人は怒っているんだろうとか、こういうことを言えばいうこと聞くな、とかそういうのが見えてきます。

 

つまり、変な敵を作らず、のーのーとやっていけるようになるわけです。

コメントを残す