パソコンと自分との対面勝負に勝つ

様々な誘惑

文字を打っていくということは楽しい作業ではありません。

しかも、リストをとるための文章であったり、セールスをかける文章というのは、

労力がかかることです。

つまり、文章をかいていると、途中で、寝たくなったり、明日でいいや、とかお菓子たべよう。とか様々な誘惑があなたを襲うでしょう。

この誘惑こそが、あなたの収入を落とす1つの要因になってきます。

 

パソコンからも誘惑がくる

パソコンでライティングをしていて、途中でSNSの通知など来て、

「あ!アップされた!」とタイムラインを見ていては、時間がもったいなさすぎます。

 

すぐに1、2時間すぐに経過してしまいます。

今この文を書きながら僕も通知が右上にでて、気が散りました。笑

 

受信と発信

パソコンに文字を打っている行為は「発信」という行為です。

発信するということは、疲れます。

 

一方受信することは簡単です。

受信しやすく相手も発信しているので、気をぬくと、相手の意のままに受信して引き込まれてしまいます。

 

おそらく、あなたはテクニックは知っているはずです。

現在のインターネットで稼ぐ系のノウハウは出回っているので、テクニック自体は無料で知ることができます。

1、有料商材が販売される

2、多数の実践者が同じことをする

3、無料レポートを配布してリストをとることをする人が現れる。

4、無料レポートを読んだ人が、ブログで集客したいからノウハウをすべて垂れ流しにする

つまり、テクニック系のノウハウはわざわざ買う必要がないのです。

 

なぜパソコンとの勝負に勝つ必要があるのか?

そもそもインターネットとは、発信者が整理されているものです。

見ているだけでは、受信することしかできません。

 

しかも、インターネットマーケティングがうまい会社は、あなたの目の前に広告を出すことを熟知しています。

つまり、インターネットを開いた瞬間から敵に包囲されているのです。

 

パソコンとの勝負に勝つには?

自分がしたいことに必要な情報だけを仕入れて、カスタマイズして外に発信するという考え方でパソコンと戦わなければなりません。

 

「誘惑にまけちゃだめだよ」ということよりも、ここまでの文章をしっかり読んでいたら

パソコンは便利ではあるけど、この発信者に安易に負けていてはだめだなと気づいてくるはずです。

あなたの情報を求めて誰かのために、発信しているのですから。

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始