「あなたに」精神ではだめな理由

consultant-secret

偽善者コンサルタント

商売をしている人であると一度は耳にしたことがあるだろう

「あなたに精神を持ちなさい」

しかし、コンサルティングをする立場の人が「あなたに」精神をするということは

どういうことでしょうか?

「楽に成果をあげさせること」

「なんでもしてあげること」

「代わりに仕事をすること」

 

この上にような「あなたに」精神なコンサルタントは何を与えているのでしょうか?

 

「楽」することでは力はつかない。

まず1つの図をみてください。

経験と共に、このようなスキルが付くという図になっています。

この計画の立て方は非常に効率がいいです。

%e7%9b%ae%e6%a8%99%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

何を求めているかに対して、どのようなスキルが必要なのかを書くのです。

そして「経験」「行動」によって「スキル」を身につけていくというものです。

 

山を登っていくことでスキルがついていくのです。

行動が大切という意味がわかりやすい図になっています。

 

成功者の1日を想像してみてください。

毎朝何をして、どんな人と毎日あって、どういう作業、仕事をしていますか?

誰かに言われることを「はいはい、やります」という人間ではないことは確かです。

 

「楽」をするということは、

やることがわかっていて、それを他者に強制させられることで

行動せざるを得なくなり、会社に利益があがるというレールにのることです。

 

起業家やコンサルタントとなる身の人間の素質がないということを自覚してください。

 

売れないコンサルタントの「あなたに精神」

僕はコンサルティングをしていきながら、同業のコンサルタントにも複数あってきました。

実際目にしてきて、思ったことをいいます。

「しっかりノウハウを教えていたコンサルタント」は

誰も成功させていません

 

いっぽう

「しっかりやることをさせていたコンサルタント」は

実りのある成功者を輩出させています。

 

考え方やテクニックを教えることがコンサルタントでありません。

行動させることこそが売れるコンサルタントの必須条件なのです。

PDFのノウハウを転売する無能なやつら

「この商材は30万円しました。しかし、あなたには特別に5万円で売ります」

「こういうことがかいてありますので、やれば成果でますよ」

この手のタイプの人は「やらない人」が「やらない人」に売るだけのものです。

 

売れるコンサルタントは「行動」させる仕組みをもっています。

 

誰かにコンサルティングを依頼したいというかたは、

そのコンサルティングは「行動」できるものになっているかをしっかり把握してください。

 

「ホワイトボードで会って教えます。」という内容のものは

行動できている人が補足、プラスアルファの動きができるようにきくものであり、

《行動して成果を出したことがない人が聞く内容ではないのです》

 

「あなたに」精神コンサルタントを見かけたら

高確率で「教えます」「この資料を渡します」系の人だとおもいます。

大事なことなので、何回もいいますが、

「行動できる内容以外のコンサルティング」は上級者向けなので、初心者はまずは

行動できる環境を選んでみてください。

コメントを残す