なにをコンサルするか?

consultant-secret

貴方の言葉がお金になる瞬間

あなたが売れるコンサルタントになるためには、まずは貴方の言葉に対して価値をつけていかねばいけません。

要するに、「私はあなたの話をきけたから、次に進めることができた」といわせる必要があるのです。

つまり《あなたがどういう人間であるか》によって、売れるコンサルタントになれるのです。

どうやって売れるコンサルタントになるのか?

売れるコンサルタントなのか、売れないコンサルタントなのかの違いをみてみましょう。

 

⚪︎売れないコンサルタントの例

 

①自分はこれを知っているから聞け!

②コンサルティング内容をテンプレート化している

③誰に対しても同じことを言っている

④自分主体の言葉ばかり使う

⑤有名な人の明言、格言が好き

⚪︎売れるコンサルタントの例

 

①自分は何も知らないと思っている

②コンサルティング内容が人によってばらばら

③提供内容をテンプレート化にできないことを知っている

④とにかく話を聞く

⑤自分の経験から得た事実だけを話す

なにをコンサルティング内容にするべきか?の前に

売れるコンサルタントの例⑤に示すように、「行動」をする必要があります。

なぜ、行動する必要があるかというと、「経験から得た事実」しか聞き手は興味がないからです。

 

「ベンツは故障が多いらしいよー」といって、あたかも知ってるようにいっている人

or

「ベンツすぐ故障しちゃうよー」というベンツのオーナー

 

同じことをいっていたとして、あなたはどっちの言葉にパワーを感じますか?

 

なにをコンサルティング内容にするか?

今回の記事のキーポイントです。

ここまでに書いてある通り、「行動をしないといけない」ことはなんとなくわかってきたかと思います。

しかし、多くの人は「なにを行動したらいいか」わからないのです。

 

一番わかりやすく説明すると「ネットビジネス系」が一番行動しやすいです。

私の記事でもあるように、たとえば「転売」をできるようになるまで、ノウハウを買ったり、作業したり、とにかく経験するのです。

 

コンサルタントになるまでのフローを記載します。

 

ステップ1 転売に関するノウハウの元に、実際に利益を出す。

ステップ2 「転売してみたいなーどうやるのかな、月5万でいいんだけどな。。。」を探す

ステップ3 セールスをする

ステップ4 自分の経験をもとに、教えていく

ステップ5 経験をもとにおしえているので、成果がでる。

これであなたもコンサルティングができるようになります。

 

ネットビジネス以外でコンサルティング

もちろんコンサルティングはネットビジネスにとどまりません。

あなたが何か得意だとしましょう。

⚪︎友達を作るのがうまい。

⚪︎健康の知識のもとに生活して、痩せた。もしくはこれが治った。

⚪︎速読する方法を知っている

⚪︎家の掃除をサボらない工夫を知っている・・・

なんでもいいんです。

 

知りたい人がいるかどうか?が鍵

コンサルティングを難しく考える必要はありません。

人間はよりよく成長したいという欲を誰もが持っています。

あなたが、これは私の得意分野だ!ということがあるのならば、売れるコンサルタントにならないともったいないのです。

あなたの通ってきた道、スキルを知りたい人はたくさんいます。

 

売れるコンサルタントになりたいという方がいましたら、協力したいとおもいますので、こちらからスカイプ無料相談へ予約してみてください。

クービック予約システムから予約する

初対面でスカイプは恥ずかしい!という方は、ビデオを回さなくてOKです。笑

僕もできればビデオオフがいいですし。。

コメントを残す