コンサルはキャラクタービジネス

consultant-secret

悟空かベジータか

久々に、ドラゴンボールを見ていました。

あなたは、格闘家になりたいと思ったときに悟空に教えてもらいたいですか?

ベジータに教えてもらいたいですか?

100人にアンケートをとると、おそらく大半は悟空という結果になると思いますが、

ベジータにも票は入るはずです。

 

悟空の存在は知っているけど、ベジータで

コンサルティングにおいても、このようなことがおきます。

実は私は、つい先日こういう人とやり取りをしました(本人が見ていないことを願う)

 

「ネットビジネス界で有名な「ヒ⚪︎⚪︎さん」なら知っていたり関わったことがあるから、ヒ⚪︎⚪︎さんならその話は乗ります」

しかし、私は、その人をお客さんに出来ました。

 

(※現在、その方は素質があると思ったので、グループの一員に入れました)

僕のように無名であるにもかかわらず、自分の軸でキャラクターを作っておけば、有名どころにも勝てるということです。

 

あなたは、どういうキャラクターですか?

キャラクターといったら、難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に考えましょう。

(キャラクター)

⬜︎ オラオラ系

⬜︎ 気品なサービス系

⬜︎ 体験型(実践させる)

⬜︎ とにかく理論的な話をする

⬜︎ 顧客成果主義

⬜︎ 哲学系

他にもいろいろあるかとおもいますが、自分の軸というものをまずは作り、それを貫きます。

 

あなたにしかつかないお客さん

以前、私と一緒にやっていた、Mさんというパートナーがいました。

もともとは私のコンサル生です。

 

その方が自身のお客さんを、「この方に教えてもらいました」と私に紹介してくれました。

そこで、僕はMさんに話したように話していったのですが、聞いていないのです。

 

すると、そのお客さんはこういったのです。

 

「私は、Mさんとやっていきたいです」

これは、まさにその人にしかつかないお客さんであり、キャラクタービジネスなのかなと思った瞬間でした。

 

コンサルティングをマスターすれば、メンターを超えることができる。

正解は存在しませんが、私は現時点ではコンサルティングはキャラクタービジネスであると思っています。

あなたなりの軸や観点で、アドバイス、提供を行うことで、あなた自身のスキルもあがり、お客さんのスキルもあがるのです。

 

そして、さらに自分のキャラクター性(自分自身)を開花させることで、お客さんがさらに根強くあなたについてくることになるでしょう。

 

コンサルティング生募集

ただいま受け付けておりません。

コンサルティング生受付開始時期は未定です。

予約に関して問い合わせよりお願いします。

コメントを残す