販売には命をかける

consultant-secret

強力なメッセージ

あなたがコンサルティングを売る立場でいるのならば、強烈なメッセージを伝えなければなりません。

商売繁盛させたり、よりよくさせたいという願いで仕事をしているのならば、相手の「弱いところ」を変えてあげなければなりません。

スキルを上げていくというのは、心の壁、限界の壁をうちやぶっていく行為なので、

へこへこ売ったり、話をしていては、売れるコンサルタントとして成り立たないのです。

 

嫌われるかな・・とか思わなくていい

あなたが、誰かからお金を受け取ることを躊躇しているくらいなら商売をする立場の人間ではないです。

なぜなら、自分の提供、サービスに自分自身が自信を持っていなければ、誰があなたに対して自身持ってお願いする人がいますか?

 

あなたは売れるコンサルタントです。

強いメッセージを相手に伝えてください。

 

手加減していると、キャンセル、着金額は大幅に下がる

私自身の体験談を1つ話します。

 

例えば、お客さんが「支払いに関して月末ならなんとかなりそうです・・」といった際に、

お金を受け取ることにフォーカスしてしまっていたときの自分は契約書を作って、月末支払いの約束をしてその場を後にしていたのです。

すると何が起きたかというと、3件ほどのキャンセル、総額70万円ほどキャンセルされたという経験があります。

 

それをきっかけに、お金を受け取ることではなく、「どれだけお互い熱をこめてできるか?」ということだけに絞って、3日以内、2日以内、1日以内、即断即決と時間を縮めていきました。

すると驚く結果になったのです。

 

高額着金の始まり

そこから単価は、100万円を超えていきました。

もちろん、「即断即決」を迫るクロージングではうまくいきません。

 

この概念については、グループメンバーにしか伝えられないのですが、とにかく

手加減をしたり、目先の小金に釣られているようでは、高額着金は絶対に不可能です。

 

販売とは、お互いのコミットメント

例えば、サービス、提供のレベルが高いところで、堂々とお客さんに高額の請求書を突きつける店があったとします。

 

この店がお金を受け取ることにコミットメントしていてはどうでしょうか?

「たかいじゃないか!」と怒鳴られて、リピーターもどんどん減ってきてしまい、つぶれてしまいます。

 

一方、「サービス、提供」に関してトップクラスのレベルで行い、堂々とトップクラスの金額を請求したとしたら、この店にはファンができます。

「心使いがいいな」

「リラックスというものを理解してくれているな」

「ここにしかない空間だな」

 

売れるコンサルタントになるならば、販売に命をかける

あなたのコンサルティングにより、お互いの商売繁盛を狙うことや、

お互いの成長に本気で向き合う行為だとするならば、手加減をする必要がありません。

 

提供する気持ちがないから本気になれないのかもしれません。

一度、売れるコンサルタントとして、意識を再確認しましょう。

 

アポイントと販売さえできれば・・・という方は、安いのでこれを一度購入してみることをお勧めします。

僕のコンサルティングは高いので、、笑

まったくだめだったのならば、これくらいの金額なので、返金しますし僕まで問い合わせいただければ、アポから販売までのメゾットを無料でお伝えいたします。


悪用厳禁の販売心理学 「ウィニング・エッヂ セールス勝利のための方程式」 オンライン講座

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始