腸内環境を整えることで人生が変わる?腸内環境と進化について 後編

こんばんは

今回は、前回の記事の続きの記事になります。

 

腸内環境を整えることで人生が変わる?腸内環境と進化について 前編http://malya.sakura.ne.jp/create_walks/choshinka1

 

前編では、我々は口で取り込み、腸で吸収、そして血液、脳へと影響を与えて行くことや、免疫システムについて書きました。

 

今回は、腸の位置付けと、具体的な食生活について書いていきます。

 

 

まず、前回のおさらいですが、我々はこの図のように、腸で栄養を体内に取り込んでいます。

それ以外はドーナツのように空洞でできています。食べて排出されるところまでの経路は、体の外ということです。

 

 

腸の位置付けについて

 

我々の人間の体は、数多くの細胞によってできていて、その細胞は、菌によって生かされています。

 

つまり

健康な体=健康な細胞=(悪玉菌<善玉菌)

という公式で表現することができます。

また、図に表すと、このようになります。

 

まずは腸の環境が細胞を決めて血液を決めて、体、脳を形成する。

 

 

腸を人間の核(第2の脳)と呼ばれることもある。

 

反対に、腸の環境が悪いと、このようなイメージ図となる。

 

このように、腸の環境を整えることが、全ての始まりではないか?というくらい腸の環境、食事に関しては大切なことです。

 

腸を拡大すると

 

この図のように、腸から体内に成分が入って行くすぐの場所に免疫器官が存在している。

 

ここがセンサーのようになっていて、抗体をつくり、敵を覚えようとします。

 

このセンサー機能を高めてくれるものとしては、乳酸菌などの善玉菌である。

 

前編でも書いた通り、腸内には数多くのバクテリア(細菌)が存在していて、バクテリアの環境をよくすることで、体の機能が高まります。

 

人生は、お腹の中のバクテリア次第という人もいるそうです。

 

腸内環境を整える食事

全てをスキップしてここだけを見るのもいいですが、前段階も読まないことには必ず3日坊主になるので、深く理解して行くことをオススメします。

 

食物繊維と多糖類です。

 

さらに具体的にいうと、

ごぼう、セロリ、りんご、こんにゃく、わかめ、納豆、ヨーグルト、キムチ、全粒粉パン、ほうれん草、ゴーヤ、さつまいも、きのこ類、トマト

 

他にもあると思いますが、このような食品です。

 

何をするにしても腸内環境

目標を立てて行動するにしても、まずは腸内環境。

受験をしようとしても、まずは腸内環境

 

バクテリアの調教、細胞の育成、そして結果として体や脳機能を高めることにつながるということです。

 

進化には腸内環境への意識は必須と言えるでしょう。

有名ネット起業家にたらいまわしにされている方へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

shokama

事業:ウェブ関連マーケティング・コンサルティング 生い立ち 1987年4月生まれ。 鹿児島県育ち、現在東京都在住 なぜか引っ越し経験が特に豊富です。 鹿児島(霧島市)→熊本1箇所(夜間大学)→(大学編入)→千葉2箇所→(就職)→福岡3箇所→(転勤)→東京1箇所→(脱サラ)→千葉1箇所→東京3箇所目(合計12箇所) 仕事 大学卒業後に大手建設、設計担当 2年後脱サラ インターネット関連の事業を開始